続・春の大原スペシャル

春はやっぱり筍!

家からすぐ近くの大多喜町に、道の駅「竹ゆらの里」というところがあります。
大多喜は十万石の城下町で、全国に名だたるおいしい筍の名産地です。
ここで買ってきた筍で、若竹煮。庭からとってきた木の芽を飾って。
d0000135_18265184.jpg

う~ん、美味。
朝晩などまだ肌寒い今日この頃ですが、食卓は春まっさかり。
豊かな四季のある国に生まれてよかったと思う瞬間です。

メインはヒレカツとエビフライ。
d0000135_18325810.jpg

さっくり揚がったカツに、ケチャップ+ソース+マスタードの合わせソースが合います。

締めは、山菜おこわと、ナスとミョウガとかき卵のお吸い物。
近所の人にもらったおいしいもち米で炊いたおこわは最高でした。
干し貝柱で取っただしが、旨みになっています。
d0000135_1835160.jpg

母の料理は、純和風のものから洋風、エスニックまでバラエティに富んでいるところが
いいなあと思います。
テレビや新聞で見ておいしそうだと思ったものをすぐに作ってみる探究心。
そして、素材を生かして調理しすぎず、味は常にあっさりめ。
ちょっとした手間をいとわないのです。
おいしい料理は、愛情なくして作れないものだと実感(反省?)します。

私も、おいしいものをたくさん作れるようになりたいです。
[PR]
by brandaffodil | 2006-04-09 18:40 | 大原LIFE


<< 魚介のトマトソース スパゲッティ 春の大原スペシャル~ >>