炎天下のスーツ

土曜のブランチはサンドウィッチ
d0000135_10572717.jpg

ハムとたまご、キャベツと焼豚、きゅうりだけの。

きゅうりだけのは、「きょうの料理」で有元さんが、おいしく仕上げるポイントはとにかく、塩もみしたきゅうりの水分を絞りきることと言ってました。有元さんのはイギリスのアフタヌーンティーのきゅうりサンド流で、マヨネーズは混ぜてませんでしたが、うちのは、塩もみしたきゅうりにマヨネーズを少し和えます。

マヨネーズがあまり得意でなかった私は、子供の頃、もっとも愛するきゅうりのサンドイッチに、マヨネーズが入らなければもっとおいしいのではないか、と母に提案したら、母は、「入れないとおいしくないと思うよ」といいつつ、マヨネーズを入れないのを作ってくれたんです。それを食べてみたら、やっぱり入れているほうがおいしかったので、へえーと思った記憶があります。

有元さんは手のあとはペーパーで絞り、その後 更にさらしでも絞っていました。サンドイッチはとにかく具の水分がパンに移らないことがおいしさの秘訣だそうです。


さて、カラリと晴れたこの日、ついにアレを見に行きました。
d0000135_1133730.jpg

スーツはスーツでも、このスーツ。就職活動の話ではありませ~ん


続きはこちら↓ ↓ ↓





久々、お台場へ
d0000135_1153350.jpg

夏休みのお台場、そして週末ともくれば・・・この混雑。フジテレビ前
d0000135_1161128.jpg

この混雑は、フジテレビのイベントがらみばかりのためではないようです。
汗をかきかき、公園へ向かう人の列・・
レインボーブリッジを撮っていると、「一人だけ反対方向撮ってるよ」と言われる。
ん?みんなはどっちを?
d0000135_1174398.jpg

あら。

あらあら。
d0000135_119263.jpg

まあ!
d0000135_1193582.jpg

・・ってわざとらしいですね、最初からこれを見に来たんです。
実物大、ってことで話題になってる。

8月いっぱいだというので慌てて、ようやく見に来ました。おお、なかなか迫力ある。
前にゆりかもめに夜乗ったとき、何の気なしに外を見ていたら、森のなかにいきなり光ってる物体がババンと立っててびっくりしたんですが。下から見上げると迫力あります。

d0000135_11121715.jpg

これまでに既に230万人が訪れたといっていますが、大変な人だかりになってます。
日差しは強くてもさらっとしていて日陰に入ればそんなに暑くない日ながら、ここは遮るものが何もなくてすごい暑さでしたが、誰もそんなの厭わないような感じで真剣に見入ったり、写真撮ったり。
首を左右に動かしたり、若干の動きはするようになっていて、そのたびみんな「おお・・・」と嘆息を漏らしていた。

私が撮ると、青空多目で、大きさの対比と混雑を見せようと、わざと人だかりも入れたりして風景として撮っているのですが、夫の写し方には愛があふれていた。(笑)

d0000135_11165696.jpg

とにかく、細部に寄る
d0000135_11173466.jpg

連続してごらんください
d0000135_1120412.jpg

d0000135_1120989.jpg

特にひざの関節に「萌える~」といってました・・  何フェチ!?
d0000135_11212572.jpg

接続部分の周りとか、ところどころに「CAUTION!」とかリアルなステッカーが貼ってあって面白い
d0000135_11222941.jpg

白い部分も一色だと安っぽくなるから、同じ白でも3色くらい使いわけているそうです
d0000135_11232963.jpg

「これにアムロが乗ったのかあ~」などとつぶやいている

そして、みんながどよめいた!
d0000135_1124461.jpg


最後に、首を上に上げたら、「おお~!」と歓声上がってみんな拍手してました。
d0000135_11252129.jpg


すごいよなあ・・・ここに来てる人たちのほとんどは、20年以上前とかにテレビ見てた人たちだろうに、ここまで集まって、これだけ感動できるって。
そんな世界をもともとは一人の人が作ったっていうことにも感動する。

ちなみに、股下を通って足に触わることもできます。
炎天下に並びました・・
[PR]
by brandaffodil | 2009-08-16 11:27 | 東京 - My Home Town


<< 火を使わず4品 my pretty world >>