神戸空港マリンエア

もう一つの目的地とは、この橋の先にあるポートアイランドの更に先。
d0000135_233169.jpg


昨年2月に、ポートアイランドの先にもう一つできた島、神戸空港です。


                       人気blogランキングへ





d0000135_235374.jpg


貿易センタービルという駅からゆりかもめと同じ無人運転電車、ポートライナーに乗り、
終点の神戸空港で降りると、改札を出たらいきなり出発ロビーが。

d0000135_2374311.jpgd0000135_238065.jpg


出発カウンターは全部でこれだけ。左にANA、右にJALとスカイマーク、の
いたって小ぢんまりしたシンプルな作り。

新しいだけあって、お土産屋さんや飲食店も気の利いた感じのラインナップですが
店舗数も少なく、年始だというのに人もまばら・・・


そして、展望デッキで飛行機を見よう!と上がってみると
d0000135_2311949.jpg
d0000135_23112461.jpg


がら~ん。。。一機もいない。。。。
こんな状態の空港は初めて見るので、これはこれでなかなか・・・面白い。

でも、対岸に遠く見える神戸の街の夜景はとてもきれいでした。
きらきらちかちか、揺れる光が宝石箱のよう。六甲山の上の灯りもきれいだった。

ま、これから飛ぶのが3便あるので、最低でも3機は帰ってくるだろう、と
夕食を食べながら待つことに。

d0000135_23133283.jpg

神戸ときたら、やっぱりこういうのが気分!
昔懐かしい感じの、正統派の洋食。
ビーフ100%のハンバーグは柔らかくジューシィ、
上に掛けるトマト風味のソースもおいしかった。
(しかし、空港につきもののロイヤル系列のファミレスでした)

すると!続々と飛行機が下りてきた!!
d0000135_23153580.jpg
d0000135_23155041.jpg

うーむ。
飛行機はどれも小さいながら、ふらりと入ったレストランで待ちもせず窓際の特等席に
通され、その目の前に飛行機が降り立ち、横付けになるというのも
ローカル空港ならではの特権?

お客さんが降りてきて、清掃の人たちがすばやく乗り込んで行って、出て来て、また
お客さんが乗り込む。その間30分。すごい手際!

暖かいところで、そんな一連の動きを間近で見れるなんて。
なかなか楽しい。


仙台行きと羽田行きの2便を見送ったあと、わしらも街へ帰るかね、と
レストランを出ると

d0000135_23175458.jpg

なんと!JAZZの生演奏が!!

聞こえてきたのは「酒とバラの日々」。

JAZZ好き、生演奏大好きの私は階段を駆け降りてってピアノの後ろが見える席を陣取る。
(↑ピアノの人の手を見ながら聴くと感動する人)

おじさんばっかりのカルテットだったけど、ピアノの人がボーカルを兼ねていて
アレンジも私の大好きなダイアナ・クラール風でとってもいい。

3曲目だったにも関わらず、良い席が取れちゃうのも小さな空港ならでは?

その後も、

「My Romance」
「L O V E」
「煙が目に沁みる」
「Route 66」

とハッピー系スタンダードナンバーの連発。

すっかり頭がJAZZになり、帰りのポートライナーではダイアナ・クラールを聴きながら
帰りました。
神戸の夜景にJAZZは良く似合う。
これから、神戸の夜景を思い出す時には、JAZZのBGMが付いてくることでしょう。

d0000135_23233371.jpg

神戸空港観光、大満足でした。

   人気blogランキングへ
[PR]
by brandaffodil | 2007-01-08 23:08 |


<< 実家ご飯 神戸へ! >>