やや不自然やろ

アントワネット的「パンがないなら・・」の発想。ホットケーキ。
d0000135_043817.jpg

パンがぜんぶ売り切れていた時も、ホットケーキミックスやパンの小麦粉は売っていた。森永のケーキシロップも、それだけが棚にいくつか残ってて。
この後、卵と牛乳も一時的に消えたので、この次に作った時は卵・牛乳なしで、食事パン風に焼いてみたり。

パンを数日や一週間くらい食べなくても困らないのに、ないとなると食べたいような気分になってしまうのは愚かなものだなあと思う。


・・・・・・・・・・・・・

部屋に飾る、ちょっとした軽い絵をいくつか描こうと思っていて、いろんなタイプのを下書きしている。
d0000135_085080.jpg

何が書いてあるのかはわからないのだが(自分で描いたんだけど)、フランスの作家・ルナールの格言らしい。

旅に出ると、行った先のご当地のエスプリが利いたポストカードを買ってくるのが一つの楽しみになっていて、パリで買ってきたものの中に、格言シリーズがあった。その一つから引用したのだ。
d0000135_0112312.jpg



一応、どんな意味なのか調べてみる。
Infoseekの無料自動翻訳ツールにアクセスしてみたところ、「仏 → 日」のボタンの下に、「関西弁」というチェックボックスがある。面白そうなのでチェックを入れてから「翻訳」ボタンをクリック。


訳: 人が幸せの家を建設するねんならば、
   最大の部分はそれを待つ部屋であるやろ。


・・・関西弁ネイティブじゃない私にもわかる不自然さ。

しかも格言の意味が余計わかりにくい。

チェックボックスをわざわざ作るほど事務的な需要があるとは思えないのだが、ちょっと和んだので、やっぱり意義はあるのかもしれない。
[PR]
by brandaffodil | 2011-03-23 00:20 | 日々のこと


<< こんな時に 蒸しうどん >>