岬にて

青い
d0000135_6141790.jpg

勝浦漁港の横から坂を上がっていった、岬の突端にある八幡岬公園。
こんなに見晴らしのいい場所があるなんて知らなかった。

家康の側室、お萬の方は勝浦の人だそうで。水戸黄門の祖母に当る人です。
14歳の時に、城を焼かれて、母と幼い弟を連れてここから小舟で伊豆へ逃げたんだそうです。
d0000135_617363.jpg

昔の人は、ずいぶん若い時から苦労が多かったんですねえ・・
信仰も篤かったということですが、今も穏やかな顔で大海原を見下ろしています。


300本あると聞いていた大漁桜は、ここ近年に植えたばかりということで
あまり目立たなかったのですが(時季も少し遅かったか)、なかなかいい
スポットで、満足。
d0000135_6211452.jpg

お弁当を作ってゆっくり来たい公園でした。わんことかいたら最高。

そのあとは、朝市ストリートが雛祭り一色になってるのをひやかして
d0000135_623415.jpg


たくさん立ち並ぶ屋台の食べものにも惹かれるけど、
目をつけていた 住宅街の中の一軒家のレストランへ
d0000135_6383217.jpg

d0000135_6384868.jpg

d0000135_639371.jpg

どれもなかなかのお味

そしてまた一つ、気になるお店を見つけてしまった
また次の機会の楽しみに取っておく

d0000135_6392468.jpg

濃い青や緑を浴びてきたあと、色のない世界に帰ってくると
少しせつない。

今週は、残像を反芻しながら、また日々を消化していこうと思います。
[PR]
by brandaffodil | 2009-02-23 06:35 | 大原LIFE


<< 大原ごはん 如月の章 海と鯛と水仙と >>