初ぶり大根

d0000135_721661.jpg

ぶり大根。ぶりは切り身を使うと下処理もなくラクですね。食べやすいし。
アラの方が味は出るんだろうけど。
「京味」の西健一郎氏の「日本のおかず」に従ってこういうものを作ると、余計な手順が
ないので、シンプルでおいしいものが出来る。感謝。(西氏のはアラも使います)

ただやっぱり、煮物にはどうしてもある程度の時間とココロの余裕が要りますね。
なんということはない、と思うようになったのは最近だなあ。
以前は、時間がない中でやろうとすると、かえってイライラが募るばかりだった。
無理はしないでその時その時できることをすれば十分なんだよね、と今は思う。


小松菜の炒め物
d0000135_7221831.jpg

炒め物って、ちょっとオイスターソース入れるとぐっとおいしくなりますよねー
炒め始めに鶏がらスープの素少々、味付けは酒・オイスターソース・豆板醤、塩コショウで調整、最後にごま油ひとたらし。それだけでなんとなく中華風になるから不思議です。ご飯に合う。

きゅうりともやしのピリ辛
d0000135_7243079.jpg

きゅうり1本、さっと茹でたもやし(半袋)に対し、
ぽん酢 大さじ2、すり胡麻 大さじ1、ラー油 小さじ1。

水が出るとおいしくないので、調味料は合わせておいて、食べる直前に混ぜる。


先日いただいた沖縄土産の「島とうがらし」使ってみました。ほんのり香りもあって、いい感じ!


2日連続、お昼にサッポロ一番を。みそ、しょうゆの順で。
d0000135_729981.jpg

みその方、ひっさしぶりに食べたー
あんまり「味噌~!」って感じじゃないけど、これはこれで。


けやきも紅葉してきました。
d0000135_730986.jpg

けやき、桜、柿、、、緑→黄色→赤と三色に紅葉する木が好きです。
三色が同時に見られる時、印象画の点描のようで 見とれてしまう。

今年あったかいのに、なんとなく例年より紅葉が早い気がするんですけど、どうでしょう。
着実に、季節は移ろっていくのですね。



・・・・・・・・・読了メモ・・・・・・・・・・・・・

「自分の世界」をしっかり持ちなさい!―「強い自分」に脱皮するために (East Press Business)

渡部 昇一 / イーストプレス


最近読んだ中で、これが非常に面白かった。
自己啓発系に聞こえる軽いタイトルに比べ、内容はかなり哲学的で、古代~現代までの思想史も各所に織り込まれ、意外と難解。少々時間は掛かりますが、読み応えがある一冊です。

特に今の世の中、外の世界(社会)は常に変わっていくので、外の基準は自分自身の物差しには出来ない。自分の中に確固たる物差しを持って、自己実現していくことが生き甲斐につながる、というような内容です。若い方にもお薦めです。
[PR]
by brandaffodil | 2009-11-11 07:36 | 家ごはん


<< むりやり晩秋カレー コトレッタ・・・ >>