<   2006年 06月 ( 39 )   > この月の画像一覧

つれづれ一週間

ぶひ~。今週はなんだか忙しかったです。

撮り食べたためた画像が溜まっており、アップが追いついてません。
もう、どういう順番で食べた撮ったか忘れてしまったのでつれづれなるままに
新婚OLの一週間を。

ムシムシ最高潮の夏日のスタミナメニュー。

d0000135_23411497.jpgニラと豚としめじの味噌炒め。

ニラ+豚の最強タッグを
味噌風味で。

ご飯が進む、食欲アップメニュー。


d0000135_2343329.jpgゴーヤとさらし玉ねぎとワカメの麺つゆ+ポン酢掛け。
たっぷりおかか乗せ。

晒し玉ねぎとゴーヤを麺つゆで食べるのは、自然食バイキングの沖縄フェアで食べたのを真似しました。

ちょっと甘めのつゆでゴーヤの苦味が緩和され、ナーイス。
血液サラサラ狙い。



d0000135_23455520.jpgいつもの場所でおべんと。
この日は海苔弁。
最近わたしのサンクチュアリも人が増えた。
目の前に、すっごいきれいな顔した細い女の子が座って、揚げ物がたっぷり入った特大サイズのコンビニ弁当を広げて、ケータイ打ちながら食べ始めた。
その瞬間、私は思った。

・・・食べ物は人を作らない。

なんだよ、似合う食べ物 逆じゃんか!
そう思った瞬間、自分のお弁当がいい食事、とちょっと思っている自分に気付き、余計にイラつく。

・・・もっと人の少ない場所を探そう。米粒を求める雀しか来ないようなとこ。


d0000135_013359.jpg今日はしっかり残業!と思った矢先、急用が入り、仕事ほっぽり緊急出動。
とりあえず事態が落ち着いて、目の前にあった和食ファミレス「藍屋」で夕飯。
メニューを見てダンナさんは「ここって高級料亭??」とびっくりしている。
一番安い単品を選ぼうとするので、せっかくだからとセット物を薦めると、「明日は昼を抜く」などと言う。

やめろーーーファミレスでそゆことゆーのわ!!!


d0000135_09762.jpg月末仕事に追われて13:30におべんと。
この時間だとさすがにデッキでお弁当食べてる人も少ない。
出張のダンナさんにも作ってあげたが、食べる暇がなかったと家まで持って帰ってきた。
何も一日持ち歩かなくても・・・
とっくに悪くなってる。
もう作らぬ。 (というか、頼まれてない)


d0000135_015596.jpg友達と人生の戦略会議。
ネイサンズのホットドックをオープンテラスにて。
うねうねポテトがうまいのだ。
刻み玉ねぎ、ザウワークラウトなど、ホットドックのトッピングが掛け放題なのが嬉しい。
NYの屋台で買って歩きながら食べた、ふにゃふにゃでコシのないパンに真っ赤なソーセージが挟まったホットドッグとそっくり。
おしゃべりのお供はアメリカンなジャンクが似合う。

この友人は太宰、私は芥川をかつて専攻していたが、昔から今に至るまで
二人の友情のあいだで切磋琢磨しあうのは常に、「笑い」。


d0000135_071725.jpg
そんなこんなで、
汐留のビルの合間に木曜の陽は落ちて。


明日は金曜日。 ・・・そして月末日。


あと一日、がんばりますか。



いつも、↓クリックありがとうございます。
人気blogランキングへ
[PR]
by brandaffodil | 2006-06-30 00:10 | 汐留LIFE

旭川ラーメン Saijo

じゃ~ん!名店のラーメン!!!
d0000135_20233266.jpg


夕飯、毎日つくってるぶってる私ですが、たまーに、ズルもします・・・

先日、どうしても作る気になれそうもなかったので、仕事まだ終わらないといってる
ダンナさんをムリに切り上げさせ、帰り際、「品達」に行きました。

割りに最近できたスポットだと思うのですが、品川駅のガード下を利用した施設。

全国に名だたるラーメンの名店が7店舗入ったラーメンゾーン、丼の名店が5店入った
丼飯ゾーン
の2つに分かれている、ちょっとしたフードテーマパークなのです。

先週の「どっちの料理ショー」で世紀のラーメン対決を繰り広げた
なんつっ亭」と「せたが屋」も入っています!
平日の夜は、これほどの名店でも数人並んでいる程度でした。

私はとんこつが苦手で醤油一辺倒。
とんこつベース以外の店からダンナさんに選んでもらいました。

旭川ラーメン Saijo(さいじょう)に決定。

d0000135_2030532.jpgいかにも屋台風の作り。
ガード下という立地を逆に生かし、小じゃれてないのがいいのです。
仕切りはビニールシートですから!!

このお店のスープは、利尻昆布のだしがベース。
「伝説の塩ラーメン」というほど「塩」が売りらしいのですが、我らはどっちも醤油で。ごめん。

d0000135_2033558.jpg





こんなの初めて食べました・・・
口に入れるとコクがあってまろやかなのに、後味はすごくスッキリ。
奥深~い、滋味深い味。
ぱっと見の色はとんこつっぽくやや白濁しているのにさっぱりしてる。
なんておいしいんだろう。スープも麺も。

どんぶりは「天然鉱石ブラックシリカ」とやらを使用、遠赤外線効果で健康面にも働きかけるそうです。
ラーメンに健康効果を期待できるとは!

いやはや、名店のラーメンはこんなにも違うもんなんですね。
ふだん感動の薄いうちのダンナさんも絶賛でした。

私は、荻窪「春木屋」に代表される いわゆる「支那そば系」と
「尾道ラーメン」一辺倒、白いスープは苦手!と一つ覚えで思ってきたけど、
みんながおいしいっていうものは、やっぱりおいしいんだなあ~。

「全店、制覇したいね~」と感動のうちに帰宅。
支那そばの「きび」という店もあるので、是非食べてみたい。
とんこつだって、名店のはおいしいんだろうな。とんこつ醤油くらいなら挑戦してみたい。


また近々足を運びたいと思います。


d0000135_20525522.jpg今日のおべんと♪


d0000135_20532033.jpg
花壇に変わった花が咲いてました・・・

なんていうんだろ。



また上がってます・・・信じられません。
ありがとうございます。
人気blogランキングへ
[PR]
by brandaffodil | 2006-06-27 20:43 | そとごはん

そーめんチャンプルー

打って変わって、週末の家ごはん。

ワンプレート・モーニング。
d0000135_21501849.jpg

いたってフツー。。
カリフラワーにカレー粉って合いますよね。ちょっと振ってみた。
ジュースは、バナナと牛乳とはちみつをミキサーに掛けたもの。


お昼。

私の大好きなブログ「貧しく楽しい一人ご飯日記」に以前出ていたそーめんチャンプルーというのがおいしそうだったので、まねっこ。

d0000135_2152764.jpg

そーめんをさっと茹で、豚肉とニラと炒り卵をあわせて、めんつゆの素で炒めただけです。
最後に、かつおぶしをたっぷり。ちょっと麺が伸び気味だったけど、簡単でおいっすぃーです。

※後ろに写っているのは、ダンナさんが最近買ったプラモ・・・
なんとかっていうアニメに出てくる戦闘機。
暇があれば撫でてますよ、最近。わっかんねーなあその感覚。



今日、19位を一瞬マーク!応援ありがとうございます。
引き続き↓クリックよろしく~
人気blogランキングへ
[PR]
by brandaffodil | 2006-06-26 21:54 | 週末ごはん&ブランチ

ウェディング余談

そうそう、書き忘れたんですけど、隠れ家ウェディングの大邸宅、
お手洗いも素敵だったんです。

d0000135_2119610.jpg
d0000135_2118336.jpg
d0000135_21185050.jpg


こんな場所でシャッター切ってる私もどうかと思いますが、つい・・・

真っ白で清潔感のある、明るい空間。
すっきりとした中に、香りのバスケットが置かれていました。


d0000135_21212777.jpgテーブルを飾っていたブーケ、帰り際、女性ゲストに配られました。
これもお友達の作なのでしょうか?
とってもかわいい、白のブーケです。

引き菓子もおいしかったです。
[PR]
by brandaffodil | 2006-06-26 21:23 | Party!!!

フレンチ・ウェディング

d0000135_18532917.jpg

隠れ家ウェディング、いよいよ本編へ!
d0000135_1854487.jpg

中へ潜入。
邸宅は、お庭からの外観はモダンなヨーロッパ風ですが、中のディテールはどことなく
和風の懐古的な様式がところどころに残っています。落ち着いた雰囲気。

d0000135_1942429.jpg

白で統一のさわやかテーブルセッティング。

お庭に向かって一面ガラス張りの窓全面から入ってくる、まだ明るい夕暮れの光が
シャンパンの泡に溶け込んで。

d0000135_19145953.jpgさて、少し陽も落ち始めた頃、新郎新婦の入場。

明るいベージュのモーニングが、新郎のソフトな雰囲気にお似合い。
新婦は素朴なかわいらしさが10年前とまったく変わらず、少し生成りの風合いを帯びた可憐なドレスがぴったり。


総勢70余名のゲストがぎっしり揃って始まったパーティは、最初から和やかムード。
新婦が一人一人の名前を手書きした席札、お友達が作ったお花や席次表の楽しい台紙、
プロだと思った流暢な司会者は新婦の従姉と先輩、と、随所にある手作り感がさらに
場を和ませます。最初から最後まで、笑いの絶えない楽しいパーティ。

さあ、ここは建物やお庭だけが売りではなく、本来は味が自慢の本格フレンチレストラン。
ちゃんと最初に、料理長からのご挨拶とメニューの説明もありました。

d0000135_19301574.jpg乾杯のシャンパン、お料理に合わせて出される白ワイン→赤ワインもシェフ自慢のセレクト。
この日の白ワインの醸造主がちょうど前日このレストランを訪れて、ワインについて語り合ったとか。

どれも深い味わいながらとても
飲みやすく、おいしくいただきました。


d0000135_19352341.jpg
d0000135_1933595.jpg


お料理はどれも繊細。一品目は赤ピーマンのペーストにホタテが浮かんだ前菜。
二品目は一番トップの画像、カニとエビのゼリー寄せ。その次に右のトリュフのポタージュ。


新郎は学生時代のサークル(旅と歴史の研究)の同期で、当時は日本中のあちこちで
共に夜更けまで語り合った懐かしい友。
新婦も同じサークルの一つ後輩。
そのため、むこう3学年の懐かしい面々が揃いました。

同期からは男子が三名来ていて、久々でいろんな話に花が咲き、楽しかった。
居酒屋や安旅館でしか一緒に飲んだことのないメンバーとフランス料理を食べるというのも
ものすごい新鮮。あまりにもたくさんあるナイフやフォークに、みんな戸惑ってた。

d0000135_19414574.jpg男子同士の会話が笑える。

「どうすかお味は」
「しょっぱいすね」

と言われてしまったパン。

確かに、塩が効いた、味のあるパンだった。

「トリュフってなんだっけ」
「鳥の内臓だよね」 爆。


d0000135_19473871.jpg

メインのお魚はカサゴのポワレ。カサゴ大好き。
珍しい、揚げたリゾットがちりばめられていて、パフパフした食感も楽しい。

d0000135_1947537.jpg

お肉のメインは
牛ステーキのフォアグラ乗せ。

これが鴨の肝臓ですね。爆。



途中、マイクが方々に回り、同僚やお友達がさまざまに新郎新婦を語り、ざっくばらんで
和やかな雰囲気で会は進みます。

すっかり陽は暮れて、ランプのほの明るい光で、隠れ家は更に雰囲気を増します。
フランスに造詣の深い新婦が選んだのであろうシャンソンも折々に場を彩り。

デザート盛り合わせもケーキもおいしい。
d0000135_19542499.jpgd0000135_1954435.jpg


盛り合わせは、不思議な食感のドーム型ベルギーチョコレート、ババロア、
ダマスクローズ(バラ)のアイス、クレームブリュレ。

バラのアイスについて
「どうすかお味は」
「石けんですねー」 爆。

トアルコトラジャというコーヒー。まろやかでおいしい。


デザートをいただいている頃、新郎の二人の弟さんのギターと歌の披露があり。
ぱっと見は似てないのに、仕草やしゃべりがすごく新郎に似ていて、ほほえましかった。


ああ、本当に楽しいパーティでした。
私もしばらく幸せな気分でいられそう。

また、懐かしい面々に会えて、昔の友達ってやっぱりいいなと思いました。


お招きありがとうございました。どうぞ末永く、お幸せに!



長いレポート、最後までお読み頂きありがとうございました。
お付き合いついでに、↓クリックしていただければ嬉しいです。
人気blogランキングへ
[PR]
by brandaffodil | 2006-06-25 19:33 | Party!!!

ため~息の~出るよな・・

梅雨まっさかりの6月の休日。
予報は「くもり」。それが、青空さえ垣間見える好天気に。
d0000135_17264787.jpg

行ってまいりました、素敵なレストラン・ウェディング。

郊外の大邸宅をそのままフレンチレストランにした老舗だそうで。
邸宅もお庭も貸切状態なので、これはハウス・ウェディングとも言えるのかも。

d0000135_17324518.jpg東京郊外の、高台の住宅地。
閑静な住宅街にひっそりと佇むお屋敷なのです。

敷地に入るまではこんな光景が広がっていて、
「道合ってるかな?」と少々不安に・・

でも、執事のようにゲストを出迎えるギャルソンが立っている格調高い入口が見えてきて、おお、着いた着いたと一安心。

(立っていたのに電車を乗り過ごす、地図を家に忘れる、等、よくあるハプニング続出で少々慌てておりました。。。)


d0000135_17433026.jpg
入口を入ると、大きな木が茂る小路があり、その先に、邸宅の入口とお庭が広がっています。

←これはブティック。
ヨーロッパの小さなデリカテッセンを思わせるような暗い照明の雰囲気あるスペースの中で、焼きたてパンやお菓子、スモークサーモンやソーセージなどオリジナルの品々が売られています。

この時点でシャッター押しまくりで怪しい人間と化したわたくし・・・


d0000135_1750633.jpg
レストランのある邸宅の玄関。

すごい格式のあるお屋敷に招かれたようでドキドキします。


ここを通り越して
砂利道を抜けると・・・


d0000135_175361.jpg

すごーいお庭が!!

眼下に広がる、下々の世界 家々。
お庭は純日本風。お茶室ふうの離れもあり、お寺のような建物もあり。
小川には錦鯉が。

d0000135_17554499.jpg

レストランのある母屋も、どこか和風の堅固さを残しつつも
ヨーロッパのリゾートハウスのようなモダンな雰囲気。

真っ白な建物に、青いアクセント。おしゃれで高級感の漂う佇まい。


ああ、、、中に入るまでにこんなに長く書いちゃいました。
続きはまた次の投稿にて。
中の様子、お料理など、お楽しみに!


今日も↓クリック、お願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by brandaffodil | 2006-06-25 17:43 | Party!!!

お出かけ準備

学生時代の男友達の結婚披露宴に行くにあたり・・・

美容室にいきました♪

担当のドイくんに「ちょっと若くして!」と頼み
いつもよりすこーし明るめの色にして(これでも)、長さも短め
かなり軽めにしてもらいました。


d0000135_1761774.jpgこんな感じ。本人初登場。
ほぼショートになっちゃいました。
あ、、どうでもいいですか。


準備ととのい、いざ参戦!!! (なんの戦いだよっ)
[PR]
by brandaffodil | 2006-06-25 17:02 | beauty

春雨サラダと中華の夕飯

こんばんは。 また週末がやってきましたね!

今日の夕飯は全体に中華風にしました。
d0000135_22303832.jpg

横浜中華街・重慶飯店のシュウマイ。
シュウマイは大好物です。
私は、ラーメンのサイドオーダーも餃子よりシュウマイ!のシュウマイ派。
崎陽軒のも好きだし、中華料理屋さんのジャンボタイプもどっちも来いだ!!

d0000135_2232318.jpg

春雨サラダ。(れれれ・・・昨日の冷やしうどんにそっくり)
トッピングはトマト、錦糸卵、椎茸の甘辛煮、きゅうり、白髪ネギ、ゴマ。

ドレッシングは、干し椎茸をもどして甘辛に煮た煮汁を利用して、そこに
酢、塩コショウ、ラー油を足して、練りゴマと炒りゴマ、ネギの小口切りを合わせました。
ちょっと甘酸っぱい感じがさわやか、練りゴマのコクが春雨に合いました。

d0000135_22383868.jpgスープも中華風。
具は冷蔵庫にあったものを適当に。
タケノコ、ワカメ、しめじ、白髪ネギ。
鶏がらスープの素と塩コショウ、しょうゆ少々。

今日も満腹。。


d0000135_22403958.jpg今日のデザートは、、
いただきものの佐藤錦~~

自分ではなかなか買えませんが
やっぱりさくらんぼはおいしい。

一度でいいから、嫌というほど
大量食いしてみたい!!

夢です。(ちっせーなぁ。。)




変わらぬ応援、ありがとうございます。 皆様 よい週末を!
人気blogランキングへ
[PR]
by brandaffodil | 2006-06-23 22:42 | 家ごはん

冷やしうどんと茶碗蒸し

今日の夕飯。
ダンナさんがお昼取ったのが夕方だったらしいので、軽めに。

d0000135_2250976.jpg

冷やし細うどんと、茶碗蒸し。

茶碗蒸しに卵使っちゃったので、うどんのトッピングに錦糸卵は無し。

かまぼこ、きゅうり、水菜、冷やしトマト、揚げ玉、カリカリじゃこ、ゴマ。
ダンナさんには鶏ささみ、私は椎茸の甘辛煮。(ダンナさんは椎茸がダメ)

蒸し暑くなってきたので、こういうものがおいしく感じられるようになりました。
いつの間にか夏至をすぎちゃってたんですね・・
これからは日に日に、日が短くなるんだ。ああ~夏よ行かないで!!(まだだって)

・・・・・・

今日ちょうど定時を過ぎた頃に、今週末に披露宴を控えた友達が
「今、仕事で汐留に来てるんだけど」と電話をくれたので、ちょこっとお茶しました。
学生時代はほんとによく語り合ったものだけど、会うのは実にもう何年かぶり。
まさか披露宴前に会えると思っていなかったので、すっごく嬉しかった。
話してると、気分は学生時代に戻ります。古い友達っていいもんですよね。



↓引き続きの応援、ありがとうございます!
人気blogランキングへ
[PR]
by brandaffodil | 2006-06-22 23:05 | 家ごはん

シュウマイ弁当

今日の潮風べんとう。

d0000135_2261941.jpg昔、一時期日本橋に通っていたことがあって、日本橋三越のデパ地下に入っていた中華料理店小洞天のテイクアウトコーナーで売っていたシウマイ弁当が大好きでした。

これは本当にシンプルなお弁当で、大き目のシウマイが6個と、ごはんと、すごくおいしいザーサイだけが入っているものでした。

今日は、そのシウマイ弁当をちょっと意識して、先週末横浜中華街で買ってきた重慶飯店のジャンボシュウマイを3つ入れました。

あとは、鰆の西京漬け(昨日3尾焼いた)、かまぼこ、カリフラワー、アスパラ、ふき豆。


最近のランチタイムのお供は、もっぱらボサノバ。
夏が近づくと、ちょっとリゾート気分のミュージックがいい。
今日は、アストラッド・ジルベルトの、やる気のな~い「イパネマの娘」や「サマー・ソング」。
脱力感が、海風が遠くから運んでくる夏の予感とシンクロするのです。

でも、アストラッドのCDのラストの曲「フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン」を聞いたら
そこからジャズに移行。
結局、コッテコテのブラス全開JAZZで盛り上がって昼休み終了。ノリノリでオフィスへ帰還。

(私のHDDウォークマン(容量20GB)には2000曲以上入っていて、常に、気分に合わせた
BGMが選べるのです。←ちょっと自慢~)



頭をからっぽにして、好きな音楽を聴いて、風に当たってぼーっとしていると、
本当の自分がどんなだったか、思い出す気がします。

こういう時間、しばらく取ってなかったな・・・


ランキングに参加しています。
よろしければ↓クリックで応援お願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by brandaffodil | 2006-06-22 22:33 | 汐留LIFE