自前サカナの夜@大原

大原の夜。
おとーたまがまたヒラメを釣ってきていた。
d0000135_23353998.jpg

折りしも、釣ってから丸2日経ったところ。なんと頃合なお刺身日和。

おお~う・・・ エンガワもたっぷり。
d0000135_23361915.jpg

厚めに切ってもなお透明。張りのある締まった身、なのにねっとり感も。
d0000135_233995.jpg


そして早くも定番化。牛肉と白滝、根菜のきんぴら。これは飲む面々にも大好評。
d0000135_23382819.jpg


ヒラメちゃんはから揚げにも。私は白身魚のから揚げが大好物。八方だれと浅葱で。
d0000135_23412150.jpg

揚げたては最高の高級料理だとしみじみ思う。

そしてあろうことか、フグ(これも父の釣果)の鍋まで。贅沢すぎてバチ当りそう。
d0000135_23395597.jpg

野菜も一通り父の畑から。野菜も魚も父の自前。魚は自ら、さばく。
そしてそれらを一切無駄にせず、料理に変えていく母。
d0000135_23444580.jpg

フグはふっくらした身を食べてもおいしく、スープにはそこはかとない、良いだしが出ていた。

d0000135_23425740.jpg

締めは雑炊。
d0000135_23455537.jpg

お米がふぐのだしと野菜のエキスをよく吸い込んでいた。薄味が最大限に引き立てる。
スープの量、煮立て具合、卵の加減、浅葱の量、、、このおいしさのバランスが
成立するのは、さまざまな条件の下でのみ。何かが多すぎても少なすぎてもいけない。
このタイミングとセンス、、、完敗。(ハナから戦ってないが)

この度も、うなりつつ舌鼓。勉強させてもらいます。


今回の一連の大原記事では、画像がいつもよりイイ!と、スルドイ方はお気づきかと。
(特にお花畑の画像
私がデジカメのメモリを家に忘れたため、すべてPHOTO BY 弟。
弟は写真の勉強もした、出版業界のヒト。
カメラはコンパクトデジカメでも、去年のIXY最新モデルなので多少わたしのより
性能も上がっていますが、やはり道具だけでなく、撮る技術というのも大きいのだと
姉は思い知りましたよ。




▽いろいろ参加中。お気に召されたら、どれか一つでもクリックいただけると嬉しいです。
人気blogランキングへ


にほんブログ村 料理ブログへ

d0000135_1757842.gif
[PR]
by brandaffodil | 2008-02-12 23:57 | 大原LIFE


<< 3種のジャムの朝食 贅沢ランチで冬篭り@大原 >>