お好み焼き、アーモンドケーキ、フルーツヨーグルト

リクエストいただいた3品の作り方をご紹介します。

d0000135_821435.jpg<お好み焼き>
京都の方に教えてもらった、「絶対おいしい分量」です

リクエスト頂いてからだいぶ遅くなってすみません!


生地 :   ※混ぜ合わせて、冷蔵庫に2時間ほど保存すると馴染みます
 
       小麦粉  200g
          水  280cc
         山芋  大さじ1
ベーキングパウダー 少々
  かつおだしの素  少々
          塩  少々   ※少々は、それぞれ小さじ半分くらい

一人前の量 : 
          生地  90g 
        キャベツ 100g
           卵   1個 ※5mmくらいの賽の目に細かく切る
        豚バラ    1枚  

焼く :  教えて頂いたのは、ホットプレートでの焼き方です。
       
     ①ホットプレートを200℃に熱して、生地を載せて フタをして2分間焼く
     ②裏返して、またフタをしてまた2分焼く
     ③フタを取って3分 裏返して1分焼く

焼いている間は、上から押さえたり触ったりしてはだめ、とのことです。
私はフライパンで焼いているからかもしれませんが、焼き時間がこの通りだと、少し長いかなと思います。焼き加減はお好みで調整してください。(っていきなり最後に突き放してすいません。。。でも大先輩主婦の皆様にはそこは問題ないかと)


d0000135_8152630.jpg<アーモンドケーキ>
学研ヒットムック「わっ、かんたん!人気の100円ケーキ」P35を参考にしています。
この本は、材料費が掛からず安くできるお菓子が満載。おつまみレシピでブレイク中の瀬尾さんも製作に参加しています。


18×6×7cmのパウンド型1個分

     卵白     2個分
       塩     少々
      砂糖    70g
アーモンドプードル 40g ※スライスアーモンドをフードプロセッサーで粉状にしても可 
     薄力粉    50g
   溶かしバター  35g 
     サラダ油    5g
飾り用のアーモンドスライス 適量


☆下準備をする。
  型にバターを塗り、使うまで冷蔵庫に入れておく。または、クッキングシートを型に合わせて切り、敷く。オーブンを170℃に温める。
☆生地を作る
  ①ボウルに卵白を入れ、あわ立てる。
   途中で塩と砂糖を加えながら泡立てて、つやのあるしっかりしたメレンゲを作る。
  ②薄力粉、アーモンドプードルを合わせて振るい入れて、ゴムべらでさっと混ぜる。
  ③溶かしバター、サラダ油を加えて、全体をよく混ぜ合わせる。(練らずに、切るように)
☆型に入れる
  生地を型に流しいれ、表面を平らにならしたら、飾り用のアーモンドスライスを載せる
  飾りは、必ずしもアーモンドスライスでなくてもよいし、飾り方はお好みで!
☆焼く
  170℃のオーブンで25~30分。
  ふくれていた生地が少し沈み、型から離れるくらいまで焼く
  粗熱がとれたら型からはずし、冷ます


別のお菓子や料理で卵黄を使ってしまった時に、あまった卵白を使えるケーキです。
パウンドのようにずっしりとボリュームのあるお菓子ではありませんが、上品な感じで、アーモンドの香りが良い、女性好みのお菓子かもしれません。お薦めです!!


d0000135_8382162.jpg<フルーツヨーグルト>

先日、母が作って持って来てくれた大原の定番おやつです。




      牛乳  120cc
      砂糖  80g  ※グラニュー糖がいいです
    ゼラチン  5g入りを2袋 大さじ2くらいの水で溶いておく
  生クリーム  200cc
プレーンヨーグルト 500g 
お好みのフルーツ 缶詰のものの方が持ちがよいです。
            生は悪くなりやすいので早く食べきってください
            大原では、みかん・パイナップルの缶詰と、生のキウイを使います

  ①牛乳を弱火で温める。※沸騰させない
  ②砂糖を入れ、よく溶かす
  ③火から下ろし、ゼラチンを入れてよく溶かす
  ④生クリームとプレーンヨーグルトを加えて混ぜ、フルーツもまんべんなく入れる
    この時、上に飾るフルーツを少し除けておいてください
  ⑤冷蔵庫に入れて1時間くらいして多少固まってから、飾り用のフルーツを上に並べる


生クリームでかなりコクがあり、ダイエット感覚のヨーグルトではなく、カロリーはあるかも?でも夏のおもてなしにも喜ばれる、ちょっとおしゃれなヨーグルトデザートです。  


よくわからないところがあったり、他にも作り方を知りたいものがあったら遠慮なくどうぞ!
また、作ってみてあまりおいしくなかったとか、ここはこうした方が・・とかお気づきの点があったらぜひ教えてくださいね。
[PR]
by brandaffodil | 2009-10-23 08:47 | 家ごはん


<< かぶ、大根、里芋のシアワセ 秋は深まる >>