かぼちゃの煮物、なすといんげんの味噌炒め

今日の夕飯。
d0000135_2333841.jpg

今日は、「旦那さん好きそうじゃない?」と友達が
「X-MENファイナルデシジョン」の試写会チケットが2枚余分にある、と
声を掛けてくれていた日ですが、やはりダンナさんは早く帰れず・・・

いつもどおり、先に一人ご飯。

坊ちゃんかぼちゃの煮物、なすといんげんの味噌炒め、ご飯。
かぼちゃは甘くてほくほくで、茹でたてのおいしい栗を食べているような感じだった。





d0000135_2362932.jpg

土鍋で炊くご飯、最近はハズレなくおいしく炊けるようになりました。
ご飯がおいしいと、おかずなんていらないくらい。(←おかずが少ない言い訳)

d0000135_2394311.jpgさすがにこれだけでは
あんまりなので
(って毎晩言ってるけど)
ダンナさんにはもう一品。

豚しゃぶ。


私自身は、今日は(も)早く帰ってきたので、家に着いてから
クリーニング屋さんへ急ぎのものを出しに行きました。

平日の夕飯時の商店街はふだんあまり歩かないのですが、
家路へ急ぐ人たちがけっこう歩いていて、なんだか、幸せの風景。
窓を開けて涼んでいるお家が多いのも、昔の夏の光景のようで嬉しい。

クリーニング屋さんに着くと、お店の奥で家族でお食事中だったようで、
ご主人がちょっと口をもぐもぐさせながら出てきました。

すると、その後に付いて、小さなボストンテリアも出てきました!

うちのダンナさんが、「お店の奥にいるのを見た」と言っていたのですが
昔ながらの古いお家でやってるコテコテのクリーニング屋さんに
ボストンテリアがいるなんてなんだか似合わないので、ほんとかなあ?と
思っていたけど(失礼)、本当でした。
そういえば、お店のチラシにもボストンテリアの絵が描いてある。

私の顔をじーっと見て、しばらくするとまた居間に戻っていきました。
食事を中断してお店に出たご主人と一緒に出てきて、自分も仕事だと思っているのかな?

かわいい姿を見て、なんだかとっても嬉しくなってしまいました。
それだけで、ルンルンで家に帰れました。


いつもありがとうございます。
今日もひとつ、よろしくどうぞ。↓
人気blogランキングへ
[PR]
by brandaffodil | 2006-08-22 23:20 | 家ごはん


<< フレンチ・ランチ 夏の終わりの大原 >>