シュトレン作ったねん

汐留に毎年現れる巨大アドヴェントカレンダーも
一日一枚ずつめくられる今日この頃。

d0000135_2242035.jpg

先週末、大原の家に材料を持ち込み、シュトレンを作ってみましたよ。

これ、作って2週間後ぐらいが食べごろだそうなんで、本場では
アドベントに入った頃に作り、しばらく置いてクリスマスを待ちながら一枚ずつ
食べるのが慣わしとか。坑道(Stollen)の形をしているのが名前の由来だそうな。
これも、先日のりんごケーキのレシピと同出典。
沖幸子さんの「ドイツ流 美しいキッチンの常識」より。

いやしかし。今回もまた、ものっすごいテキトー&がさつ&はしょりまくりで
作ったもんで、食べれるものが出来るのか非常に心配な感じだった。
d0000135_22461662.jpg

とりあえず焼けた・・・焼き上がりは生焼けだったけど、
オーブンにそのまま入れといたらなんとなく火が通った。(そんなんでいいのか・・・)

雪のように粉砂糖ふって、クリスマスっぽく。

しかし・・・生地よりドライフルーツがぎっしりなので、やたら歯に挟まる。
Sりん、NYのお土産のアーモンドが大活躍だよ。たくさん必要だったので。


では、クリスマス気分が盛り上がってきたところで。東京のクリスマス的シーンを。

♪We wish you a merry Christmas  (プランタン&マロニエゲート間の通り)
d0000135_22533269.jpg

♪Slleigh bells ring, are you listening? (銀座大通り 松屋前)
d0000135_22551029.jpg

♪I'm dreaming of a white Christmas,  (パシフィックホテル東京)
d0000135_22573364.jpg

and, have yourself a merry little Christmas night.....
d0000135_0344052.jpg


▽気に入っていただけたらクリックお願いします。
人気blogランキングへ


にほんブログ村 料理ブログへ

d0000135_1757842.gif
[PR]
by brandaffodil | 2007-12-12 22:59 | 東京 - My Home Town


<< Count 900! 記念日の家ごはん >>