<   2005年 08月 ( 24 )   > この月の画像一覧

きれいなもの パリ編

「市(City)」というものはここから始まったと言われる、パリ、セーヌ川の中洲、シテ島。(CiteはCityの語源とも言われる)
ここに、かの有名なノートルダム寺院があります。この内部のステンドグラスも
規模が大きくて見事なのですが(↓「バラの窓」と呼ばれる大窓です)
d0000135_21501799.jpg

ステンドグラスだけで言えば、こちらの方が圧巻。王家の礼拝堂であったサントシャペル。
d0000135_21183422.jpg

ノートルダム寺院から少し歩いたところにある、コンシェルジュリ。
ここは、マリー・アントワネットが革命で捕らえられ、処刑されるまでの数ヶ月過ごしたと言われる牢獄で、裁判所と同じ敷地内にあります。
そして写真のサントシャペルは、同じくこの敷地内にある、王家の礼拝堂であった場所です。
壁の部分がほとんどなく、ステンドグラスに埋め尽くされた窓がずらりと並んでいます。
全方向から外光が入るので、いろんな色に染まった光がキラキラと降り注ぎます。
d0000135_21274855.jpg

しかしこの美しさとは対象に、すぐ隣にある監獄はなんとな~く薄暗く、マリー・アントワネットがいた独房なども一部分残されているのですが、なんとも生々しいです。ここに入った何千という人たちが、断頭台に消えていったのです。その名前のリストには、私でも知っているような(byベルばら)有名な革命家たちの名前もありました。ロベスピエールとか。
与えられた部屋もやっぱりお金と地位で、お金のない平民は草の敷かれた共同部屋(?)にざこ寝だったそうです。そういう牢も再現されており、おお、死ぬまで身分にしばられるなんて・・と息苦しくなるような思いでした。
そんな牢獄のすぐ隣でこの礼拝堂は輝いているのです。
歴史の暗い部分の名残や血生臭い遺物をパリでは散々見るので、きれいなものの多い街ではあるものの、ちょっと重たい気分になることも多いです。

さて、きれいなものに話を戻して。またまたピアスです。
右は、今回のプラハとパリの旅の最後に、同行の友達が「案内してくれたお礼に」とくれたもの。
左は、だいぶ前に別の友達がお土産にくれて長いこと愛用しているもの。
奇しくも、どちらもパリの同じメーカーで買ってくれたものです。
d0000135_2249358.jpg

どことなく、右のはバラの窓を思わせるし、左のも、陽光を湛えたステンドグラスのかけらのよう。
旅の思い出と結びつく宝物です。
[PR]
by brandaffodil | 2005-08-30 22:54 |

もらってきたもので・・

昨日の大原ランチの品々、残ったものをもらってきて再利用のブランチです。
d0000135_19442780.jpg

コロッケをコッペパンに挟みコロッケサンドに。五目豆もココット皿に入れて見た目を洋風に。
コロッケパンって本当においしい。惣菜パンは全般的に好き。
昔ながらのパン屋さんにあるポテトサラダのサンドイッチとか、バターピーナツパンとか、
パンがおいしいとまた余計においしいんですよね。

この土日、近くの小さな神社で盛大に盆踊り大会が行われてました。
夏の終わりの恒例行事。
夕暮れ時、階段に沿って吊るされた提灯に灯りが点っているのとか、遠ざかってもなお微かに聞こえる祭囃子とか、路地を歩いている時に流れてくる蚊取り線香の匂いとか。
夏が過ぎていくのが寂しくてキュンとなる。

夏のいいところは、人と人の距離が近くなるところかもしれないと思う。

窓を開けている家の声が漏れてくる。
夜、庭でバーベキューをする人たちの声が聞こえる。(私の住んでるところは高級住宅地。)
花火をする子供たちの声。
夏祭りの日はみんな楽しげに、遅くまで出歩いている。
なんだか人の気配を近くに感じる嬉しさ。

他の季節にはない親しげな顔を町全体が見せている。
そんな夏が、終わっていくのが寂しい。
「祭りのあと」とはよく言ったものですね。
[PR]
by brandaffodil | 2005-08-28 20:03 | 家ごはん

火星?

d0000135_22503471.jpg

いえいえ
d0000135_22514739.jpg

またまた母のチーズケーキです。

夏の光をたっぷり浴びて熟しきったスイカは真っ赤で、甘い。植えてから7年目の昨年からようやく採れるようになったぶどう(キャンベル)と8年目の今年はじめてなった梨は、甘みは今一歩のようですが、冷やして食べると残暑厳しい午後にはとてもおいしい。
d0000135_22565637.jpg

ランチは一口サイズで食べやすい定番カニクリームコロッケとトマトソースの魚介スパゲティ。
d0000135_22581432.jpg
d0000135_22584145.jpg
夕暮れには、ひぐらしの声で秋がそこまで来ていることを感じます。
またまた食べ物のおいしい季節の到来!
[PR]
by brandaffodil | 2005-08-27 23:06 | 大原LIFE

タイ風一家

台風一過、と書こうとして変換したらこうなった・・
私がタイ風しゃぶしゃぶが好きなことをPCは知っています。

台風11号は超大型でしたね。大原(千葉県外房)のほうでも風速38mだったとか!
一晩中すごい轟音を伴った暴風雨に見舞われ、庭の多くの作物がダメになってしまったそうです。
東京中心部を直撃したのは真夜中だったので、交通機関への影響はそれほど出なかったようですが。

台風が過ぎた後の暑さはちょっと尋常ではありません。この週末もかなり暑くなるようです。

d0000135_014295.jpg

今日は洋風おかずで。
トマトとナスのふんわり卵炒め(聞こえはやさしいけど、実はにんにくがとても効いています)と、ポテトとねぎのグラタン。でもやっぱり納豆付き。

しかし、料理の写真、きれいじゃないな~。
デジカメの撮り方もあるんだろうけど、やっぱり盛り付けとか、料理自体がきれいじゃない。

やっぱりその点、お店の料理はきれい。
To The Herbs東銀座店の「10種類のミネラル野菜のサラダ」。見た目もきれいだし、
ドレッシングもさっぱりビネガー風味でおいしかったです。
d0000135_0214835.jpg

要勉強!!
[PR]
by brandaffodil | 2005-08-27 00:21 | 家ごはん

シリーズ・こりゃ愛のプラハ 旅のお食事編

プラハの印象がすこぶる良いのは、泊まったホテルがすごく良かったということも
大きな要因です。
d0000135_061072.jpg

ヨーロッパのツーリストクラスのホテルでは、コンチネンタルタイプの朝食(ごく簡単な、
トーストとシリアルとコーヒー程度のもの)が付いていることが多いですが、
泊まったホテルの朝食ビュッフェは豪華でした。
日替わりスープから、保温器付きの料理までズラリ。
パンやシリアルやヨーグルトの種類も豊富!
写真のスープは、ブロッコリ。翌日はビーフでした。
朝からプラハハムもいただきました。

ホテルのレストランを含め、観光スポットにあるレストランは、イタリアンなどが多く、
郷土料理を売りにする店はあまり見かけなかった気がします。
私たちが食べたものは、こんなランチや、(プラハ城付近のホテルのテラスレストランにて)
d0000135_0113253.jpg

夕食も、イタリアン。ワインにも、プラハのビール・ピルスナーにも相性よし。
(旧市庁舎広場付近のホテル・レストランにて)
d0000135_0133542.jpg

↑ここでは、私の大好きなホワイトアスパラのグリルもいただきました。
大きくて柔らかくて、ビネガーの効いたフレンチ風の味付けもとても良かった。
日本でも最近、だいぶメジャーになってきましたよね。缶詰でないホワイトアスパラ。

繁華街では、セレクトショップの中にあるカフェでお茶したりもしましたが
内装も器もおしゃれだったりして、全体的に清潔で好印象でした。
[PR]
by brandaffodil | 2005-08-25 00:20 |

大原の海の幸

d0000135_23321412.jpg

大原は、言うまでもなく海の幸が豊富。
大原漁港は実は伊勢えびの漁獲高が全国一。すぐ隣の勝浦も全国的に有名ですね。

そんな場所柄、地のものを豊富に扱う魚屋さんやおすし屋さんが多いです。

私の家族が大好きなおすし屋さんは、「月の沙漠」で有名な御宿にあります。
夏休み中は、海水浴客やリゾートマンションに来ている人たちなどで、町は夜まで
大変な賑わい。
やっぱり海の町は、活気のある夏がいいです。
d0000135_23414470.jpg

素材がいいので、揚げ物、焼きもの、煮物、なんでもおいしいんです・・
[PR]
by brandaffodil | 2005-08-23 23:42 | 大原LIFE

シリーズ・INSIDEプラハ 交通機関:番外編

d0000135_220193.jpg

日本には乗り入れていない、チェコ航空。
プラハ ルズィニエ国際空港にて、エール・フランス機の窓から激写!

そして、忘れることのできないある「乗り物」について、まだ書いていませんでした。

恐怖の高速エスカレーターです。
永田町のエスカレーターくらいの長さがあるにも関わらず、ものすごいスピードなのです。
どこの駅でも、というわけではないのですが、ある駅のは超高速で驚いた。
結構な高さから猛スピードかつガタガタと揺れながら降りるエスカレーターに乗ったときは
足がすくみました。下を見ないように、上(後ろ)を向いて降りました・・
d0000135_22131826.jpg

世界には、びっくりするようなものが地味にひっそり存在しているものです。
[PR]
by brandaffodil | 2005-08-22 22:04 |

シリーズ・プラハNOW 交通機関編

プラハの中心街は、移動がとても簡単。
本当の中心の部分だけなら歩いてでも十分1、2日で回れるくらいの小さなエリアなのですが、市街を路面電車(トラム)と3本の地下鉄がくまなくカバーしていて、上手く使いこなせばラク~に観光ができます。
d0000135_11375653.jpg

↑トラム。泊まったホテルの最寄の停留所から。ホテルはちょっと中心から外れた場所で、遠くにお城が見えています。着いた日は雨。7月なのに寒かった・・

トラムはかなり多くの路線が走っていて、路線番号は20数番までありました。メジャーな路線は2、3分間隔でやってくるので便利。したがって、こんな架線が町中を網羅。
d0000135_11425719.jpg

夜中走っているものは50番台の番号がついています。そう、かなり遅い時間まで走っているのです。

そして、3本の地下鉄がさらにサポート。A線、B線、C線の3本しかないので分かりやすい。
それぞれ赤・緑・黄色に色分けされ、乗り換え表示なども分かりやすくなっています。
d0000135_1149561.jpg

駅もおしゃれ。構内もとってもきれいでびっくりです。スタロムニェストカー駅。
d0000135_1150398.jpg

d0000135_11505286.jpg

ナーロドニー・ツチーダ駅。
d0000135_1151449.jpg

マロストランスカー駅。
d0000135_11512246.jpg

ミュージアム、と書いてムゼウムと読む。
d0000135_1152457.jpg

この駅から地上に出ると、真上に(この写真では正面にある建物)国立博物館(ムゼウム)があります。
d0000135_11585435.jpg


これらの地下鉄とトラムは同じ切符で、時間制限内乗換え放題。(切符の金額により、制限が異なります)とても便利でした。
しかし、後でガイドブックを見たらよくあることらしいのですが、トラムは路面工事のたびに路線を勝手に変更して走るらしく、30分くらい待っても、乗りたい路線がやってこないということが数回ありました。停留所に貼ってあるこの黄色い紙が、どうもそれを伝えてるらしいです。見てもよくわかんなかったけど。
d0000135_11562615.jpg
長くなりごめんなさい。最後までお付き合いありがとうございました!
[PR]
by brandaffodil | 2005-08-21 11:30 |

残暑厳しい休日には

そして昼ごはん。
d0000135_224292.jpg

五目そうめんにしたかったけど、具になりそうなものが何もなかったので、
焼きナスにおろししょうが、枝豆などを無理やり乗せてみました。
まだまだあつ~い夏の昼にはちょうど良い感じでした。

そして3時のおやつ。先日焼いたマフィンと、ジンジャーミルクティー。
d0000135_2283515.jpg

しょうがと砂糖を同量の水で煮込んで作ったジンジャーシロップと、シナモンを
ミルクティーに入れたものです。スパイシーでなかなかおいしい!
今日は(一歩も外に出ていないのでよくわからないけど)風が強かったみたいですね。
部屋の中にいると、木漏れ日が絶えず激しく揺らめいていて、部屋が暗くなったり明るくなったりを繰り返していました。

そして夕飯。
d0000135_22102092.jpg

豚肉のタマネギ巻き甘辛煮、いんげんの胡麻和え、鮭、納豆、ご飯。

デザートは父の作ったメロン。まだちょっと固い・・
d0000135_22121184.jpg

珍しく一日家にいると、なんだか食べてばっかり。作ってる時間と食べてる時間で一日があっという間に過ぎてしまう。
まあ外に出てても大して変わらないんですが・・
[PR]
by brandaffodil | 2005-08-20 22:14 | 家ごはん

くるみとブルーベリーのワッフル

合羽橋が好きです。調理器具の卸売り店がずらりとならぶ町。
2年ほど前に合羽橋で購入したワッフルメーカーで、今日のブランチを。
d0000135_11134074.jpg

くるみワッフルとブルーベリーのワッフルです。
焼き立てにバターをたっぷり。
そして、くるみの方には、メープルシロップとチョコレートソース。
ブルーベリーの方には、これでもかのブルーベリージャムとプラムのジャム。
誰だ誰だいつも痩せたいと唸っているのは!

サラダに色気がなかったのでソーセージを細かい輪切りにしてオーブンで焙り
トッピングして粗挽き黒こしょうをたっぷり掛けたら、ちょっと雰囲気変わってなかなかよし。

d0000135_11175044.jpg
これが、そのワッフルメーカー。だいぶ安くしてもらって6,000円くらいした舶来物です。

焼けたところ。
d0000135_11192658.jpg

しっかり余熱をしておけば、1分で焼き上がります。
焼いてるときに流れてくるバターの香り。たまらんのですこれが。
[PR]
by brandaffodil | 2005-08-20 11:20 | 週末ごはん&ブランチ