黄金煮、ごま炊き、みそ焼き

クノールのコーンスープで朝ごはん。
d0000135_0102476.jpg

バターについてよく聞かれるのですが、うちはいつも雪印のバターを買って来てすぐにこの大きさに切ってタッパーに入れて保存しています。料理に使う時もラクだし、冷蔵庫に入れててカチコチでも、この薄さならトーストに載せればすぐに柔らかくなるので便利なんです。

なつかしいような、そうでもないような、東京の風景。
d0000135_012851.jpg

紅葉も終盤かな。
d0000135_0122343.jpg


お味噌汁は、好きな具の組み合わせの一つ、さつまいもとキャベツ。
d0000135_0124983.jpg

夫は甘いもの星人のくせに、甘い料理を嫌う。特にみその甘辛系を。
なのに甘い具の味噌汁は喜ぶ。(玉ねぎ、かぼちゃ、さつまいも、キャベツ)
基準がわからん。

そして、料理が出来て運んでいる忙しい時に必ず、おやつやおもちゃや今要らないようなものとか、夫用の量の多いほうのお皿を私の席に置く。何のボケだか知らんが、毎回どかすのも面倒。

これは会社の方からいただいて来た中国出張土産のライチチョコ。Sアニキ~、おいしく頂きましたよ(半分こしました)

鯛とごぼうの黄金煮。NHKきょうの料理で10月にやってたの。
d0000135_0164491.jpg

早い話、柳川鍋の鯛バージョン。ただの卵とじなんですが、この季節だけは色合いにちなんで黄金煮というんだそうで。ごぼうと鯛もよく合います。柳川鍋とまた一味違ってあっさりとおいしい。(青物は水菜を使うんですが、なかったので小松菜で)
TVで見て、おいしそうと思いつつ、鯛を入手できたらお刺身で食べちゃうからやる機会ないだろうな~と思ってたんですけど、しゃぶしゃぶ用でお徳用パックになってる鯛を見つけたので!

大根の辛い部分をごまでまろやかに。ちょっと残ってた牛こま肉も加えて、ごま炊き。
d0000135_0193211.jpg

辛い部分・・といいながら結局、大根半分使って、食べ切ってしまった・・!


これは別の日ですが・・・
秋鮭のホイル焼き、ちょっとだけ除けておいたまつやの「とり野菜みそ」で味付けしてみた!
d0000135_085133.jpg

想像通り、よく合いました。とり野菜みそと秋鮭。


・・・・・・・・・・・・

<文字だけ”人生ごはん” Vol.2>

パリ一人旅。うんと若い頃の話。
郊外のクリニャンクールというところに、大きな蚤の市がある。
張り切って朝早くに宿を出て行ってみた。地下鉄を終点で降りてその町へ出ると、パリ中心部とは何となく雰囲気の違う、うらぶれた雰囲気だった。開いている店はまばらで、営業時間外のアメ横のような感じ。そう、早朝に来たのは、「蚤の市」を「朝市」と間違えていたのだった。
閑散としていてどことなく怖い雰囲気の中、広大な蚤の市の周りをぐるっと一回りしている間に、ようやく店がぱらぱらと開き始めた。
不思議なものを売っている店が多い。電話の受話器だけとか、ボールペンのキャップとか、やかんのふたとか。
そんな中にも、ヨーロッパの蚤の市のイメージそのままの、豪奢なアンティークの骨董屋さんや家具屋さんももちろんあり、恐る恐る覗いてみると、なんだかアンデルセンの童話の中に引きずり込まれていくような、タイムスリップしたような気分になる。
うなぎの寝床のように細長い古本屋さんで「世界のメニュー」という図鑑のような一冊だけを買った。

「なるほどなるほど」と満足して、蚤の市の隅っこにあるクレープスタンドで、砂糖だけのクレープをオーダー。「シュクレ(砂糖)」という。具がないからバターの香りだけがする。
おじさんは、子供にするようにニコニコとクレープを私に手渡した。マドモアゼル、とまだ呼んでもらえた頃のこと。世界の、見てみたいところの一つを制覇した甘美の味だった。
[PR]
by brandaffodil | 2009-11-26 00:21 | 家ごはん


<< スパゲッティグラタン ある朝昼 >>