貧乏ご飯

d0000135_22594514.jpg
こんばんは。

今日は夕方から風が強くなり、雨が降り始めました。
ほんとに今年は、からっと晴れる日の少ない春です。


いよいよ残り少ない食材で、夕飯です。





d0000135_231479.jpg

・さやえんどうの卵とじ(卵が1個しかなかったので とじられてない・・)
・大根の皮と葉のきんぴら
・干し大根の黒酢漬け
・わかめときゅうりの酢の物
・玉ねぎとじゃがいものお味噌汁
・土鍋ごはん

d0000135_2324596.jpg干し大根の身は漬物にして、皮は葉と一緒にきんぴらに。

貧乏くさい感じですが、これ、れっきとした「天然生活」2月号に出ていたレシピ。
干し大根特集だったんです。
黒酢漬けもそこに出てました。


d0000135_2341451.jpg真ん中にある不可思議なものは、、

全体に見てあまりにも「油がない!」と思ったので、冷蔵庫に2個残っていた6Pチーズをベーコンで巻いてオーブンで焼いたものです。

まあ、おいしかったけど、かなり どうでもいい感じのおかずです。

・・・

最近、土鍋でハズレなくご飯をおいしく炊けるようになりました。
前は、毎回吹きこぼして、ネバネバでガスレンジを詰まらせたり大騒ぎしていたのですが。

なぜかというと、最近、初めて説明書を読んだからです。

実はこの土鍋、ご飯炊き用に出来ている二重蓋付きのもので、火加減一切不要、という
どうやってもおいしく炊ける土鍋なんです。

飯盒炊爨よろしく、「はじめチョロチョロ中ぱっぱ・・」とかいいながら毎回失敗していたのが
バカみたい。

お米を3合にお水を鍋の内側の線まで入れて、ただ中火に掛けて、15分くらいすると
勢いよく蒸気が出始めるので、出始めて3分したら火を止め、10分蒸らすだけ。
吹きこぼすことも無く、ツヤツヤにふっくら、炊けるのです。

ご飯がおいしいって、幸せ。それだけで満足です。

・・・

今日のお昼は、持参のパン持込で社員食堂に行き、サラダバーを付けました。
サラダバーには、出来合いのドレッシング以外に、いくつか調味料が置いてあって
好きなように使っていいので、私はいつもオリーブオイル、バルサミコ酢かレモン、塩コショウで味付けをするのですが、バルサミコ酢をたっぷり掛けて、その後オリーブオイルを
かけようとしたら、それはオイルではなく普通の酢でした。
オイルのようにどろっとしていないのでドバっと大量に掛かってしまい、ダブル酢漬けに
なってしまいました。サラダではなく酢の物に・・・

食べ終わった後、喉がちょっとヒリヒリしました。
なのに夕飯も酢の物で、もうしばらく酢の顔を見たくない感じです。


さて明日は残りの食材で何が作れるでしょうか・・・


では、また明日。
[PR]
by brandaffodil | 2006-05-23 23:13 | 家ごはん


<< 鍋炊きカレーピラフ 再び おかしなおかず >>