my graduation

無断で更新が空いてしまい失礼しました。
お気づきの方も多いかと思いますが
d0000135_9172027.jpg

私、会社を辞めてしまいました。

上司に言ったのが2ヵ月半前。
そこからの日々はもう無我夢中で、どうやって生きてきたか覚えていません。

2ヶ月、ずっと引き継ぎしながら、毎週土日も仕事の整理をしてきました。
(そして夜は飲み会つづき)

d0000135_9203091.jpg

そんな中で、仕事で関わった部署内外の方々にと気持ちばかりのクッキーを焼いてみたり・・・・・(70人分210枚!アホかと自分でつっこんだ退職2日前。)
d0000135_9221051.jpg


最後の日まで、今までどおりにみんな普通に関わってくれてとても有難かったけれど、だいぶ残った有給休暇も消化せずに終わったので今、いきなりすべてが手から離れて、がく然としています。

あんなに悩んで考えて、上司に言う前は病みすらしたのに(→この時


最終日の「朝まで送別会」の時、日付が変わって、窓の外の空が白んできたのを見て
d0000135_9593184.jpg




私、ここの仕事は好きだったんだ、とか
忙しく仕事をしていることに、実は、精神的に依存していたこととか
暮らしていくのに十分なお金を自分でもらえていることに満足していたこととか
たくさんの人と毎日かかわっていることで充実していたこととか
ずっと、会社が生活の中心にあって、それがなくなったら何も残ってないこととか



そんなことに今更気づいてしまって
会社を出る時や送別会の時は実感なかったのに、
会社に在籍してなくなった8月1日になったとたんに
かなしくてかなしくて、メソメソ泣いています。

d0000135_9341089.jpg

これは、送別会に来ない ある方がお店に届けてくれた
スモーキーピンクと淡い紫のバラぎっしりのブーケ。
リッチで粋な彼らしい・・・姿を現さないところも。



毎日の通勤の途中で見る、建設中のビルがどんどん高さを増していくことや、今まであった店がなくなったりするのを見て、ふだんは、みるみる変わっていく東京を見ていると切ない気持ちになるのに、「変わっていかないものは何一つないんだ」って慰められたりしていた。



ちょっとしばらく休んで、今まで取れなかった「ゆっくり考える時間」を持って、自分は何が好きだったのか、何ができるのか、全部たな卸しをして次の方向を決めたいと思っています。

自分が「出来ること」も「好きなこと」も、やってきた仕事や過ごしてきた日々が作っていくものだから、本来の自分だと思っていた自分から、いつの間にか変わっていたということはたくさんあるからです。
ここの会社に入社する9年前とは、またきっと少し違う自分が出来ているはず。

d0000135_10283069.jpg

(2006年12月から使い始めたキャンパスノートは、8冊目がぴったり7月31日で終わりました)



最後に、仕事を引き継いで下さった方々、送別会や数々の飲み会を開いてくれたり泣いてくれさえしたみんな、本当にありがとうございました。
そして支えてくれた仲間たちや家族にもほんと感謝してます。


それから、今までここを見てて心配してくださってた方も。
このヒトもうこの生活長くないなーとお気づきだったでしょうね・・
ワークライフバランスがうまく取れなかったことが第一の原因です。
これからは、また「毎日のごはんと ときどき大原」のブログに戻ります!
[PR]
by brandaffodil | 2009-08-02 10:03 | 日々のこと


<< 真夏の大原スペシャル1 あみあみ模様パンケーキ >>