お手間のかかるカワイコちゃん

南部鉄器を可愛がっています。
d0000135_21222950.jpg

これは深鍋。煮込みものに大活躍。

そして最近いただいた急須。
d0000135_21231577.jpg


煮物も水もまろやかな味になる


、と、よく聞くし自分でもそう書いた。

が・・・正直言っちゃうと、違いはよくわからないんですよ。味オンチなんで。


取っ手はものすごく熱くなるし、重いし、濡れたまま置いておくのは厳禁だし
洗って乾かして仕舞っても次使うときにはうっすらカビ生えてるし。
(鉄のカビは体に悪くはないらしいが)


でも、重さを実感しながら料理をするのはなんだか嬉しいし、ゆっくり煮込むという
過程も好きだし、使ったらすぐに洗って拭いて乾かしておかなきゃならない、
週末には陰干ししてあげなきゃならない、そういう手間が、なんだか嬉しく感じる。

生活に「キチンと感」をもたらしてくれるような気がするのです。


何人もお子さんがいたりペットがいたり、それでもキチンと素敵に暮らしている方って
生活に無駄が少ないからすっきり暮らせるんだろうなと思うんです。
あれもこれも、と頭の中がぐちゃぐちゃでごみ溜めのようになっていたら、
すっきりした暮らしはきっと出来ないだろうと。

それと同じように、手間の掛かるものを生活の中に一つ取り入れて、それを
使いこなせるようになった時、生活の中から一つ無駄なものが削られていくような気が
してるんですよね。

本来、どちらかというと「片付けられない・捨てられない・割り切れない」ほうなので
努めて、身の回りや頭や生活から要らないものをなくしてすっきりさせていきたいなと。


で。。。。


ついに、このコにも手を出しちゃいました。

d0000135_21393426.jpg

憧れのル・クルーゼ。ココット・オーバル25cm。

南部鉄と圧力鍋を使いこなせるようになってから、と思っていたのですが
今年の春の限定色、「デューン」(砂丘)というサンドベージュに魅せられてしまい
数量限定で、なくなり次第終了ということで、購入を決意。
どうせいつかは買うつもりだったんだし、もう少しでボーナスも出るし、、、と。(いいわけ百選)


この子も、ホウロウ掛けが薄くなっている鍋のふちや蓋のあわせ目からカビが生えたり
禿げやすくなるのでやさしく扱ってあげなきゃいけない手間の掛かる子。

今はまだ、箱に入れたまま涼しいところに置いてあります。

余裕を持って取り組める時が来たら、大事に使おうと思います。
[PR]
by brandaffodil | 2007-06-03 21:00 | 日々のこと


<< 釜玉じゃじゃ麺 ち・よ・こ・れ・い・と >>