くだらないが、癒される

久しぶりに気持ちよく晴れた土曜日。
行ってみたかったカフェへ
d0000135_18471353.jpg

ミニクーパーのショールームの2階にあって、広い窓からたくさん光が入って明るい。

お味は・・・ファミレス的な感じだけど、店内が明るくて居心地が良いのはそれ以上に大事。

テーブルの感じとか、セルフサービスのカウンターにちょこっと置かれた焼き菓子なんかもいい雰囲気で、全体的にムードが統一されていておしゃれ。




お店の中に掛かっているスクリーンに映し出されていた番組を何気なく見ていると

夫が「あっ!これ、イギリスの、車の人気番組だ!」

と、うれしそうに言った。

d0000135_18474556.jpg

いろいろな車に試乗して批評をしたりする番組らしいのだが、その中に面白いコーナーがあって、番組の司会者がわざわざ日本にやってきて、大阪からスタートして東京まで、新幹線で行くのとGTRを走らせていくのとどっちが早く着くか、などという、大変どうでもいいが超おもしろい企画をやったりするのだという。

そんなことを聞かされて、食後にコーヒーをゆっくり飲んでいるうちに、本当に、そのコーナーが映し出された。

なんと、能登半島をスタートして、ゴールは、千葉房総・鋸山の観音様前。
電車乗り継ぎチーム VS 司会者が乗るGTR。


電車チームはまず三浦半島の久里浜を目指し、久里浜からフェリーで金谷へ渡る計画なのだが、品川で久里浜行きの京急に乗ったところ、一人がちょっと車両を移った間に連結が切り離されてもう一人と違う方向に電車が進んでしまいはぐれてしまったり、GTRに乗る司会者は途中でナビを消してしまい、日本語のナビを再設定することができなくなったり、追い込みで「闘魂」と書かれたハチマキを巻いてみるが漢字が読めないのでさかさまに巻いてたり、これがもう、かなり面白いのだ。

GTRが、途中、ふだん見ているこの風景をバックに走っていたのもうれしかった。
d0000135_18465680.jpg

レインボーブリッジやアクアラインを通り抜ける車を空撮している場面など、外国の番組の中で見ると、まるで東京も外国の都市のように見えて新鮮だった。


超真剣になっているイギリス人3人に抱腹絶倒し、観音様前で2組が僅差で顔を合わせるのを見届けてから店を出た。まだ日が高くて、うれしかった。



カフェでだらだらテレビ見て笑う・・・ってアクティブな休日の過ごし方ではないけれど、超のんびりな私たち(世間的にはただのグズ)には、こういうひと時に、一息つける気がする。
[PR]
by brandaffodil | 2010-10-23 15:50 | 週末ごはん&ブランチ


<< 冷たい朝とあっさりコーヒー まずはポタージュで >>