うちの一汁一菜

一汁一菜生活、続いてます。
d0000135_071630.jpg

鍋の残りのもやしと春菊、鶏肉を細く切って塩味に炒めたおかずと、豚汁&ごはん。

とにかく、夜遅いし時間もないし、いろいろ作ると片付けも大変だし、という理由でしかたなく、いろいろ作りたいのは山々だけどこれからは一汁一菜でいこう、と悲愴な決意だったのですが、ふらりと入った本屋さんで「二人の一汁一菜ごはん」みたいなタイトルの料理本を見かけ、手にとってぱらっと眺めてみたところ、内容を考えれば栄養面でも味覚にもバランスが取れて楽しい食事になるんだと目からウロコでした。

しかし、この本は、お子さんが巣立って二人になったご夫婦向けのように感じましたが、
うちのご飯より、メニューがだいぶ若々しかったな。。。ちゃんとメインあったし。

d0000135_0155679.jpg

ある日の当たりメニュー。ブロッコリーとタコのペペロンチーノ。

先日 母と会った時に、大原のブロッコリーをもらったので、冷蔵庫に少し残っていたタコとあわせてペペロンチーノ風にしてみました。
ベーコンを細かく刻んでカリカリに炒め、にんにくと鷹の爪、味付けは塩こしょうのみで。

ゆでただけで食べるのもおいしいブロッコリーですが、これもおいしかったです!!


この日は崎陽軒のシウマイもあり、一汁二菜でした。(軽く自慢気)

d0000135_0302043.jpg

一汁一菜ではご飯の占める位置が非常に大きいので、おいしいご飯のお供があると、グレードが上がります。これは、父が釣った細かい鯛を焼いてほぐして味噌などで味付けした鯛みそ。
これも先日母からのお土産でもらいました。
超ーーーナイスです。ご飯が進んで困る。


d0000135_0215314.jpg中国・アモイに旅行に行ってきたうちのチームリーダーのお土産。

ぬあんと、上海蟹プリッツ!!


ほんとに、蟹の香りと味がしました。
おいしかったです。

アモイというところはオランダの領地だった時代もあり、まるで中世のヨーロッパのような町並みの残った素敵そうな場所です。



d0000135_024143.jpg家に帰るとこんなものが・・・

ポンデライオンの描かれたクリスマスバージョンのパッケージ。。
この中にミスドがどっさり。

こういうことされると困ります!


一汁一菜の意味があああ~


人気blogランキングへ
[PR]
by brandaffodil | 2008-12-10 00:27 | 家ごはん


<< 和しょくパン 休日ごはんの「女の道」 >>