最近の、オフ会2件

ハイ、本日、魔の木曜日。ごはん画像はございません。(言い切り)

で・・・念願かなってのうれしい出会いのことについて。
1月のとある休日、憧れのブログ「arinco's kitchen」のariさんとお会いしました!
d0000135_061459.jpg

私が毎日かならず使っている超スグレモノの鍋つかみ、
ドゥ・ニャック・ベップの製作者であるariさんは、肌触りの良いコットンの
グッズを製作・販売している「も・め・ん・と」を運営されています。

友人への贈り物用に、いくつか品物を注文をさせていただいたところ、
お忙しいのに、私の住む町へ届けに来て下ったのです。

そして、注文したもの以外のものもいくつか持ってきて見せてくださって、
一目ぼれして自分用にゆずっていただいたのがこのエプロン。
とてもいいデニムを使っていて、素材もデザインも素敵。
d0000135_0125359.jpg

ariさんのお料理や写真と同様、隅の隅の小さなところまでしまつがいい。

そして、画像や文章と同様、ariさんは明快な切り口のお話が面白い
とても素敵な方でした。楽しい時間を、ありがとうございました!

・・・・・・

先週の話。仕事で、別のオフィスに行きました。
ここは、dude嬢とsh氏の勤務しているオフィス。
用事を定時後の時間に意図的に合わせ、飲んで帰ることに。
d0000135_0203715.jpg

この日は、この居酒屋に掛かっていたなつかしのヒット曲メドレーがきっかけで
80'sの洋楽の話で盛り上がったり、はたまた芥川の小説のリアル感について語ったり。

ちなみに、私が初めて自分で買った洋楽のレコード(!)は
シングル:プリテンダーズのDon't get me wrong、
      ホール&オーツ解散後 ダリルの初ソロシングルDream time、
アルバム:マドンナのBoderline。
初めて覚えた英語の歌はビリー・ジョエルのUptown girl。年バレるなー

dude嬢がつい最近MTVで見たという、アメリカ人が80'sでもっとも
好きだったアーティスト、という特集では、Bon Joviが1位だったそうです。 

気の置けない彼らとの話はほんと楽しい。
dude嬢が常に「中性」と呼ぶsh氏、服まで「オネエ服」と呼ばれる始末。
d0000135_0351039.jpg

たまにでも会えて、バカ話ができる同僚がいてよかったよー

d0000135_03487.jpg

この楽しかった宴の難点はといえば、
dude嬢の疲れがピークで体調が万全でなかったことと(タイミング悪くてごめんね・・)、このお店では無茶に飲む人が多いのか、酔いつぶれた人が次々とお手洗いに運ばれ、ドアを開けたまま数人で介抱しているのが近くで丸見えだったこと。

でもそんな光景を目の前に、料理を次々とおいしく食べられる自分が、
学生時代と変わってなくて、がっかりでした・・

また、万全の時に集いましょう~ 
[PR]
by brandaffodil | 2009-02-06 00:43 | 日々のこと


<< やっとほっとごはん がっつりチャーハン >>