<   2006年 01月 ( 20 )   > この月の画像一覧

茶碗蒸し

洋風一品ものの夕食はどうも体に合わないらしく、昨日はオムライスを食べてから
気持ちが悪くなってしまった。。(ヘタだったってことか。)

今日はご飯と普通のおかずが良いなあと思ってたところ、蓋付きの可愛い器をもらったことを
思い出し、茶碗蒸しに初挑戦。
なんとなく難しそうなイメージがあって、今まで作ったことなかったんですが、職場のお姉さまが「簡単よ~」とその場で教えてくれたので早速やってみました。

d0000135_23471073.jpg卵とだし汁をほぼ1:1の割合に合わせ、
塩と薄口しょうゆで味付け。
エビ、かまぼこ、銀杏、しいたけなど
好きな具を入れる。
10~12分蒸す。
できました~!

「す」は入るわ、卵豆腐みたいな部分と澄んだ透明の汁とが激しく分離するわ。。
要研究です。
でもおいしかった!

d0000135_23501489.jpg茶碗蒸しがさっぱり系なので、メインはトマトソースのポテトグラタン。
タマネギのみじん切りを炒め、ひき肉があったので加えて炒めて、カットトマト缶(トマトが角切りになって入ってるので切る手間が省けて好き)を合わせ、塩コショウ、好きなハーブ、しょうゆ少々で味付け。



じゃがいもを1cm幅くらいに輪切りにし、レンジに3分ほど掛けて、耐熱皿に入れて
トマトソースを掛け、溶けるチーズを上に載せて300℃グリルで焼いたものです。
15分くらい焼いちゃったらちょっと焼き過ぎで硬くなっちゃいました。
もうちょっと短めに焼いたらおいしかったな。
[PR]
by brandaffodil | 2006-01-31 23:56 | 家ごはん

白菜のエビ風味 炒め煮

今日は私がなんだか風邪をぶり返したみたいで、手抜きです。オムライス。
d0000135_2221666.jpg

d0000135_22272034.jpg
私は、デミグラスソースが好きでなく、チキンも食べれない、
バターライスが苦手、ときてるので、わたし用のは、バターを使わず、チキンの代わりに合挽き肉少々でコクを出しました。
ゴマ油とポン酢を掛けた
和風サラダとスープでさっぱりと。


昨晩はメインになるものが豚のしょうが焼きしかなく、どう考えても足りないと思い、
もう一品何か、と考えて、細木数子の白菜の炒め煮を作ろうと思ったんですが
何かアクセントになるものないかな?と考えたところ、エビがあった!
d0000135_22394869.jpg
熱したフライパンに、ごま油とサラダ油を半分半分入れて、
ショウガの薄切りとエビの殻を炒めて香りを油に移し、
殻は取り出して、白菜と何等分かに切ったエビの身を加えて炒め、
砂糖少々、酒、みりん、しょうゆ、塩コショウであっさり味付けしてみたところ、
すんご~~~いおいしかったんです。これはおススメです!!
[PR]
by brandaffodil | 2006-01-30 22:40 | 家ごはん

うれしいプレゼント

友人から嬉しいプレゼントが届きました。
d0000135_17204346.jpg

サロンエプロンと、鍋つかみと鍋敷きです。
鍋敷きはぜんぶ焦がして(?)しまってすっごく欲しかったし、エプロンはこういう、腰から下だけのタイプが好きなので、とても嬉しい贈り物です。
素敵な蝶々の形のカードも添えられてます。

d0000135_1724266.jpgエプロンは私の好きなベージュの無地。
でも、ポケットの中と、プリーツの内側は、鍋敷き&ミトンと共布でひそかにお揃い。
技アリ!おっしゃれ~d0000135_17242972.jpg









本当に、このたび、たくさんの方から温かい言葉や贈り物をいただいたり、古い友人たちが集まってくれたり、改めて、みなさんの心のあたたかさにじんと来て、また、驚いています。
私はみんなに対して、こんな風にしてきただろうか?
いや、絶対にしていない。。。 自分を恥じています。こんなにうれしいものなんだ。
みなさん、本当にありがとう!

今日のブランチ(ブランチ、じゃないな、昼も過ぎていたから、ンチとディナーで、ラナー?)は、コロッケパンと、スープと、キウイ乗っけのヨーグルト。d0000135_17324069.jpgこの街では見つけました!
いかにも家族経営の、昔ながらのパン屋さん。
①普通の一軒家の玄関先でやっているような、
②狭い店内に素朴なパンがいっぱい並んでて、
③焼きそばパンとかスパゲティーが入ってるパンとか惣菜パンが充実してて、
④オレンジ色や黄色の鮮やかなトレー、
⑤掴むところが花形にぎざぎざにカットされたトング、
⑥ちょっとした駄菓子とかカレールウとかが売ってて、
⑦レジのところに、一部が焦げたのとか形が崩れた失敗作が50円くらいで売られていて、
⑧自家製のバターピーナッツや苺ジャムやマーマレードがちっちゃなパックに入れられて100円くらいで売られていて、
⑨クリームパンとポテトサラダサンドがおいしい、
・・というようなお店が好きなんです。
大体、どこの町にもありますよね?
早速、新らしく引っ越してきたこの街で、見つけました。
常連になります。

d0000135_17485252.jpgスープはソーセージとセロリとにんじんとシメジ。
火を切る直前にトマトの角切りと掻き卵を入れてみました。

スープはおいしいし、野菜をたっぷり入れれば栄養も取れるし、もっと
いろいろ作りたいけど、いつも同じようなのしかできないので、
Exciteブログの「今週のピックアップ・ブロガー」に選ばれていた
美味しくってきれいになる♪スープカフェ」を見て勉強しよう!と思っています。

何かお勧めのスープがあったら教えてください。
[PR]
by brandaffodil | 2006-01-29 17:25 | 家ごはん

看病なべ

とうとう、今度はダンナさんが熱を出してしまいました。
風邪を引きそうなギリギリのところで、1、2週間持ちこたえていたようですが、買出しの途中で「あれ、なんかおかしい」と・・
家に帰って計ったら8度3分。早く言え~ぃ!嫌がる夫を布団に縛り付けます。

d0000135_164220.jpg胃腸には来ていないようだったので、予定通り鶏だんご鍋に。

お餅がたくさんあったので巾着は買わず、油抜きして半分に切った油揚げにお餅を入れて楊枝で留めて入れてみました。
デカすぎです。。
鍋の半分を揚げが占めてます。

もち巾着、大好き。

これを鍋に入れるとおいしい!というお気に入りの具があったらぜひ教えてくださいませ。


d0000135_1691890.jpg
白味噌を少し入れて甘みを追加して
やさしいお味を演出。
薄味でちょっと物足りない分は、
愛媛・香川の物産店で買った柚子こしょうをアクセントにして
ごまかした。

d0000135_16165717.jpg
鍋のつゆを漉してご飯を入れたら、鶏とタラと野菜のだしを吸い込んで、おいしいおじやになってくれました。

ダンナさんの熱は、ゆっくりしていたら、あっという間に下がってしまいました。
インフルエンザでなくて、
良かった、良かった。
[PR]
by brandaffodil | 2006-01-28 23:00 | 家ごはん

イタリアンと爆笑の夕べ

d0000135_2212241.jpg
イタリアンの山田宏巳シェフの店、リストランテ・ヒロの味を気軽に食べられるバール風の店、ヒロ プリモが東京駅の一角にあり、一度食べてみたいと思いつついつも通り過ぎていたのですが、久しぶりの友達との食事会で、ついに入店。
最近あちこちの駅で開発が進むいわゆる「エキナカ」のお店です。
東京駅の「キッチンストリート」という八重洲北口にあるそのエリアは、片岡シェフのアルポルト、本格ナポリピザのピッツェリア「ダ・チーボ」など、そうそうたる有名店の味を気軽に楽しめる簡易店舗が軒を連ねています。
d0000135_15284978.jpg店内は狭いですが、シックな内装でおしゃれ。レストランというより、仕事帰りのおしゃれな
モテリーマン、OLが軽く飲みつつおいしいものを少しつまむ、といった感じで、あまり落ち着ける雰囲気ではありません。

しっかーし!味はさいっこーでした。有名店ってやっぱりちゃんとおいしいんだ、と納得。


パスタは3人で四皿食べましたが(あれ?数が・・)私が食べたミートソースはソースはあっさりでごつごつの大きい肉がゴロゴロ入ったボリューム系で◎、結構からいアラビアータはさっぱりしているけどどこかにコクがあり、冬野菜のオリーブオイルソースも、おいしくてびっくり。
さすがカリスマのプロの味。

前菜のタコのカルパッチョ・サラダとエビとタケノコのフリットもおいしかった。
一人一皿ずつパスタを食べて、あまりにもおいしいので、デザートの説明を一通り聞いた後で「じゃ、手長エビのスパゲッティーを」と、オーダー。一番上の画像です。
細目の麺にあっさりしたトマトクリームが絡み、ぜつみょーーー。

チアリーダー部時代の面々と久々の集合だったのですが、相変わらず、食べる食べる。
私が目立たなくてうれしい。他の友達とじゃこうはいかない。
この後さらに一名遅れて参加で、ピッツェリア・ダチーボに移動。
普通にマルゲリータのピザとデザートを平らげる始末。
チアリーダー部の同期メンバーの近況などいろいろ聞き、爆笑の連続。
ひさびさに、お腹がよじれるほど食べた笑った、楽しい嬉しい夜でした。
[PR]
by brandaffodil | 2006-01-27 23:40 | そとごはん

そして自分ちご飯に戻った

いっきに地味ごはん。
d0000135_23244375.jpg

本日の夕飯は。さといもと豚肉の煮物、大原でもらって来たヒラメをソテーしてガーリックバターソースで、&小松菜の胡麻和え。
すりゴマって悪くなりますか?和えてみたら、なんだかネバネバした感じ・・・ちょっと香りも変に強い気が・・まあ気にしない~っと。たくさん食べたけど今のところ体調に変化なし。

昨日のごはん。
d0000135_23322769.jpgd0000135_23324879.jpg


茹でたさつまいもとにんじんとお湯で戻したレーズンをマヨネーズとヨーグルトとはちみつで合えたサラダ、初の試みの厚揚げとキャベツをだし汁・しょうゆ・みりん・酒・砂糖であっさり味付けした煮物。

d0000135_2338580.jpg同じく大原でもらってきたヒラメの上に味噌とマヨネーズを混ぜて載せ、ホイルで巻いてトースターで焼いたもの。
時間を掛けて焼き、途中でホイルを開けたり閉めたりしてちょっと焦げ目を付けてみた。

ゆっくり焼いたのでふっくらしていておいしかった。銀杏を添えて。
[PR]
by brandaffodil | 2006-01-26 23:38 | 家ごはん

大原ごはんの数々

風邪を引いて寝込んでいたとはいえ、その間いろんなものをご馳走になり、通常通り
普通に平らげておりました。
ハンバーグ、さわらのお刺身・・
d0000135_22594554.jpgd0000135_2301682.jpg


d0000135_2334070.jpgてんぷら・・

イカとワカメとウドの酢味噌和え、あずきムース・・
d0000135_2372590.jpg
d0000135_2383386.jpg


d0000135_2310187.jpgこれは牛ロースの薄切りでそれぞれ焼きなすとアスパラを巻いたもの。
茄子は焼いておいて縦6等分、アスパラはさっと茹でておき、にんにくの摩り下ろし・パセリのみじん切り・EXバージンオリーブオイルに付けておき、それを塩コショウした牛肉で巻いて、フライパンで焼き、生クリームとカレー粉を加え、和えたもの。激ウマです!!



おかげで栄養バッチリ、完治です。
[PR]
by brandaffodil | 2006-01-26 23:15 | 大原LIFE

厳冬

d0000135_23465457.jpg

今年の冬は寒いですね~。。
明日は更に、この冬いちばんの冷え込みになるとか・・・
東京も夜には雪の可能性があるそうです。
あえてさむ~い画像を。
冬の東海道新幹線が必ず徐行運転して遅れの原因となる、米原のあたりです。
かなり上手くさむそーーーに撮れてると思いませんか??

今日は手抜き夕飯だったので画像はありません。。(焼きそば。しかしウマかった!)

今日、会社帰りにスーパーに寄ったのですが、空気がキンキンに冷えた夜の闇に浮かび上がる店先の電灯のやたらな明るさや、積まれたみかんのオレンジ色の鮮やかさ、出店の焼き芋の匂いが、遠い記憶のワンシーンを呼び起こしました。
まだ、ものごころ付いたか付かないかの頃の記憶だと思います。
母に連れられて行った、夕方の商店街の、八百屋さんの店先の風景と重なりました。
空気の冷たさ、匂い、音、そういうものが昔の記憶の中のワンシーンとちょうど一致して、一瞬タイムスリップしたような変な感覚でした。

あまりの寒さに、風邪やインフルエンザがはやっているようです。
皆様、お大事に・・・ 温かくして十分お休みください。
[PR]
by brandaffodil | 2006-01-19 23:49 | 日々のこと

3分でごはん

昔、「玄関開けたら2分でご飯」というキャッチフレーズの白飯がありましたが
圧力鍋だと、高圧3分で炊けちゃいます!!
d0000135_2253346.jpg

圧力鍋を使えたのが嬉しくて、今日はごはん炊いちゃいました。
程よくおこげも出来て、気のせいか、電気釜よりお米がツヤツヤに炊き上がりました~
炊飯器で炊くのと同じように米と水を1:1の割合で鍋に入れ、時間を置き、火に掛けて蒸気が出始めてから弱火で3分、火を止めて10分蒸らすだけ。d0000135_22552085.jpg
朝、炊飯器のタイマーを掛けていくのを忘れてしまっても、これからは大丈夫。帰ってからで十分間に合います。
父の白菜漬けと一緒に。おいしいご飯とおいしい漬物、いくらでも食べられてしまいます。。

d0000135_2315889.jpg
      

  先週末、実家から送られてきた荷物は、野菜の高いこの冬にあって嬉しいものだらけだったのですが、中でも立派な白菜はものすごく嬉しい。

白菜の季節には、毎年何度もやっているちょっと変わった鍋。TVの料理番組でやっていたのを母が見ていて教えてくれたのですが、ものすごく気に入ってしまって、冬にはしょっちゅうやっています。
d0000135_2311752.jpg

一見、白菜だけに見えますよね。底に豚バラ肉が隠れているんです。
土鍋にサラダ油を引き、しょうがの千切りを軽く炒めます。
そこに豚ばら肉を入れて完全に色が変わるまでよく炒めます。
完全に炒まったら、ざくざくに切った白菜をたくさん入れて、上から塩少々、酒大さじ2を
回しかけ、かき混ぜずに蓋をして10分蒸します。
すると、あら不思議、水を入れていないのに、白菜は自らの水分でしんなりと蒸しあがっています。d0000135_2391344.jpg
これを「黄身おろし」(卵の黄身だけを大根おろしに和えたもの。大根おろしがとてもまろやかになります)を入れたポン酢で食べます。
白菜がこんなにおいしかったのか、とびっくりすること間違いなし。
そして、びっくりするほどたくさん食べられてしまいます。
大量に入れても、かなりしんなりするので実際、かさはだいぶ減ります。

ここのところ淡白な画像が続いたので、最後にスイーツを。
d0000135_23185814.jpg
d0000135_23191317.jpg






  

神戸の御影(みかげ)という街にある、有名なケーキ屋さん「高杉」のケーキです。
うわさを聞いて、神戸に行った時に寄ってみました。そう広くない店内はお客さんでいっぱい。
左はピスタチオのケーキ、右はバナナとチョコレートのケーキ。
御影は六甲山の麓にある住宅地で、目だって賑やかな街ではないのですが、雰囲気的には代官山みたいな感じで、住宅の合間に、おしゃれなケーキ屋さんが点在しています。
その中でもこのお店は有名らしいのですが、見た目はこのようにものすごくきれいだったものの、味は・・・う~ん、普通でした。
特筆すべきは、そのビッグサイズぶり。
東京で普通に食べるケーキの倍はありました。やっぱり物価は少し安いのかな??
お土産の焼き菓子は別のお店、セセシオンで購入しましたが、味・見た目ともにGood。
ほかに、駅のすぐ前にあるアンプレションというお店も有名で、おしゃれな佇まいでした。

この街で、「六甲おろし」を初体験しました。
六甲山からダイレクトに降りてくる、氷のような風!
ケーキのおいしさより、風の冷たさのほうが印象に残ってます。
わざわざ足を伸ばしたんですけどね。。
[PR]
by brandaffodil | 2006-01-18 22:55 | 家ごはん

冬の煮物 二種

冬野菜の代表選手を使った煮物です。
d0000135_22542350.jpg

ずっと、普通の鍋としてのみ使っていた圧力鍋を、ようやく使ってみました。

カ~ンタン!ぜんぜん、怖くない!なーんだもっと早く使ってみれば良かった!

写真のぶり大根、水2カップと酒1/3カップ、砂糖大さじ4、しょうゆカップ1/4、ショウガの薄切り一片分を合わせて、2cm厚さの半月切りにした大根1/2本と、さっと湯に通して臭みを取ったぶりのあらとを鍋に入れ、高圧で10分。
早いのなんの。長い時間煮込んでないからぶりもホクホクのやわらかさ。

d0000135_22143185.jpg

そしてこれは、細木数子の番組でやっていた白菜の炒め煮。
ごま油+サラダ油で白菜を芯→葉の順に入れて炒め、だし汁、みりん、砂糖、しょうゆ、塩コショウで煮ます。
私は油にショウガの細切りを入れて香りを移し、そこに豚バラ肉を入れて炒め、その後で白菜を入れてみました。
あっさりしていて体にやさしい感じ。豚が入るとちょっとコクが出て更にいい感じ。
冬はやっぱり煮物ですね~
[PR]
by brandaffodil | 2006-01-17 22:19 | 家ごはん