かぶ、大根、里芋のシアワセ

おすし屋さんに行ったら、ぜったい頼むもの。
それは・・・梅しその手巻き。
特に、おいしいお鮨屋さんのカウンターで手渡されて食べる手巻きは最高!と思う。
d0000135_9245568.jpg

しそがなかったので梅ときゅうりで、お昼に梅きゅう巻きを。
しかしご飯が多くて、、、太巻になってしまった。
大原のかぶをお味噌汁に。
かぶは春のも好きなんですけど、寒くなってくるこの時期のもやっぱり甘くておいしい。

・・・で、夜。
d0000135_9282854.jpg

えっまさかまた!
d0000135_9285573.jpg

・・ありえるんだなまたこれが。
また蒸ししゃぶ。白菜とか豚バラしゃぶしゃぶ肉とか、一通りのものがまだあったから。
この日は、辛くない新生姜を細く刻んだものをちらして。

そうそう、前回は、大根がなくてできなかったんですけど、蒸ししゃぶにはこれが絶対合う!!
d0000135_9302617.jpg

大根おろしに黄身を混ぜた、黄身おろし。これとぽん酢をからめて食べる。
もうほんとこれ最高。いくらでも食べられちゃいますよ。
大根おろしがまろやかになって、ぽん酢の酸味とで、もう、もうワタシ・・困っちゃう!

d0000135_933163.jpg
締めは、、、

蒸ししゃぶなので、食べ終わったあとの鍋にはそんなに水分は残らないんですけども、だしを追加して、無理やり雑炊に。

少しだけ新生姜の香りも残っていて、あったまる。



d0000135_9362213.jpg

大好物、小芋の衣かつぎ。

小芋を茹でただけのもので、皮は手でつるっと剥けるので、食卓で剥いてそのまま食べる。
料理屋さんなんかでは、おしゃれに下半分の皮が剥いてあってごま塩が乗ってることも多いですね。塩で食べるのがメジャーですが、私は醤油をつけて食べるのが好きです。


枝豆も、茶豆とか寒い地方の品種は今もまだけっこうおいしいですね。これは大原の地元の直売所で買ってくれたものみたいですが、まだまだ全然イケます。


秋から冬へだんだんと移ろっていくこの季節。
折々に、おいしい食材があるものだなあと思います。
[PR]
by brandaffodil | 2009-10-23 09:44 | 家ごはん


<< 愛のポトフと愛のコメント お好み焼き、アーモンドケーキ、... >>