大原のおもかげ@今週の食卓

d0000135_23504324.jpg

ポタージュ・クレソネル。辰巳芳子先生のクレソンのポタージュです。

前から、これ一度作ってみたくて、でも東京のスーパーで売ってるクレソンは少なくて高い。
大原から車で15分くらいの、大多喜にある道の駅ふうスポット「たけゆらの里」で
地元農家のクレソン 超がっつり束100円、というのをゲットしてきて、ようやく実現。

葉と茎を別々に調理するなど少々手間が掛かるのですが、野菜摂取が少なかった日の
翌朝、ちょっとがんばって10分ほど早起きし、作ってみました。
苦味はほろり、くらい残っている程度で、意外とやさしい味のポタージュでした。
辰巳先生いわく、これを飲むとすぐに、体調が違ってくるのがわかるとか。
クロロフィル効果、なのですねえ。

d0000135_23552661.jpg

茂原のかわいいパン屋さん「あんぽんたん」のパンも「たけゆらの里」で買えます。
チーズバタールが実家のお気に入り。ほんとチーズたっぷりでおいしい。

ある日の夕飯。
d0000135_23572917.jpg

肉じゃが、絹さやのお味噌汁、ひたすらグリーンのサラダ。

d0000135_23563520.jpg

肉じゃがは、母に習ってきたおいしい作り方で。具材を炒める時間が少し長いんです。
シンプルな調理法ながら、火の通し方が違うだけで、ぐっと味わいが変わってくる。
これは、煮込んでも味が濃くならずにさっぱりしている。でも具の中へだしは浸透し、
具材が柔らかくほっくりと仕上がる。おいしかったです。

そして「たけゆらの里」一番の名産品、大多喜の竹の子。
d0000135_00102.jpg

菜花と、ポン酢で。菜花も同じく「たけゆらの里」で、ボリュームのある束で100円でした。

この菜花、かなり使いでがあります。
ある日は、イカとじゃがいもと一緒に、カレー風味の炒め。
d0000135_021560.jpg


またある時は、油揚げとじゃこと。それでも菜花、まだ残ってる。かなりのボリューム。
d0000135_014176.jpg


竹の子も、もいっちょ。甘味噌のっけのオーブン焼き。
d0000135_052296.jpg

大多喜の竹の子はやわらかくて味が良い。

そしてもらってきたヤリイカ、お刺身でも。包丁研いでから切ったけど・・・けど・・・・
d0000135_055383.jpg

父が釣ってきてから二日目の晩に頂きましたが程よい落ち着きで更に美味でした。

「たけゆらの里」では地元の農家の皆様からの農作物のほか、お菓子やお餅や
ちらし寿司や漬物なども売ってて楽しいです。
d0000135_072836.jpg

この草餅がおいしいと実家で聞いて、もらって来ました。ほんともっちもちですごくおいしい。
手作り感が何より嬉しい。

残念だったのは、一宮の魚屋さんで買っておいてもらった西京漬けの魚を
焦がしてしまったこと・・・ でも中はセーフ。銀だら&あこう鯛、ご飯とおいしく頂きました。
d0000135_094918.jpg

大原で週末を過ごした翌週は、うちの食卓も普段よりちょっとリッチだけになります。



人気blogランキングへ

にほんブログ村 料理ブログへ

d0000135_1757842.gif
[PR]
by brandaffodil | 2008-04-17 00:10 | 家ごはん


<< あと一歩、の木曜日 大原 載せ忘れあれこれ >>