パン・コン・サルサ・トマテ

硬くなってしまったフランスパン少し残っていたので、しっかり目のパンを
トマトソースで煮込んで卵を落とすスペインの昔ながらの家庭料理にしてみました。
d0000135_2344322.jpg

トマトソースに、適当に切ったバケットを埋めてけっこうな時間煮込む。
辰巳芳子さんが「いのちをつくる新家庭料理」で
「アボリータ(おばあちゃん)の玉子」として紹介しているものです。

何らかのお肉やいんげんなどを加えてもよく加えなくても良い、と書かれた
フレキシブルなほんとの家庭料理。
今日はソーセージを入れて一緒に煮込みました。

d0000135_2384363.jpg最後に、パンの合間に卵を落として。半熟のまま、鍋ごとサーブ。
パンは「ぴろぴろ」、卵はとろとろ、の状態を楽しむものだそうで。
卵を崩しながら、パンとトマトソースと絡めて。

味付けは塩と胡椒だけなんですけど、トマトソースの酸味とにんにくの風味、半熟卵のやさしさとで滋味深~いしみじみとしたおいしさ。

赤・白・黄色・緑の絡み合う色の美しさにもとろけそうな一品でした。


そういえば、自由が丘に「パンコントマテ」というパスタ屋さんがあって、子供の頃に母と一緒に入って以来大好きだった。
小じゃれていない太い麺がおいしかった。
青りんごジュースがあって、それが珍しくておいしくて、今でも青りんご味のものに弱い。
しばらく行ってないけど、今でもあるのかなあ。





▽参加してます!

人気blogランキングへ

にほんブログ村 料理ブログへ

d0000135_1757842.gif
[PR]
by brandaffodil | 2007-10-07 23:11 | 週末ごはん&ブランチ


<< お初しゃぶしゃぶ! 無花果ピュレ on バケット >>