ひき肉じゃが

今日のキャストは チーム・ノスタルジック。
d0000135_22281649.jpg


この組み合わせといえば、やっぱり。

d0000135_22294469.jpg

肉じゃが。

しかしお肉が、ほんの一握りのひき肉しかなかったのでそぼろ肉じゃがに。
ひき肉は少しでもコクが出るので、全体的にボリューム感がつきました。
何かで有名シェフが言っていたのは、ひき肉を煮物に入れる場合、あまりほぐしすぎずに
適度なかたまりを残しておくと旨みが出るとのこと。そんなことも頭に入れつつ。

d0000135_22331153.jpg

じゃがいもを切らずに丸のままにしたのは、「かもめ食堂」を思い出して。
小林聡美ふんするサチエが家に初めてミドリ(片桐はいり)を招いて出した夕飯の
じゃがいもの煮物が、丸ごとのままであまりにもおいしそうだった。
それを前にして、ミドリは涙をこぼすんですよね。

このじゃがいもは北あかり。黄色味が強くて、ほくほくです。
玉ねぎも飴色にとろとろに仕上がり、これ一品でご飯には十分でした。

d0000135_2237094.jpg

山ぶきの煮物。かなり長いことコトコトだしで煮含めて、一昼夜だしに浸けておいたので
繊維も柔らかくなっていました。今ならではの味わいですね。


さて今日の主役はこちらでして。
d0000135_22382627.jpg


大根のお澄まし 白しょうゆ風味。

いりこのだしで大根を煮て、カツマル醤油さんからお取り寄せした白しょうゆを一垂らし。

透明なおしょうゆなので、お澄ましが黒く濁ってしまうことなく仕上がり
味も角のない、少し甘みのある柔らかいおいしさでした。
これは気に入った!

茶碗蒸しや出し巻き卵など色を損ないたくない料理や、やさしい味付けにしたい時に
大活躍してくれそうです。
[PR]
by brandaffodil | 2007-06-04 22:43 | 家ごはん


<< 渋い炊き合わせ 釜玉じゃじゃ麺 >>