逆接待@パークハイアット

d0000135_2156233.jpg

ゆかりのある会社を訪問したら、なぜかセレブな接待を受けてしまった。

そもそもその訪問自体、「なんで私も?」って不思議だったのだけど
のこのこ付いていったら、懐かしい人にも会えて嬉しかったし
しかも素敵な場所でおいしいものをゴチになってしまって棚ぼたラッキー。


連れて行ってもらったのは、ホテル・パークハイアットのレストラン「ジランドール」。









d0000135_2211653.jpg

上のニューヨークグリルには行ったことあるけどここは初めて。
ニューヨークグリルよりは直前でも予約が取りやすいとか。
料理のお値段もわりに手ごろで驚いた。しかし雰囲気は抜群。

焼きたてパン、味があってとってもおいしかった。結構大きいのに2個も食べちゃった。

好みを伝えて選んでもらった白ワインも希望通りのもので料理にもぴったり。

d0000135_224773.jpg

前菜の、イベリコ豚のハムの海藻サラダ仕立て。

一つ一つの素材がすごくいいんだって私にも分かる。
びっくりしたのはプチトマト。じんわりと甘くてコクがあり、驚いた。
お店の人に聞くと、さっとグリルしているので更に甘みが引き出されるのだそうな。
細かいところに一ワザあり。

d0000135_2271424.jpg

メインの、黒鯛のマスタード風味。

黒鯛は身が厚くてふっくら、柔らかい。
マスタードソースにほんのり酢が入っていてさっぱりしてます。
新じゃがと赤玉ねぎの輪切りがどちらも甘くてフレッシュ。

d0000135_229831.jpg

同行の同僚がオーダーした渡り蟹のトマトクリームのタリアテッレ。
少し取り分けてくれたのをもらったら激ウマ!うーん、こんなの家で作れたらなあ~

お料理の写真を撮ってもいいかお店の人に聞いたら快く「どうぞ」と言ってくれたので
撮ってきたけど、さすがに店内やテーブルセッティングなどは気がひけて遠慮。
早い時間だったのでお店はガラガラだったんだけど。

画像がなくて残念ですが、お店の人の対応も内装も照明の加減も
落ち着ける心地よいものでした。

d0000135_221447100.jpg

偉い人二人がタバコを吸いにバーに行ってしまったので
私と同僚はさっさとデザートを頼んで食べてしまった。

コースに含まれていたデザート、グレープフルーツのジュレ。
バニラ風味のセミフレッドが2つ乗っていて、これがおいしかった。
グレープフルーツや完熟マンゴーの角切りなど、乗っているフレッシュフルーツも
それぞれおいしい。
割りにコースが軽かったので、ゼリー主体のデザートよりもうちょっとこってりしたのでも良かったな。

d0000135_22325736.jpg

同僚がオーダーした完熟りんごのパイ。
これまた取り分けてくれたので一口もらったらサクサクパイとカスタードのバランスが
ベリーナイス。パイの上の焼きりんごやスライスを揚げたものが甘酸っぱくてさわやか。


パークハイアットに来ると必ず有名人に遭遇するけど、この日も、すぐ近くのテーブルに
TVで見たことある有名な黒人の男性が、若い白人の女性と来ていました。
割りに高齢の方だけど、オーラがあって素敵だった。



地上から離れた高い場所で、セレブ感あふれる空間で素敵な食事をいただくと
一瞬だけ俗世を離れてトリップできますね。

こういう時間ってj自分でも時々持ちたいな、と思います。 ※まあ、家計と相談だけど・・・
[PR]
by brandaffodil | 2007-05-26 22:21 | そとごはん


<< 朝起きたら、どうしてもおいしい... ムーンリバーの夜更け >>