Jazzyな日本家屋カフェ@神戸

d0000135_2142132.jpg

神戸でジャズ体験。
昨年も、神戸で思わぬ時に生ジャズに触れることができたのですが
今年も、電車に乗るたびに駅でフリーペーパーを集めていたら、「Jazzの聞ける店」という
特集があって、その中で、あるカフェが気になった。(そこは生演奏ではないのですが)
店長の好きなアルバムはキース・ジャレットの名盤。
あ、きっと私このお店好きだな、と思った。 

地図を見ると、相楽園のすぐそば。
あ、じゃあ相楽園を観光して、その後もし歩いててこのお店見つけられたら
立ち寄ってみようかな、なんて思っていたら

d0000135_21485835.jpg

相楽園より先に見つけてしまった。

飲み食いに関するアンテナだけは張りまくってるなあ。今年も。

ホテルオークラでBig朝食たべたばかりなので、ひとまずは相楽園観光。
いいとこだったー。以前なっちゃんにもお薦めいただいた場所。ここのレポはまた後日。


さ、のんびりお散歩して少しお腹がこなれたので、満を持して。
d0000135_21511526.jpg

古い日本家屋をリフォームして、その個性も生かしつつモダンな雰囲気にしているそうで。

入ると、わ。ほんとに日本家屋。でも黒を貴重にしていてモダンな雰囲気。
d0000135_21562153.jpg

フリーペーパーでの紹介記事では、ここのオーナーは、お店を開く建物を
探しに探しても見つからず、今日見つからなかったら店を開くのをやめよう、と
思った時にこの家と出会ったのだとか。ここはきっと運命の、理想の家屋だったのですね。
d0000135_2233944.jpg

Jazzは静かに流れていて、外からの採光を生かした程よい明るさ、落ち着いた雰囲気で
居心地がよく、一人のお客さんも何人かいたし、私たちが相楽園へ入る前に外から
こそっと覗いた時にもいた年配の女性グループも、まだいた。

まったりとコクのあるフレンチ・カフェを。カップや小物もいい味出してる。
細部までこだわってるんだなあ。
d0000135_2291163.jpg

サンドイッチの載ってきたアルミのお皿とペーパーもレトロで、全体の雰囲気に合ってる。
d0000135_22649100.jpg

ハムとチーズのバケットサンド、歯ごたえ十分のフランスパンがおいしかった。

雑貨とか旅の雑誌や本が棚の下などに置いてあって自由に読める。
一人の女性のお客さんなどはみんな好きな本を選んで読みながらお茶を飲んでいた。
私もオリーブ別冊の雑貨の本を見せてもらい、しばしプリティワールドの住人に。

ずっといた年配のおばさまグループは、「誰々さんちの娘さんは去年結婚した」
「あらーっいいわね」「息子はまだやねん」「うちはまだ二人とも」
「誰々さんちの子は結婚した思たらもう子供もおってん」、とかの話をずっと
関西弁でしていて、おしゃれな店の中でいろんな世界が混在しているのが
また面白かった。


神戸はこんな、おしゃれなのに気取らないカルチャーを感じられるお店が
ぽつぽつと点在していて、そんな世界を楽しんで歩くのも、楽しいです。


あ、、Jazzですが、あまりに静かに流れていて、正直、あんまり聞こえませんでした。
でも、おばさま方のオモロイおしゃべりの合間に、やっぱりピアノ主体の心地よい音が
かすかに聞こえていた気がします。



▽気に入っていただけたら、クリックお願いいたします。
人気blogランキングへ
[PR]
by brandaffodil | 2008-01-13 22:18 |


<< 3DAYS サバイバル お弁当初め >>