六本木 ~AXIS&東京ミッドタウン~

家具や食器を見に六本木のAXISへ行きました。
d0000135_2217221.jpg

ここの1、2階に入っているリビング・モティーフはシックでおしゃれな
キッチン、バス、リビング周りのインテリア関連グッズや家具や文具など。
北欧、イタリア、和風のデザインのものが多く置かれている印象です。

雑誌や本で見てずっと「いつか欲しい!」と憧れていた
調理器具や食器、バスグッズ、花器などが一通りあります。

ここは・・・ヤバい!

いつか、欲しいものみんな買占めたるで~(野望)

3階の、和食器や現代作家の器を取り扱っているサボア・ヴィーブルも素敵です。
小さなサロンもあり、今は現代作家の「水」をイメージしたガラスの器を展示しています。
お店のポリシーが感じられる、品格のある質の良いお店という感じ。
d0000135_2237172.jpg

さて、せっかく六本木に来たので、3月30日にオープンした
東京ミッドタウンにも寄ってみました。

d0000135_22335379.jpg
大江戸線の駅から直結でした。
駅からすぐなのはヒルズより便利。

※でも、駅の、ミッドタウン口に出るまでの長い階段にはたっくさんヒルズのポスターが貼ってあって、負けじとしているのがわらえた・・

本当は、最初にAXISに行く前にちょこっと寄ってみたのですが、あまりの混雑に、命からがら這い出て逃げてしまいました。
夕方また戻ってみたら、だいぶ混雑は引いていました。


d0000135_22364634.jpg

タワーとウェスト、イーストの間にある広場。
鯉のぼりの吹流しみたいな形の、藍や鶯色など渋い色合いの布が風になびいていました。

1Fは、バラエティ豊かな食べ物屋さん(イートインコーナーを併設しているお店が多い)や
サービス関係中心。びっくりしたのはフードコート。
狭い入口から入ると、まるで外国の酒場のような、薄暗い中に喧騒が広がる
摩訶不思議な雰囲気のスペースが広がっていました。
その中にいろんな食べ物の売り場があって、好きなものを買って、好きな席で食べるように
なっています。どれもおいしそうだったけど、いろんなものがありすぎてよくわからず
一通り歩いて出てきてしまいました。
フードコートの外にも、カジュアル系のレストランもいくつかあります。

d0000135_22483358.jpg

内装にしても、お店にしても、全体的に「和」のテイストが割りに強い感じで、落ち着いた作りになっています。

チョコレート専門店がいくつかあるのですが、温度調整のため、扉を閉めていて
少しずつお客さんを入れるようになっていて、徹底した管理体制。
外から覗いていたら、中からお店の人が扉を開けて「どうぞ!」と言ってくれたのですが
とてもそんな高いチョコレートは買えないので「ああっ、イエイエ」とわけのわからない
挨拶をしてその場を去ってきてしまいました。いつか食べてみたい。

2階は服飾関係中心。ブランド系の高級なお店ばかりで、あんまり縁ない感じ。
やっぱり多くのお店の前にはSPみたいな人が立ってて、敷居高め。

3階は、インテリア雑貨や食器が主。店の数も多く、ここは楽しかった。
やっぱり和テイストのものを扱うお店が多かったです。

3階、4階には、高級感あふれるこだわりのレストランがいくつか。

東京ミッドタウン。
最近行ってみた、出来たばかりの商業施設の中ではダントツに高級志向な感じです。
「いつか欲しい」「いつか食べてみたい」「いつか入ってみたい」という言葉が出てしまう。
でもららぽーとやラゾーナ川崎のようには広くなく、シンプルな作りになっていて
お店の数も多すぎないので、見て周りやすいです。
ちょっとした東京の観光スポットになっているようで、GW中ということもあり
日本の、ありとあらゆるジャンル(?)の人が集まっていて面白かったです。

d0000135_2301146.jpg

カジュアルレストランの中でも一番待っている人が少なかった「デリー」で
カレーを食べて帰りました。
キーマカレー(左)と、南インドの定番という豆と野菜のカレー。さつまいもがたっぷりで甘い。

大好物のサモサも。おいしかった!アボカドソースではなく辛~い赤いソースでした。
d0000135_2312769.jpg

[PR]
by brandaffodil | 2007-05-06 22:25 | 東京 - My Home Town


<< ベーグルサンドのブランチ Cold Stone... >>