ちゃんこNight

今日は念願のちゃんこ屋さんへ。
d0000135_23273626.jpg

やはり元力士の、いかにも人の良さそうなお兄さんがやっている
「地鶏とちゃんこ 力士料理 悠(ゆう)」というお店です。

もうかれこれ10年近い付き合いになる前の会社で一緒だった友達と、そしていまや
人事部長におなりになられた方も来てくださいました~。なつかし!実に5年ぶりです。
ここはその方の行きつけのお店で、鶏がすご~くおいしいと、友達も絶賛のお店。

しかし、私は鶏がダメ。

とはいえ、鶏の味が嫌いなわけではなく、鳥類を愛する心からある日突然受け付けなく
なっただけなので、「これは鶏じゃない」と思えば、鶏さしで始まる鶏フルコースさえも
完食できる離れワザを携えているのでノープロブレム。

お通しの柔らか煮は、甘くとろ~んととろけるような柔らかさ。
パサパサ感はまったくなく、骨離れのいいふっくらとした身、その周りを覆う皮さえも
臭みも脂っこさもなく、つるんと口の中で溶けてしまいました。

「おいしい・・・これは金目鯛だわ。みんな。金目鯛だと言って!!」

「金目鯛だ!」「金目鯛、金目鯛!」

などと言いつつ食べ進めるのでした。

d0000135_23562896.jpgそして、やはり鶏があんまり好きでない友達が「絶品」というから揚げ。
これまたパサつきがないので、ガンガンいけるわけです。
衣の味付けも絶妙で、レモンのさわやかさもあり、癖がまったくありません。


d0000135_23591868.jpgそして、コラーゲンたっぷりの
”とんこつ”。
一緒に煮てあるこんにゃく、
ごぼう、大根もすべて、
とろんとろんのホックホク。


さて、お目当てのちゃんこです。だしはいくつかの中で選べて、味噌ベースに。
d0000135_016986.jpg具は、鶏だんご、タラ、豚肉、揚げ、白菜、タマネギ、えのき、ニラなどなど。
お味噌で体が芯からあったまります。
          K人事部長のお腹が・・・!↓
d0000135_0144530.jpg

最後の締めはうどん。
いろんな具材から出ただしをたっぷり含んだスープがうどんに沁み込んで
溶き卵と鮮やかな青ネギが彩ったら食べ頃。
深い。
最後の一滴まで、おいしく温かいお食事でございました。
[PR]
by brandaffodil | 2006-02-17 00:16 | そとごはん


<< 春を探しに 鍋炊きカレーピラフ >>