ロイヤルな韓国料理

金曜の夜は、気の合う同僚と銀座でお食事。
d0000135_1224881.jpg

秋も深まる11月半ば。
銀座に出てみればもうすっかりクリスマスムードでびっくり。
d0000135_1165074.jpg

                                人気blogランキングへ





気の利いたお店がいっぱい入っているGINZA GREENの中の、
韓国摘草料理HANGAWI(ハンガウィ)にて。
d0000135_1115284.jpg

ナムルの三種盛り合わせ。お味も量も上品。
盛り合わさってねーぞー、などと叫んではいけません。

全体的にとっても上品な、宮廷料理に近い感じで、家庭料理ふうの韓国料理とはまた違った
ノーブルなおいしさ。じっくりゆっくり、味わえるお店です。

d0000135_11181530.jpg大好きなトッポギ。
小麦粉で作った細長い円柱型の韓国のお餅の炒め物を、宮中ふうアレンジで。
コチュジャンベースの、甘辛な感じが食を進ませます。
砕いたピーナッツが香ばしさをプラス。

野菜と、何かのつぼみの部分など薬膳チックな素材も入っていて
う~ん。新たに引きかけの風邪疑惑もこれで吹き飛んでしまいそう。



見た目もきれいでそれぞれの素材がおいしい牛肉と野菜の炙(クイ)。
d0000135_112444.jpg

唐辛子の混ざった岩塩とすだちをかけて。途中で口に入れる松の実が風味を添えて。
お肉は柔らかくとろけるジュ~スィ~さ。

女性二人で話しながらお酒もお食事もゆっくり味わうにはナイスなお店チョイスでした。

店内は少し落とした照明、半個室になっているテーブル席、モノトーンの食器、と
全体的に落ち着いた雰囲気。銀座の真ん中にいることも忘れてくつろげます。

d0000135_11265723.jpgチヂミも煎(ジョン)といって、宮廷版なのです。

一番オーソドックスな、海鮮と韮の煎。

岩塩とヤンニンジャン、お好みでつけてお召し上がり下さい、といわれ聞き返してしまった「ヤンニンジャン」。
調べてみると、韓国の薬味醤油といわれるタレで、すべての料理に合うという韓国の料理の基本となる調味料だそうで。
キムチの素にもなるものなんですってね。
コチュジャンとかテンメンジャンなんかは家に買い置きする定番だったりするのにこんな基本のものを知らなかった。

塩加減も辛味もマイルドでクセがない。

煎は、細かい魚貝がたっぷりで、生地は薄いのに周りはさっくり、中はふんわり。
意外にさっぱりしていて、軽~く食べられてしまいます。


そして。
d0000135_11431148.jpg

やっぱしこれです。石焼ビビンバ!
d0000135_1144683.jpg

お店の人が手際よく混ぜてくれます。
いい具合の半熟卵と、コチュジャンと具沢山ナムルがきれいに混ざったところで
石器の壁に押し付けて10秒。焼ける音まで香ばしい。

このお兄さんが愛想はいいけどちょっと日本語のヒアリングが今一歩のお方で
ナイスキャラ。写真を撮るときにはちゃんと手を停めてくれました。
d0000135_11494690.jpg

きれいに取り分けて出来上がり~。グッジョ~ブ!
奥はキムチ盛り合わせ。真ん中は生牡蠣のキムチ。同僚は牡蠣がダメ。
ラッキ~。ごっつぁんです!!どのキムチもおいしかった。辛味はほどほどで。

d0000135_11493033.jpgこのお店、とってもおしゃれでメニューもクールなのに、本当にみんな本場の人で作っているのか、たま~に面白い言葉や間違いがそのまま載っている。

「ジンバック」が「ジントバック」と
間違ってメニューに載っていることを
お兄さんに指摘する同僚。。。。。
(彼女はQueen of タイプミス)


奥のドリンクは「すてきなレモン梅酒」。
手前はあら漉し梅酒「梅の宿」のソーダ割り。



デザートは、この記事の最初の画像、
木の実とプルーンのタルトの柚子ソースがけ。&白ワイン。

同僚は、同じ勤務地で働いたことはなく今は事業部も違うけど、数回会っただけで意気投合。
今までのバックグラウンドとか、どうでもいいことは抜きに、いきなり根本的な話もできる
友人になりました。

d0000135_1214035.jpgたまには、こうやって、
おいしい食事を楽しみながら飲んで
いろんな話をするのもいいよね。

(けっこう盛り上がっちゃって
「しっとり話した」とはお世辞にも言えないが)

韓国のお茶、とうもろこし茶や
生姜とはちみつのお茶なども楽しみました。
じわ~っと中からあったまる。


d0000135_1224311.jpg

会社から歩いてすぐなのに平日は意外と来ない銀座。
これからの季節、もっともっと盛り上がっていくんだろうな。




人気blogランキングへ

参加しています。こちらにもクリックしていただけると嬉しいです。
d0000135_21573669.gif
[PR]
by brandaffodil | 2006-11-18 12:03 | そとごはん


<< ほうれん草とツナのトマトソース... 大根となまりぶしの煮物&鯛焼き >>