ベトナム式鍋つかみ(Do nhac bep)

いただいてから半年も経ってしまいました。
d0000135_23211051.jpg

大好きなブログ「arinco's kitchen」さんのプレゼント企画に応募、当選して
送っていただいた、ベトナム式鍋つかみ Do nhac bep(ド・ニャック・ベップ)です。
当選発表の翌日には届いて、びっくりしました。

d0000135_23254463.jpgarincoさんはすぐに送って下さったのに、使い込んでからレポを、と思っていたら半年も経ってしまい、大変失礼をしてしまい、顔向けできないのですが・・・

半年しっかり使い込ませていただいたので、使用後の感想をしっかりと書かせていただきたいと思います。



d0000135_23234688.jpg
触ってみて、まず「あれっ」と思うのは触感。
ただの綿が入っているんではないようです。
何が入っているんだろう・・・ふわふわしてなくて、手の形にフィットするふしぎ触感。
私の予想では、よって紐状にした繊維がコイルのようになって入っているのかな・・と。

二枚組みなので、両手に持って鍋をつかむこともできるし、鍋つかみ&鍋敷きとしてもダブルで使えます。



d0000135_0344364.jpg手袋タイプや1枚のぺラッとした鍋つかみよりも厚みがしっかりしているので、オーブンの角皿を取り出すのにも、手が熱くなることもなく、いいんです。
厚みがしっかり、と言ってもふわふわの綿入りではない上に、真ん中には詰め物がなくて折りやすくなっているので、安定した状態でしっかり挟める。



d0000135_035761.jpg
しかし、真ん中が布だけになっていて薄いため、このようにしっかり指の間の奥まで挟んで持つと、ちょっと熱いです。
ここだけ要注意。


普通にじゃぶじゃぶ洗えて、洗った後、中の詰め物を少し均せば元通り、というのも嬉しい。
中がふわふわの綿だったら縮んだりとかありそうだけど、その心配もなし。



d0000135_23405278.jpg
この子たちの定位置。
薄くなっている真ん中で折れるので、コンパクトに仕舞える、収まる。
これもこの鍋つかみの優れたところです。

デザイン性に富んでいながら使い勝手もいい、というキッチンツールは少ないものですが、これはいつもおいしい料理を作っていらっしゃる方が考えたならではのものだと思います。

この渋い色合いのチェックがシンプルでまた気に入っています。
(他にも柄ものなどあり、こちらで随時購入できます)


d0000135_23463710.jpg

送っていただいた封筒には、直筆のお手紙とショップカードを兼ねるしおりも入っていて感激でした。
しおりはパッチワークのように布が貼り付けてあってかわいい。
鍋つかみ同様に、すでに生活の一部として使わせていただいています。
お手紙の字は、想像の中のariさんそのものの字でした。おしゃれでサバサバっとした感じ。

arinco先生、素敵なものをありがとうございました!
レポまでずいぶん時間が経ってしまってすみませんでした。


さてある休日のブランチ。
d0000135_23511037.jpg

きゅうりとカニカマのマヨネーズサラダ。少し残っていたカニ缶も忍ばせたら味が出ました。
カニカマは今、おフランスで人気らしいですね。 とれびあ~ん。

d0000135_23522543.jpg

ウインナーと玉ねぎ炒め。ケチャップと。そして近所のおいしいパン屋さんの食パン。
少し厚めの5枚切り。関西切り、と夫は言ってましたがほんとうですか?
関東では6枚切りが主流だけれども、関西では5枚以下の厚め切りが主流だと。
確かに、大阪の叔父がこちらに来た時、痩せているのに6枚切りのパンを2枚
食べていて、「へえ」と思った記憶が。


d0000135_23572928.jpg
デザートは梨。

豊水が今おいしいですね。




d0000135_2359297.jpg

まだまだ残暑厳しい、東京でございました。
※まだ蝉が鳴いてる・・・



人気blogランキングへ
 
[PR]
by brandaffodil | 2008-09-24 00:00 | 日々のこと


<< おいしいご飯と鮭があれば 冷やしうどんと栗おこわ >>