「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:東京 - My Home Town( 63 )

夕暮れ、8月の終わり

d0000135_1144233.jpg

d0000135_114433.jpg


駅へ向かって歩き始めると、満月がぼんやりと浮かんでいた
[PR]
by brandaffodil | 2012-09-01 11:01 | 東京 - My Home Town

上野なう

暑い…
d0000135_15432126.jpg

何かんがえてたんだっけオレ…
[PR]
by brandaffodil | 2012-08-29 15:41 | 東京 - My Home Town

お台場からの夕景

私的、東京百景のひとつ。
d0000135_1529037.jpg

やっぱり東京タワーはいいな。
[PR]
by brandaffodil | 2012-08-20 15:29 | 東京 - My Home Town

また丸の内

引き続き、丸の内。
これも1か月くらい前だけど、用事で東京に来た母と半日過ごす。
d0000135_1091288.jpg

まずは大丸に入ってるイノダコーヒでちょっとお茶。

しばらく用事をして、オアゾの神戸屋レストランへ。
d0000135_1010973.jpg

(丸の内に行ってもいつも丸の内らしくないところばかりに入ってる気がしますが・・)
d0000135_1011247.jpg

でも神戸屋レストラン大好き。盛り付けもいつもきれいで参考になるし、パンもおいしい。

またいくつか用事を済ませ、丸の内を歩く。
d0000135_10114161.jpg

ここも、もう1か月もしたらイルミネーションで彩られるんでしょうね~

初めて前を通った、ブリックスクエア。エシレバターの専門店は行列の大繁盛でした。100%エシレを使ったサブレとか、たまんないんだろうなあ~
d0000135_10181465.jpg

ブリックスクエア、なかなか素敵な雰囲気。今度ゆっくりきてみたい
d0000135_10194188.jpg

ほんとに東京駅の旧駅舎が使われてるらしい
d0000135_10214051.jpg

この感じ、懐かしい。そういえば新しい駅舎もだんだんと出来上がってきましたね。

母がわかしおに乗るのに、東京国際フォーラムのところまで歩く。(東京駅の改札入ってから延々と動く歩道で歩いていかなければならない京葉線は、東京国際フォーラムの地下から入るとちょうどいい場所なのです)

国際フォーラムの中庭にあった中途半端な感じで使いづらいカフェが神戸屋のパン屋さんとレストランに変わっていた。

ごはんミュージアムとごはんカフェがなくなってしまったのは残念!
その跡地にパリっぽいカフェができていた。
d0000135_1024183.jpg

そこで一休み。これは湯葉ではなく、キャラメルクレープです。届いた時から一番奥のが倒れてた(笑

カフェめぐりみたいな秋の一日でした。
[PR]
by brandaffodil | 2011-11-14 10:37 | 東京 - My Home Town

かまたグルメ

@蒲田。
d0000135_22422247.jpg

蒲田に来たら必ず入る、和蘭豆。
蒸し暑い日だったので、マタリアイスド。
「要る」と答えれば、生クリームとシロップを入れた状態で持ってきてくれる。

そして元祖・羽根付き餃子。
d0000135_22435538.jpg

蒲田といえばニーハオ。餃子といえばの、ニーハオです。遠くからこれを食べに来る人がいるのもうなずける。
d0000135_22452436.jpg

中は小籠包並みにジューシー。皮もちもち。
お昼のセットの炒飯もおいしかったです
d0000135_22462012.jpg


そしてシビタスのホットケーキ
d0000135_22471856.jpg

いちごのクープ付きセット
d0000135_22474852.jpg


「週末にちょっと買い物」という時には蒲田に出る、という環境で育ち、その半径5km圏内から初めて出たのは3年前、今の家に移り住んだ時である。
久しぶりに戻ると、やっぱりガラの良い町ではないなーと思う。
そこが落ち着けるんだけど。

でも、いつも寄っていた肉屋さんがなくなり、好きなパン屋さんがなくなり、大昔からやっていた乾物屋さんがなくなり・・・だんだん、来る理由が一つずつ減ってきている。

移り変わっていくのはどうしようもない自然なことだけど、好きな食べ物屋さんがなるべくそのままであってくれるといいなあ。
[PR]
by brandaffodil | 2011-06-29 22:58 | 東京 - My Home Town

孤高の

高いところから失礼・・
d0000135_17332977.jpg

む!あそこに一人、たたずんでおられるのは
d0000135_17335550.jpg

「オレ様は群れずともやっていけるのだ!!」

ほんとに、周りに高い建物がほとんどないんだなあ。
よけいに高さが目立つ。


「正直いうと、風当たりが強くて少々寒いのだ・・」


だろうね。
[PR]
by brandaffodil | 2011-01-18 17:35 | 東京 - My Home Town

懐かしい街で夕暮れを

眼科に行くので、一人暮らし時代に5年住んでいた街に行った
(この眼科にはもう20年以上通っているのだ!)
d0000135_19444222.jpg

なんとはなしに、年の瀬には行っておきたいと思うこの街。
昔ながらの商店街が、年末の買出しでごった返すのとか、神社にともる提灯のあかりなんかが見たくなる。

More
[PR]
by brandaffodil | 2010-12-31 20:03 | 東京 - My Home Town

東京の不思議

東京って、真ん中に行けば行くほど意外と緑があって
また、忘れ物のように、古びれた町角が残っていたりする。

赤坂から乃木坂を歩いていて、そんな風景にいくつも出会い、
不思議な気持ちになった。

d0000135_15565714.jpg

そして今度はまっすぐ最短距離でたどり着いた、ミッドタウン裏。
d0000135_15575653.jpg

金色の 小さき鳥のかたちして
  銀杏ほとんど散ったなり 都心の丘に (与謝野bran子)
d0000135_15582726.jpg

[PR]
by brandaffodil | 2010-12-09 15:59 | 東京 - My Home Town

窓際で

d0000135_19134012.jpg

車通りも人通りも多い交差点を見下ろし、優雅にコーヒー。
陽のあたる窓際はぽかぽかとあたたかいけど、外は風が冷たくなってきた。

町はどことなく気忙しくて、ふと、今年もあと2ヶ月なんだなあと思う。
[PR]
by brandaffodil | 2010-11-09 19:18 | 東京 - My Home Town

夕闇にたたずむ

d0000135_8234455.jpg

まだ自ら光るすべを持たない彼女は、闇が落ちると一人ひっそり、なりを潜める。

展望台の内装工事か、いくつかの点の光だけが浮かぶ。
暗がりの猫の目のよう。
その目で、今の東京の姿をじっと見渡しているのだろうか。
[PR]
by brandaffodil | 2010-11-03 08:28 | 東京 - My Home Town