a Perfect Crime

どん。2連発UP。
d0000135_9154385.jpg

有閑マダム、ホテルでアフタヌーンティーをしてきました。
ハイ、チョコプレートにシグネチャーが入ってます、シャングリ・ラ ホテル東京です。
(あ、写真撮影は許可を得ました)

前の前の会社の先輩と。 ※わたくし過去2回転職しております

28Fの窓際席から東京を一望しながら3段のティースタンドを、片っぱしからやっつける(笑
d0000135_845899.jpg

これ二人分。意外とボリュームない感じ。あれっ楽勝かなと思いました。

一番上がスコーン3種、2段目にサンドウィッチ、一番下にデザート系スイーツ。

たぶん食べ方まちがってるのですが、2段目のサンドウィッチ系を先に全部食べてしまった。
二人ともお昼を食べずに来たので。
d0000135_8475658.jpg

サーモンとキャベツのサンドウィッチがおいしかった!
アフタヌーンティーのサンドウィッチでは一部、胚芽パンも使うのがメジャーみたいですね。
キッシュと、カレー風味のロールサンドと。

さて、甘いものだけがあとに残った。
ちょっとからいものも残しておけばよかったと気づいたが時すでに遅し。
d0000135_8504631.jpg

本物のスコーン。

これが、きめ細やかで上品で、甘すぎず、一つ一つがほんとうにおいしかった。
「3つ連続食べ」しても飽きない。パイナップル入りが特にGoo。
私、自分の作ったものをスコーンなどと呼んでごめんなさい、間違えました、という感じ。

d0000135_8541282.jpg

スコーンに合わせる4種のスプレッド。

・はちみつ
・クロテッドクリーム
・カスタード
・イチゴジャム

このクロテッドクリームが、飽きない鍵かも。
バターほど強くはない塩気が少しあり、コクがありながらも意外とあっさりしてる。
ちゃんと意味があるんだなあと思いました。



第三のお皿は、夏限定の季節のお菓子。
d0000135_8555582.jpg

ミントのマカロン(私はミント味のものにヨワイ!) 3種のベリー入り
ホワイトチョコの器に入ったピーチジュレ(ホワイトチョコにヨワイ!)
フレッシュラズベリーのエクレア
シグネチャープレートの乗ったふわふわマドレーヌ

一つ一つが、びっくりするくらいちゃんとおいしかったです。いい仕事してますね。(なぜ上から)
なので甘いものだけが続いても、ぜんぜんオッケーでした。


d0000135_8593956.jpg

紅茶も、カップに残りが少なくなると、注ぎに来てくれます。
おいしい紅茶も、おかわりは限定種類の中から選べば料金内でOK。
3段のティースタンドを食べ終わった後、お茶請けとして小さな2段プレート(ミニガレットとチョコ掛けオレンジピール)も出てきた!



ひっさしぶりに、下駄履きでない高級ホテルに足を踏み入れましたが、どこで接するホテルスタッフもほんとうにホスピタリティにあふれていた。で、決して気取ってないんです。お手洗いに案内してくれながらちょっとした話をしてくれたり、最初待ち合わせでロビーで待っていたら冷たいレモングラスのお茶を出してくれたり。

たぶん、こういう対応って、もちろんマニュアルもあるのでしょうが、「心」の部分を教育していないと徹底されないはず。その点、今って、外資系高級ホテルの方がレベルが高い印象があります。


やっぱり、たまに、こういう場所に来て、一流のサービスを見る、ということも貴重な体験だと思いました。







この日は、前の会社(あ、違う、もう「前の前の会社」になったのだ!)の先輩と。
先輩は双子ちゃんのママで今でも同じ会社でフルタイムで働いているので、私もこれまで忙しかったし、結局は1年に1、2回しか会えてない。

でも、4年間ずっと机を並べて一緒に同じ仕事をしていたのに、考え方や仕事の仕方が「合わない」と思った記憶が一度もないほど相性が良かったので、今でも、忘れた頃にお互いに「そろそろ会う頃じゃない?」と声を掛けて、こうやって会ったりする。(やっぱりユルイ、友人関係)

先輩の会社は、みんな二人以上子供を産んでも復帰してフルタイムで働いている。
私などは、一人暮らし時代から「家と仕事の両立がむずかしい」などと言っているので、神業としか思えない。
で、みんな身ぎれいにしていておしゃれもしてるし。ケイト・スペードのバッグも新しいのだったし。(笑

すごいなあ・・


先輩は、非日常が味わえるこういうホテルに来るのが好きだそうで、このシャングリラのアフタヌーンティーにはすごく来たかったらしい。
平日の昼間に簡単に誘える人はいないし、こうなったら一人で行くか、とまで思いつめていたと(笑)。
7月に先輩からメールが来たので、「私、会社辞めんのー」と返事したら、二言目に、「シャングリラのアフタヌーンティー行かない?私、午後半休取るから!」とおかしな食いつきよう。(笑

あ、でもちゃんと、「仕事お疲れさまでした」とデメルのお菓子もくれた。お気遣いありがとう。


こうやって、彼女は自分の息抜きもごくたまーに上手に入れつつ、毎日を乗り切っているのだろうな。


満足できたようでよかったです! おかげで私も、とても良い時間が過ごせました。
[PR]
by brandaffodil | 2009-08-21 09:13 | そとごはん


<< 暑い日の、mixかるちゃー 成功事例 >>