きのこご飯とクラムチャウダー

d0000135_0102488.jpg

Wow!

文字どおりの一汁一菜 hey, yo!



・・日曜日の慎ましい夕飯。


d0000135_0135236.jpgでもこのご飯がほんとうにおいしかったのです。母に習ったレシピで、きのこご飯。

きのこを一旦冷凍すると繊維が壊れて旨みと香りが出るんだと料理家の浜内千波さんが言っていたそうで。
しめじとえのきを小房に分けて凍ったままお米1.5合+もち米0.5合と同分量の水を合わせた中に入れ、醤油大さじ1、塩小さじ1を入れ、普通に炊くだけ。だしも何も必要なし。

まあ、本当にいい香り。
なんだかしみじみと、一粒一粒に幸せがこもっているようで、味わって噛み締めました。
こんなに手軽に炊き込みご飯が楽しめるなんて驚き。


d0000135_018101.jpg白菜とにんじんと糸昆布のしょうゆ漬け。

細長く切った白菜とにんじんと糸昆布、すだちの半月切りと鷹の爪を合わせて、醤油大さじ1とみりん小さじ1を加えて一夜漬け容器に入れて2、3時間。

うーん、実際は1時間ちょっとしか漬けなかったから、ちょっと浅かったかな。
サラダ感覚でばりぼり食べるにはいいのかな。



d0000135_020356.jpgずっと作ろうと思っていたクラムチャウダー。きのこご飯との相性は。。。。と言われると献立ミスかもしれん。

ちょうど夫がシチュー系を久しぶりに食べたいといったので、アサリとベーコンを買って来て作ってみました。

あさりは痩せていてあまりだしが出ず、ルウの加減もなんだかサラサラ過ぎたし。。。シチューやスープも奥が深いわい。

これからの季節、もちょっとルウのしっかりしたシチューが恋しくなってきますね。




d0000135_0245891.jpg今日は両親の結婚40周年記念日です。

大原では、聞くと思わずヨダレが出てしまいそうな料理で二人でお祝いしたそうです。

40年かあ・・・母は30年シュートメ(=土曜に三回忌やった祖母)とも暮らしてきて看取ったので大変な道のりでした。

おめでとう、そして、ありがとう。


法事のお土産に頂いた楼蘭の肉まん、おいしかったです。




人気blogランキングへ
[PR]
by brandaffodil | 2008-11-18 00:30 | 家ごはん


<< 晩秋の粗飯 quatre-vingts-q... >>