鍋炊きカレーピラフ

ひさびさ、鍋炊きカレーピラフ
d0000135_763575.jpg

ほんとはフライパンに蓋をして作るのが手軽でいいんですけど
夫から「破壊魔」と呼ばれるわたくし、フライパンの淵ををへこませて
しまって、蓋とぴっちり合うものが今ないんです。

ご飯の冷凍ストックがなくなったので今日は限りなく外食の
可能性高し、と朝言い渡してきたのだけど、これなら帰ってから
簡単にできると思いつき。

d0000135_78659.jpg

あの、「暮らしの手帖」のコールローと。 ※作り方知りたい方いたら、言ってくださいね

スープは玉子とねぎ。
d0000135_791658.jpg


先週の金曜、有休で早い時間に家にいたので、TVでやっていた
映画「幸せのちから」を観たんですよ。
ウィル・スミスが実の親子で共演した、貧乏どん底からのサクセスストーリーですね。
これ、ロードショー見たかったのに見逃したので。

あの終わり方・・・・
ウソですよね?

終わりの5分前まで貧乏どん底描写で、最後にだだっと試験に受かって、
息子を抱き上げて
「彼は、この後、独立し、財を築いた」 

・・・で、ぱっと画面が変わり、来週の「がばいばあちゃん」の宣伝に。

これは、ノーカットではなかったと信じたい。
長いこと貧乏に苦しむ場面を見てきたので、最後に、仕事で浮かばれてる
ところとか、貧乏で苦労をかけた息子と裕福な暮らしをするとか、
エンドロールの時でもいいから、胸のすくような、幸せになった時の
様子が見たかったのに・・・ ほぼ9割がた、つらいとこばっかりの映画でした。

残念。

でも、人間、信じてくれる人が一人でもいて、追い込まれて背水の陣でやれば
何でもできるものかも?という勇気はもらえました。
[PR]
by brandaffodil | 2009-03-12 07:19 | 家ごはん


<< 例のコールスロー ロールキャベツとコロッケと >>