ノスタルジックSummer2007

d0000135_2291612.jpg

ちょっと悲しいお知らせ。

家と会社との往復の生活の中で、私が唯一季節を感じることの出来る場所である
近所の空き地。このブログにもたびたび画像を載せている場所なのですが。
d0000135_22131015.jpg

ショベルカーが入り、木々が切り倒され、整備が始まってしまいました。
何かが建つのかなあ。

会社の行き帰り、ここで季節の花や緑を見るのが通勤経路での唯一の楽しみでした。
d0000135_2214422.jpg

きれいに咲いた百合も、どこかさびしそう。

いつまでも空き地のままではないだろうとは思っていたけど、別れはつらい。
今まで楽しませてくれて、ありがとうね。



さて、昨日は、東京湾花火大会に行ってきました。
晴海主会場の入場整理券を譲っていただいたので。
私、アナウンスが聞こえるようなちゃんとした会場で花火を見るのは初めてかも。
d0000135_22173621.jpg

あの~・・・ なんていうか、臨場感だけわかっていただければ。
d0000135_22185034.jpg

近い、っていう迫力は感じていただけますでしょうか。↑レインボーブリッジ写ってますね。

おなかに響く音がドン、ドン、と光の雨と交互に降ってくる。

そう、近いと、まさに「降ってくる」感じです。
d0000135_22205616.jpg

アナウンスが聞こえると、感動が違うものなんですね。
花火なんて遠くからでも見えるから、わざわざ混んでる会場に行かなくても、と
今まで少し思っていたけど、ちゃんとした会場で見る意味がわかりました。

職人さんの自慢の花火を一玉ずつ上げていくコーナーでは
上げる前にどこの誰の作、というアナウンスがあって、その花火が上がりました。

花火って、すごい。渾身の職人技だ。
これだけの大勢の人を一瞬釘付けにし、感動させ、その夏の思い出になってしまう
インパクトを持った作品ってそうそうないと思う。
すごい仕事だなあと思いました。

練乳がけのかき氷を食べながら花火を浴びた、あっという間の1時間半でした。


面白かったのは、近くにいた子供の一群が、花火が上がるたびに一様に声をそろえて
掛け声を掛けていたのですが、その掛け声が、「ぁありがとーう!!」(堀内孝雄ばり)
とか、子供の掛け声じゃないみたいな妙な上手さで、桜かな?と思ってしまいました。
それとも本物の江戸っ子なのか?

わたくしも両親側とも3代目の生粋の江戸っ子ですが、たじたじでした。


d0000135_22321632.jpg

グランドフィナーレの大玉連発まで見届けたら、帰り道は当然えらく混んで
最寄り駅など入り口に近づくことすら出来ず、川べりで休んだりもしながら
勝鬨橋を渡り、2、3駅先までぞろぞろと大勢の中を歩いてようやく電車に乗れました。

入場整理券、ありがとうございました!大感動の一夜でした。


本日のおやつ。
d0000135_22354823.jpg

これまたノスタルジックでしょう。

サカエヤベーカリーの惣菜パンと、練乳入り氷(いちごと、あずき)、麦茶。

真夏のうれしいおやつです。


そして本日は弟夫婦が海外旅行のお土産を持ってきてくれました。
(お土産画像は、堪能時に載せさせてもらいます。どうもありがとう!)

高校球児時代から夏に弱かった弟(!)はきっと食欲があんまりないだろうと思い
手巻き寿司と冷しゃぶサラダにしました。あと画像ないけどゴーヤチャンプルー。


d0000135_22391265.jpg
d0000135_2240775.jpg


途中で海苔が足りなくなり、お客に買いに走りらせるというアクシデントもありつつも
旅の思い出話や写真を見せてもらいながら、楽しい晩餐となりました。

d0000135_22425566.jpg

身内だと思いっきり気を抜いているのか、今日は全体的に段取りが悪く、反省。。

私は「きっと持ってきてくれるだろう」と思い、
向こうは「きっと用意しているだろうから重なると却って悪いから」と思い。
思惑が交錯し、食後のスイーツがないことも途中で判明し、海苔と一緒に
買ってきていただきました。。。申し訳ない。
わたくしが指示した購入先のケーキ屋さんの。おいしかったです。。



そんなこんなで、にっぽんの夏、満喫中です。


でも明日からまたお仕事です。そんなみなさん、今週もがんばりましょう。
お休みでお出かけの方は、お気をつけて。



こちらも↓クリックよろしくです。
人気blogランキングへ
[PR]
by brandaffodil | 2007-08-12 22:47 | 日々のこと


<< お盆ウィーク開始 真夏のがっつりブランチ >>