シェラトン・グランデのビッフェ

こんにちは。
レジャーや遠出の予定もない三連休 中日。

今日行った気分で、少し前の休日の話を。

先日、舞浜のシェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテルへ行ってきました。
d0000135_12364699.jpg

東京ディズニーランド オフィシャルホテルの中では比較的落ち着いた雰囲気。
ここで挙げる結婚式は全国的に人気があるそうです。

d0000135_1241137.jpg
チャペルは左の画像の重厚な落ち着いた感じのと、一面ガラス張りで中から海が一望できるのと二つあり、お庭もきれい。
6月の終わりのこの日も、ジューンブライドのカップルが大勢の祝福を受けていました。

ライスシャワーならぬシャボン玉シャワーで、夢の国のような風景。


d0000135_12454794.jpg
お庭には、ジョージアン調のテラスハウスも立っていて、ここでもバンケットが行われる模様。
なんだかイギリスの結婚式みたいで、参列者は楽しみですね。

私も、秋口にここでの結婚式に参列するのです・・・楽しみ!!


で、、、人生はごはん、なわたくしは、お庭をざっと見るとすかさず中へ移動。
予約していたビュッフェ・レストランへランチをとりに。
d0000135_12485886.jpg

見るからに楽しそうでしょ??
ディズニーランドのレストランみたい。
ゲストはほとんどディズニーランドへ行く人か結婚式関係の宿泊客だと思うんですが、夢の国はもうここから始まっているって感じ。
ショッピングモールがあって、その中にディズニーショップもあるし、全体的にリゾート系、レジャー気分満載。

ビュッフェは、和洋取り揃えで各年代層に対応できるようなお料理のラインナップ。
「和」は少ないですけど、お魚の煮物とか鍋風もあって、こういうビュッフェにしては結構おいしかった。
ディズニーランドの精神をここも徹底していて、お子様にやさしい。
ドリンクバーにはお子様が自分で取れるように小さな台が置いてある。
メニューも、子供が喜ぶようなものがいっぱい。
必ず、かわいい取り分け皿や小さなフォーク・スプーンも横に置いてある。
あんまりかわいいので、使ってみたりする。(←オトナ禁止って書いてなかったもーん)

で、充実は、当然スイーツです。
これは、子供でなくても思わず顔がほころんでしまう。
上の画像はスイーツバーの辺りです。
スイーツに割り当てているスペースがすごく広い!この周り全部です。
d0000135_132591.jpg

おいしかったのは、ポンデケージョみたいなもちもち食感の洋風まんじゅうみたいな中にとろりとしたクリームが入っているもの。チョコとカスタードの二つがありました。(一番左下)
チュロス、きれいな色のマシュマロやドーナツやケーキ各種、焼きたてクッキー。
チョコもいろんな種類のがありました。

d0000135_1334789.jpgジェラートも常時6種類。

これはメロンと苺、だったかな。

トッピングはいろいろあったのに、何故か・・・ジェリービーンズ。
懐かしくて、かわいい色をたくさん添えたくなった!


そんな感じの、ひと時の夢の国体験。
今度は結婚式で訪れる日を楽しみに帰途へつきました。


カテゴリ引越ししました。
↓今後も応援よろしくお願いします。
人気blogランキングへ





私のシュミの一つに、お絵かきがあります。


これは、私が自分の結婚式のために描いたもの。

右が受付に置くウェルカムボード、
左は、私は裁縫が出来ないので、よく花嫁さんが作ったりする、
お色直しの時に不在になる高砂に新郎新婦の代わりに置いておく
カップルのテディーベアみたいな感じで、この絵を席に置いておきました。
「ちょっとお待ちください」ってことで。

d0000135_13271745.jpg


会場は最初に行った所にその場で予約、
ドレスは一着だけ試着してそれに即決、
打ち合わせは滞りなく3回で終了。

そういうところに一切時間を掛けず、それで空いた時間で
ゲストの席札をカリグラフィーで書いたり(各人へのメッセージ付き)、
当日弾くエレクトーンの練習をしたり、こんな絵を描いたり、
自分の結婚でも趣味に没頭していた私。

当日、エレクトーンを弾いている時は最高に気持ちよくて、完全に自分の世界に入り一言、
すっげー気持ちいい!って北島コースケくんか。


で、このホテルで行われる秋口の結婚式のために、
新郎の許しを得て、またウェルカムボードを描かせてもらうのです。
嬉しい!

自分の時のはちょっとマンガ風なので、こういうのじゃなくて、
もっとおしゃれでエレガントな大作を作るつもり!
こういう面からも参加できるのって嬉しい。

そろそろ取り掛かろうと思います!

※自分の時のは、1枚1日でテキトーに描いた
[PR]
by brandaffodil | 2006-07-16 13:06 | そとごはん


<< うな丼と ナス・いんげんの味噌炒め 気合のトマトソース! >>