うどんと珈琲と会話

師走の花金。街は忘年会に急ぐ人々で溢れ返ってる。

そんな中、カレー部2名は地道に活動を重ねる。本日は課外活動@うどん木屋。
d0000135_3142259.jpg

カレー部活動に忠実にカレーうどんを選んでも良いのだが、牡蠣の誘惑に勝てず
牡蠣入り鍋焼き味噌煮うどん。味噌はあんまり濃くなく、美味なり。
牡蠣の亜鉛、ミネラルを実感できる一杯。

しかしこの店・・・場所柄、同伴率ヒジョーに高し。人で溢れかえる通りと裏腹に
席はけっこう空いていたが、着物の人や、林家パー子そっくりなドレス姿の人までいた。
流れる歌は西城秀樹の「やめろといわれても すっちゃっちゃーらちゃっちゃっちゃ」とか
スクールウォーズの「ヒーロー」とか。渋い。

店内の雰囲気、店員さんの愛想具合、メニューの小ざっぱり感、うどんつゆ、
すべてがなんとなく江戸っ子好みの風情に統一されている。

        -  -  -  -  -  - 

そして、黙っておもむろに立ち上がり、同じビルの2階へ移動。椿屋珈琲店。
この喫茶店は朝4時まで営業。その昔は文豪も長時間ここで語り合ったとも。

今日も延々語り合い、ほんとに面白かった。
お互いの世界観に基づいてする各ジャンルの話で、もう17年も知ってる相手の
また新しい面を発見したりして驚く。
もっと若い時にはそういうところは見えなかったんだなあ。
そう考えると、大人になることは、少し、楽しい。

d0000135_3134631.jpg

                新橋停車場跡前のイルミネーション。


家に帰ってもその楽しさは続いて、今日はゆっくり眠れそう。
心から楽しい時間を、ありがとう。




▽気に入っていただけたらクリックお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by brandaffodil | 2007-12-15 02:37 | そとごはん


<< 白パンと黒パンのブランチ Count 900! >>