カテゴリ:そとごはん( 110 )

ベトナム料理!

六本木のベトナム料理ご紹介♪

お店はCYCLO(シクロ)といって、内装はとてもオシャレで、
出されるお料理もとってもスマート。
d0000135_1841799.jpg

ネットで、このお店に関するいろんな人の意見を見ると、総じて、「日本人が食べやすいようにアレンジされている」と書かれていて、本当のベトナム料理を求めて入った人たちには少々物足りないようですが、私は大好き。
本当のベトナム料理とはだいぶ違うのかな?でもおいしいんです。
香辛料もきつくなく、すごーく辛いってものもなく、体にも優しい感じです。
お店の人もフレンドリーでみんな明るく感じ良い。

まずは定番。ゴイクォン(生春巻)。d0000135_183281.jpg具は、エビと豚肉とたくさんの野菜がぎっしり。
少し甘めの味噌風ソースが美味。

そうそう、一番最初に香草がたくさん盛られたお皿が出てきて、「どのお料理にでも、お好みで足して食べてください」とのこと。シャンツァイやミントなどのハーブやライムなどが山盛り。d0000135_2331175.jpg


次に、一番上の画像、茹で青菜をココナッツ風味の味噌ダレと和えて食べる一皿。
アジアの青菜の炒め物では定番の、茎の中が空洞の空芯菜が中心です。
ゆでた青菜とココナッツ風味の味噌ダレが別に出てきて、食べる直前に和えます。
ゆでただけの青菜なので、さっぱりしています。すっごいヘルシー。

d0000135_23113595.jpg
魚介料理は、詰め物をした小イカのトマト煮込み。イカは柔らかくて、ソースにはタイカレーに入っているような香辛料が入っていて、すごくおいしかったです。


お肉料理は、スペアリブ。しっかり焼いてあって、外側はクリスピー。d0000135_23135085.jpg
d0000135_2315039.jpg











そしてベトナム料理といったら、「フォ~っ!!」(←フォーちがい) たくさんの薬味付き。
さっぱりしていて、つるつる入っちゃう。
麺も、お米で出来てるんでしたっけ?小麦粉ものよりずっと胃に軽い。締めにはぴったりです。

デザートはバナナのケーキ。これがちょっと甘くてだいぶヘビー。。
d0000135_23221377.jpg練乳がカップの底に沈んでいて、ドリップしたコーヒーをかき混ぜて飲むベトナムコーヒーと一緒に。
最後はちょっと重かったけど、大満足でした。
[PR]
by brandaffodil | 2006-02-11 18:10 | そとごはん

六本木の夜は更けて

d0000135_022489.jpgとはいえ
この私の六本木ナイトですから、表通りでフィーバー!などでは当然なく、六本木ヒルズが見下ろす裏通りにあるベトナム料理屋さんでひたすらおしゃべり。

懐かしい友達と、
体の暖まる優しいアジアン料理を味わいました。
おいしくて楽しくて、
こんな楽しいひと時のために普段がんばって生きてるんだな~って思いました。

明日も仕事なので、料理の数々は明日アップします。
Good night!




P.S. >orcaさま、 lovely vaseありがと!早速使わせてもらうね。
    >M姉さん、 今度ぜったい行こうね。次こそリベンジ!!まずはゆっくり、お大事に。
[PR]
by brandaffodil | 2006-02-10 00:15 | そとごはん

イタリアンと爆笑の夕べ

d0000135_2212241.jpg
イタリアンの山田宏巳シェフの店、リストランテ・ヒロの味を気軽に食べられるバール風の店、ヒロ プリモが東京駅の一角にあり、一度食べてみたいと思いつついつも通り過ぎていたのですが、久しぶりの友達との食事会で、ついに入店。
最近あちこちの駅で開発が進むいわゆる「エキナカ」のお店です。
東京駅の「キッチンストリート」という八重洲北口にあるそのエリアは、片岡シェフのアルポルト、本格ナポリピザのピッツェリア「ダ・チーボ」など、そうそうたる有名店の味を気軽に楽しめる簡易店舗が軒を連ねています。
d0000135_15284978.jpg店内は狭いですが、シックな内装でおしゃれ。レストランというより、仕事帰りのおしゃれな
モテリーマン、OLが軽く飲みつつおいしいものを少しつまむ、といった感じで、あまり落ち着ける雰囲気ではありません。

しっかーし!味はさいっこーでした。有名店ってやっぱりちゃんとおいしいんだ、と納得。


パスタは3人で四皿食べましたが(あれ?数が・・)私が食べたミートソースはソースはあっさりでごつごつの大きい肉がゴロゴロ入ったボリューム系で◎、結構からいアラビアータはさっぱりしているけどどこかにコクがあり、冬野菜のオリーブオイルソースも、おいしくてびっくり。
さすがカリスマのプロの味。

前菜のタコのカルパッチョ・サラダとエビとタケノコのフリットもおいしかった。
一人一皿ずつパスタを食べて、あまりにもおいしいので、デザートの説明を一通り聞いた後で「じゃ、手長エビのスパゲッティーを」と、オーダー。一番上の画像です。
細目の麺にあっさりしたトマトクリームが絡み、ぜつみょーーー。

チアリーダー部時代の面々と久々の集合だったのですが、相変わらず、食べる食べる。
私が目立たなくてうれしい。他の友達とじゃこうはいかない。
この後さらに一名遅れて参加で、ピッツェリア・ダチーボに移動。
普通にマルゲリータのピザとデザートを平らげる始末。
チアリーダー部の同期メンバーの近況などいろいろ聞き、爆笑の連続。
ひさびさに、お腹がよじれるほど食べた笑った、楽しい嬉しい夜でした。
[PR]
by brandaffodil | 2006-01-27 23:40 | そとごはん

リベンジ・フレンチ!

d0000135_22335246.jpg

まさか、こんなに早くリベンジの時がやってくるとは。
披露宴ではおいしそうなフレンチが目の前に現れ、完食できぬまま(当たり前だ)
去っていったのを悲しく思っていたところ(いや、相当食べていた、という声もあるが)
5日後に、またおいしいフレンチを食せる機会がやってきました。しかも自腹でなく。
クリスマスシーズン特別ランチです。まずは前菜。オリジナル・テリーヌ。
d0000135_22383729.jpg
エビのポタージュスープ、サラダ、焼きたてパン。
d0000135_2240372.jpg

メインは牛ステーキのシャリアピン(玉ねぎソース)風。
タマネギの甘み、さっぱり感が、ボリュームステーキをさわやかに仕上げていました。
最後までゆっくり食べられる幸せを噛みしめ、涙しつついただきました。
コーヒーとトップの画像のデザートまですべておいしかったです。
[PR]
by brandaffodil | 2005-12-17 22:41 | そとごはん

ビジュアル系

お久しぶりです!
急な日程で結婚話が具体化し、式の準備だの引越しだのでバタバタしてました。
ちょっとした結婚フィーバー、それなりの結婚バブル期を経験しながらも、
食への探求生活は相変わらず淡々と続けてました。
d0000135_21273058.jpg

これはショーケースの中のサンプルですけど、お店の中に入ると、これと同じケーキの本物がショーケースに並び、実際に売られていてびっくり。
表参道のフルーツケーキ屋さんです。
買いもしないのに写真とったりずっと見てたり迷惑な客でした。だってきれいなんだもん。

きれいな上においしそうなものを見ているのは、それだけで幸せですね。
眺めた後に食べられるならなおいっそう。
d0000135_2131139.jpg
これはTo the Herbsのトライフルです。

食への探求は休みの日だけではありません。
最近、平日のランチでちょっとした冒険に出るのを楽しみにしています。
電車に乗って1、2駅先の街へ行き、行き当たりばったりのカフェに入ったりするのです。
d0000135_21334593.jpg

サーモンとクリームチーズのベーグル、ちゃんとバリスタがミルクで芸術的に絵を描いたカフェラテ。オープンカフェのテラスがあるおしゃれなカフェで、暖炉の火に当たりながらこんなビジュアル系のランチを取っていると、束の間リラックスして、オフィスに戻るころにはすっかりリフレッシュしているのです。
1時間でやろうと思えば出来ること、結構あるんですね。
[PR]
by brandaffodil | 2005-12-08 21:29 | そとごはん

松浦亭

南青山、骨董通りのレストラン、松浦亭に行きました。
d0000135_2231518.jpg

フレンチとイタリアンの融合、そこに和の要素も取り入れた料理と、クラシックな雰囲気の
中にもどこかカジュアルな親しみやすさのある雰囲気の空間。
フルコースはかなりボリュームがありそうだったので、前菜、スープ、パン、メイン1種類、
デザートとコーヒーの"青山コース"にしました。
上の写真は私が食べたメイン、舌平目と帆立のムニエル、トマトソース。
ソースにはケッパーがふんだんに入っていました。
下は、一緒に食事した先輩が食べた仔羊フィレ肉のソテー、香草風味。
どちらのメインにも、レンズ豆が添えられていました。
d0000135_22523598.jpg


アルコールは食前酒にスパークリングワインにチェリーノピューレを混ぜたものを。
お店のオリジナルだそうです。ほんのり甘く、飲み安くておいしかったです。
コースには含まれませんが、メインの後に、大きな籠に載って何種類かのチーズが
出てきて、好きなものを選ぶと、クラッカーとレーズン、胡桃が添えられて出てきました。
私は森・前総理が小泉首相の官邸から持ち出してきたことで有名になったミモレットを
いただきました。パルミジャーノに似たハードチーズですが、色は強いオレンジ色ので、
しっかりした塩味でなかなか美味でした。

雰囲気のいい、素敵なお店でした。
d0000135_2313441.jpgd0000135_23132066.jpg
[PR]
by brandaffodil | 2005-09-30 23:13 | そとごはん

韓国料理@西麻布

西麻布交差点付近の路地を少し入るとあらびっくり。
夜の六本木の喧騒が嘘のように、閑静な場所があるのですね。
いかにも大人の隠れ家的な、知る人ぞ知る名店といった風情の料理屋さんやしゃれた
バーなんかぽつりぽつりと存在しています。

そんな中にある、韓国料理「草思庵」。

六本木なんて数えるほどしか行ったことがない私(特に夜なんて)は、当然、誰かに
連れて来てもらわなきゃこんなお店知る由もないのですが。

ここは佇まいもとっても素敵。お店の外観は、ぱっと見、高級日本料理のお店って感じの
こざっぱりとした、しかしとても洒落た店構え。入り口を入って本当の店内に入るには
もう一つ扉があるので、入ってすぐのところはガラス張りになっていて中が全部見えるの
ですが、そこには韓国のお酒(何か薬膳のようなものを漬けてるお酒の瓶がズラリ!)
やたくさんの色とりどりの調味料が大きな瓶に入ってディスプレイされているのが外から
見えるのでとてもきれいなんです。

ここにも、2席ほどテーブルがあって、周りは全部ガラス張りのため、ちょっと半オープン
テラス風になっています。かわいいワンちゃん連れの女性たちが食事をしていました。

さらにもう一つ入ると、あまり広くない店内なのですが、明るくて、温かみのある照明の中、
6つほどテーブルがあってアットホームな雰囲気。ほとんどの店員さんが本場韓国の
方のようです。女性はスリムできれい。薬膳の成果でしょうか?キムチ効果??
カナダに行ってた時に韓国人の友達がたくさん出来たのですが、そういえば、太ってる人
いなかったなあ。

お料理は、かなり体にいい感じのものばかり。
肉じゃがのようなものや(結構カライ!)、スープやお粥、炒め物など、すべてが
薬膳料理の感があり、味付けも、辛さはあっても塩味はかなり控えめ。
鶏肉を使った辛い肉じゃが、チャプチェ(春雨と野菜の炒め物)、太目の糸こんにゃくの
サラダ風、牛肉とにんにくの芽の炒めもの、トッポギ(韓国のお餅)のチーズ焼き、
サツマイモのおこわ(石焼椀に入ってきて、ご飯を取った後、熱湯を注いで沸き立たせ、
周りに付いたおこげをこそげて、スープとしていただくという2度楽しいメニューです)、
軟骨の薬膳スープ、カルビ焼肉(厨房で焼いてくれたものが鉄板風のお皿で出てきます)
などを頂きました。どれもあっさりした味付けで、しつこくない。上品なお料理ばかり。

私は何とかの一つ覚えでカシス系しか飲めないのが残念ですが、同行のみんなは
美肌に効くお酒、元気が出るお酒、冷えに効くお酒など、いろいろな焼薬膳酒を楽しんで
いました。
d0000135_13381044.jpg

最後のデザートは、バニラアイスを。
絹で濾したかのように滑らかな口どけ。
えー、バニラアイスってこんなにおいしかった?という感じ。
添えられたブルーベリーの酸味もちょっとしたアクセントで、合ってました。

六本木の夜は更けて。またまた食のお勉強をしてしまいました~
[PR]
by brandaffodil | 2005-09-03 13:38 | そとごはん

自然食バイキング

また行っちゃった、餉餉(けけ)。有機野菜を中心に、体に良い素材を惜しげもなく使った自然食のバイキングレストランです。銀座近辺で女の子の友達と会うときは最近はもう大体ここ。
d0000135_23535532.jpg

自然食とはいっても、てんぷらやシチューやカレー、から揚げ、ラム肉のローストなどと
いったボリュームのあるメニューもたくさんあるので、満足感は100%。
d0000135_23565588.jpg

もう、心が躍ってしまって落ち着かなくなってしまう。
コツは最初から飛ばさず、できれば一、二周くらいして一通りの料理を頭にインプットし、
戦略を練ってから取ること。
重めの料理は後に回す。
できるだけ多くの種類を食べられるように、1種類ごとの量を少なくする。

ソフトドリンクはバイキングに含まれる。
コーヒーも有機栽培、添えられているのはきび砂糖とフレッシュミルク。
他に、冷えや婦人病に効くと評判の三年番茶や黒豆茶、小豆茶、それに玄米茶やビワミンなど、温かいものも冷たいものも充実。
デザートもビュッフェメニュー。
ヨーグルトにいろんな種類のソース(山ぶどうがおいしい)、
お豆腐に黒蜜をかけたもの、
チャイプリン、バナナババロアなど。
d0000135_034965.jpg

もう大満足です、毎回。
しかし、自然食も食べすぎは体に良くないんでしょうねえ。。
[PR]
by brandaffodil | 2005-08-20 00:05 | そとごはん

東京パン屋ストリート

GWもすでに半ば。南船橋のららぽーと内に出来た、パンのテーマパーク「東京パン屋ストリート」へ行ってきました。自由が丘のスイーツフォレストや池袋の餃子スタジアムなどと同じような、フードテーマパークです。

まずは、ららぽーとの広さにびっくり。アメリカなんかによくある大型ショッピングモールみたい。電車から見ていた時には地味な建物だと思っていたけど、東西南北に施設が広がっていて、映画館もあるし、まともに歩いたら一日はあっという間に経ってしまいそうなほど。ファッション、雑貨、グルメと多岐にわたる店舗展開。

この中に東京パン屋ストリートはありました。中の雰囲気は、自由が丘スイーツフォレストなんかとほとんど同じようなつくり。ディズニーランドのアトラクションのように凝った内装の狭いスペースに8店舗がひしめき合っていて、少し広くなったスペースにたくさんテーブルが置いてあって、好きな店で買ったパンをそこで食べる、というシステム。

5月2日はGW中とはいえカレンダーでは平日なのに、比較的空いている店でも「30分待ち」の札が。一番人気の「佐世保バーガー ビッグマン」は60分待ち!
手分けして並び、「お米の粉で作るパン」が人気の大阪の有名店「パン工房 青い麦」と北海道のメロンパン屋さん「どりーむ」の2店舗のパンをゲット。「青い麦」はコシのある、噛むほどに味が出る食事パン。メロンパンの「どりーむ」は中からチョコクリームがとろけ出るフォンダンショコラ・メロンパンやホワイトチョコのチョコチップ・メロンパンが大人気らしいけれどもうちにはチョコ好きがいないのでオーソドックスな「北のメロンパン」とチーズクリームが中に入った「クリームチーズ・メロンパン」を購入。北のメロンパンはちょうど焼き立てだったので、ほっかほか。湯気の上がる状態のをちぎりながら食べる幸せ。ふんわり生地が美味でした。
しかし6個もメロンパンばかり買ってしまって、当分メロンパンはいいかなって感じです・・

翌日の朝、「青い麦」で買ったお米の粉のコッペパンに、前日の夕飯のロールキャペツの中身を挟んでサンドイッチに。
d0000135_10321694.jpg

[PR]
by brandaffodil | 2005-05-02 19:02 | そとごはん

自由が丘スイーツフォレスト

d0000135_12575296.jpg


先日、スイーツのテーマパーク、自由が丘スイーツフォレストに行って来ました。

前回、初めて訪れた時は休日だったし、出来てからまだそれ程経っていなかったので
ものすごい混みようでした。広尾のスフレ専門店、ル・スフレが出店していると聞いて
ぜひ一度食べてみたくて行ってみたのですが、建物の外までの行列を見て断念。

先週の金曜日、用事を済ます為にお休みを取ったので、ちょっと足を延ばして行って参りました。リベンジ!

注文が入ってから焼くとのことで、待つこと30分。ふかふかのスフレが出てきました。
スプーンで真ん中に穴を開け、そこにソースを流し込みます。

私はバニラスフレ、母は一番人気のフランボワーズ。ちゃんと生地の味も、ソースに合わせて
違っているのです。フランボワーズの方は、生地はほんのりショコラ味。絶妙なバランスで
一番人気ということに納得。

同じ建物内に食事のできるカフェ プラチノ自由が丘テラスもあり、先にこちらのオープンエアのテラスでランチを。お天気がよく、風が心地よかった。パスタはとても美味でした。
サラダのドレッシングもオリジナルなのかな、さっぱりビネガーが効いたフレンチ風でとてもおいしかった。ぜひ真似してみたい。
d0000135_1323839.jpg


この階下にはお菓子作り用品のおしゃれなショップ、クオカショップ自由が丘があり、外国産の原材料や、珍しい調理器具などもあり、見るだけでも相当楽しめます。


ダイエットをする!と宣言してからも、こんな画像ばかりの気がしますが
一応、普段の夕飯はこんな感じで、若干の成果は上がっています。
メインはエビと野菜のグラタンですが、ホワイトルーの代わりにタコスソースを使うなど
一応の配慮(???)は施してます。
d0000135_136027.jpg

[PR]
by brandaffodil | 2005-04-25 13:06 | そとごはん