<   2006年 10月 ( 39 )   > この月の画像一覧

鯖のごま味噌煮&かぶのおじや

げっほんげっほんジュルジュルと私がやってる時には絶対にもらってくれなかった
ダンナさんがとうとう華々しく風邪引きに。

で・・・病人食系。

d0000135_22331164.jpg

カブ入りのおじやです。だしは、帆立貝柱とたっぷりの鰹節で。
カブは実を水から煮て、茎と葉っぱもあとから混ぜ込みました。短く刻んだえのきも。
最後に、水菜を載せて卵で綴じて。

風邪の兆候は今朝突然来て、オフィスで、鼻がだーって滝のように流れ出して
物理的に継続不可能、との判断で帰ってきて自宅で仕事をしていたようです。

風邪を引いたのはかわいそうだけど、夕飯のテーマが出来るとがぜん張り切る私・・・
とにかく胃にやさしくて、栄養が摂れるようなもの。

・・・かどうかはわからないけど。
d0000135_2238463.jpg

鯖のゴマ味噌煮と、豚肉と野菜たっぷりの旨煮。

鯖のゴマ味噌煮は、実家で食べさせてもらっておいしかったので、作る前に電話して
ざざっと聞いて、うろ覚えで。忘れちゃうので今ここでメモ代わりに記録させてもらいます。

-------鯖のごま味噌煮--------
①1cmの太さに切っただし昆布を300ccの熱湯に入れておく。
②鯖は、さっとお湯にくぐらせて表面の色が変わったら、冷水に取る。
③①を鍋にかけて沸騰させ、砂糖・味噌大さじ1、みりん・酒を大さじ1と1/2、厚く皮を剥いて輪切りにしたしょうがを入れて、そこに鯖を入れ、落し蓋をして10分煮る。
④煮汁を少し別のお皿に取り、味噌大さじ1を溶かして鍋に戻し、すりゴマ大さじ2を入れて
さっと熱して出来上がり。水が出てしまわぬうちに、ここはささっと。
⑤針に切ったしょうがと、焼きネギを添えて。

※焼きネギは、本当は煮てる時に入れるのかしら・・・要確認です。
わからないので、ただ立てかけてみた。煮てる最中にはネギの青い部分も入れました。
---------------------------------

これ、すりゴマの香りがとても良くて、ゴマのおかげで煮汁が水っぽくならず
ナイスアイデア。とっても、おいしかったです。味も甘すぎず、好みでした。

鯖を煮始めたところですりゴマがないことに気付き、超ダッシュで擂る。
ぼやぼやして水っぽくなるとおいしくない煮魚はスピードが命。
そう思うと焦る慌てる・・・・まさに鯖イバル。(寒っ・・)


d0000135_2252245.jpg汐留の、地下通路の資生堂~日テレ前の
辺りに巨大な柱がいくつかあって、
一本に一社ずつ、汐留の会社が
広告を出しているんだけど、その前を
通っている時に電話する用事を
思い出したので、いつもは行かない柱の
裏側に回ってみたら、なんとドアップが!!

表側は社名とロゴだけなんだけど、
あんまり人が通らない狭い方にドアップとは、、、
彼女自身は、この扱いでオッケーなんでしょうか。


話は変わりますが。

こないだの土曜日、眼科に行ったんですけど、その帰りにあんまり喉が渇いたので
ドトールで休憩しました。
レジで私の後ろに、そうですね、70代はじめの感じかな、
ご夫婦がいらして一生懸命メニューを覗き込んでサンドイッチを選んでたんです。

で、私が席に着いてお茶を飲んでたら、そのご夫婦は通路のところの
テーブルを取ってたようなんですけど、落ち着かないらしくて、窓際のカウンター席に
移動したんです。
それが私の目の前だったのですが、カウンターの高い椅子に座ろうとしている奥様に、
ご主人がとっても優しそうに笑って、「足が着く?」って聞いたんです。

なんだかその光景がとても素敵で、いいなあと思いました。

そもそも、私たちの年代だと、このせりふに「が」は入らないですよね。
「足着く?」がスタンダードだと思います。(私だけ?)

この言葉を聞いて、ああ、本来日本語は美しいのだ、と思いました。
上品で優しそうな人が言ったせいもあるかもしれません。

きれいな言葉を話す、素敵にお年を召した人たちがいて、
そしてそんな人たちが楽しい時間を過ごせる町、過ごしやすい社会であり続けること。
そんなことも、「美しい国」の目指すべき一つの姿ではないかな、なんて ふと思いました。



そんなことを語っちゃってる今日、ハロウィン、月末日。
明日もいろいろぎっしりなので、そろそろお風呂はいって寝ます。
グーテナハト。


d0000135_23154597.jpgそういえば、先週の「沖縄フェア」から
打って変わって今週は
「ハロウィンフェア」の社員食堂で
売ってるかぼちゃの焼き菓子が
おいしくてたまらなかったので、
最終日の今日、テイクアウト。

たまにはルール破りも必要。
頑張りすぎは体を壊す。

なんつって、生クリームまで掛けてる場合かい。
演出演出!!  人気blogランキングへ
[PR]
by brandaffodil | 2006-10-31 23:50 | 家ごはん

焼きうどん&チキンスープ。。

携帯電話のナンバーポータビリティ始まりましたね。

S社が好調なものの、殺到し過ぎて対応しきれず受付停止など繰り返して問題になってます。
でも、笑いたくなかったけど、S社のCMには思わず私もダンナさんも笑ってしまいました。
キャメロン使ってるバージョンも最初は目を疑いました。えっ、どこの会社!?って

さて週の初めから手抜きでスタートです。
d0000135_21575014.jpg

風邪はだいぶ良くなったし咳も出なくなったけど、会社に行くとどうも調子悪い。
で・・・こんな単品もので。

焼きうどんに、合わないけど冷奴(豆腐の賞味期限が今日だった)、サラダ。

と、、、鶏のスープ。

d0000135_21595698.jpg

こないだの水炊きの時によけておいた鶏がらを、帰ってきてすぐに火に掛け、水からコトコト。
青ネギとにんじんも入れて弱火に掛けておいたら、食事の準備が出来るまでに勝手においしくなってくれました。
スープの素なしで、旨み十分。私は汁だけのスープで頂きました。(鶏のだしは好き)

野菜がたっぷりあると手抜きメニューもそれなりに格好つくのでありがたい。。


さて、今日は職場の先輩がハワイ旅行から帰ってきて復帰。

「一つ選んで~」と持って回ってきてくれたお土産があんまりきれいだったので失礼をば。
d0000135_2253272.jpg

クリームだそうです。ココナッツやバナナやお花の、南国ムードたっぷりな香り。
どれもかわいいしいい匂いなので迷ってしまいました~
入ってる箱もかわいい。

d0000135_2263395.jpg
パイナップルの形の、ちんすこうみたいなクッキー。

チョコレートが掛かっててウマー。

あ、私は一つだけ頂いて、一つは家にお土産にしましたよ。
他の先輩からいただいた大好きな福島銘菓「ままどおる」も、甘党のダンナさんに・・・
涙を飲んで、がんばってます。


ちなみに、私は、携帯電話は通話料が安いとこならキャリアにこだわりはなし。
、、となれば、S社のやたら※印の付いた「¥0」「無料」「定額」がどこまで
ほんとにおトクなのか、しばらく様子見することにします。
とはいえ、、、なんせLOVE定額に入るもダンナさんと一ヶ月に300円も通話しないことに
気づき解約したクチですから。。


ほなー。週の初めは早く寝ましょう~
人気blogランキングへ
[PR]
by brandaffodil | 2006-10-30 22:09 | 家ごはん

プラハを想う

小川洋子のエッセイ集を読んでいたら、プラハの取材旅行の話がいくつか出ていて、昨年行ったプラハがとっても懐かしくなった。

そういえば、昨年のプラハ・パリの旅については今回のスイスほどここで紹介しなかったな~と。

d0000135_22423099.jpg

プラハも素晴らしい町でした。
これはブルタヴァ(モルダウ)川越しに見たプラハ城。
かの有名な「モルダウ」を作曲したスメタナの博物館脇からのショット。

もともとはパリだけ行く予定だったのが、にぃにぃさんの鶴の一声でプラハ行きが実現したんでしたね。とても素敵な町との出会いになり、感謝です。   人気blogランキングへ

続きを見る
[PR]
by brandaffodil | 2006-10-29 23:10 |

牡蠣のグラタン

今日はダンナさん、深夜作業のため、ちょっと前に出勤していきました。

で、「深夜作業がんばってねディナー」です。(・・・って全然いつも通りのご飯だけど)

d0000135_226037.jpg

昨晩、牡蠣の土手鍋をやった時に少しだけよけておいた牡蠣でグラタンを。

大根の煮物。だしは乾燥の帆立貝柱と昆布で取りました。
煮物が茶色くなるのがあまり好きじゃなくて異常に薄味だけど、
父の大根そのものの良さを味わえました。
あと、ダンナさん用に鶏のチューリップのから揚げ。

d0000135_22134963.jpg

グラタンは、バターを塗った耐熱皿に牡蠣とさっと茹でたほうれん草を並べて
ホワイトソース、チーズを載せて200℃のオーブンで15分、300℃グリルで5分。
あつあつの牡蠣がプルプルでおいしかった~

牡蠣はフライしかだめというダンナさんにはポテトで。牡蠣おいしいのに・・・もったいない。

昨日は、大原の「らでぃっしゅじーや」(笑)から野菜がたくさん届いたので、鍋に。
大好きな牡蠣の土手鍋。
d0000135_22204464.jpg

鶏の水炊きでだしを取り、最後に牡蠣と味噌を入れたら不思議なことになってしまいました。
だって鶏だけだと私が楽しくないし牡蠣だけじゃダンナさんがつまらない。
まあでもお互い好きなものを味わえてよかった。

この土日は、おいしい野菜のおかげで栄養たっぷり摂れました。

d0000135_22225077.jpg

今日は鮮やかな夕焼け。

クリーニング屋さんに行ったら、例のボストンテリアくんが
「ンクー、ンクー、ンクー」と鼻を鳴らして出てきてくれました。

カウンター横の、お店の人の出入り口には、たぶん彼が出て行かないように
いつも大きな洗濯物のケースが置いてあるのですが、そこに両手をかけて
身を乗り出して「ンクー、ンクー」と私の顔を見ているので、こっちも身を乗り出して
すかさず撫で回して遊んじゃいました。二人で「ンクー、ンクー」。

可愛かった・・・
あんまり嬉しかったので、お店を出てから彼が舐めた手の匂いを嗅いだけど
無臭だった。つまらん。


さて今週は金曜日が祝日!
月末月初ですが、がんばって行きましょう。

人気blogランキングへ
[PR]
by brandaffodil | 2006-10-29 22:29 | 家ごはん

さつまいものポタージュとジャムパンのブランチ

また変わり映えのしないブランチ。

d0000135_2149044.jpg

スープはさつまいものポタージュ。甘みは何も足してないのに甘~い。

皮を剥いて輪切りにして、塩水で少々アク抜きしてから
ひたひたの水に入れて火に掛け、沸騰したらスープの素を半かけ入れて
さつまいもが柔らかくなったら煮汁ごとミキサーに掛け、滑らかにします。
鍋に戻して牛乳を足し、塩を少々入れて味を調整。
最後に生クリームを少々回し入れて出来上がり。

変わり映えのしないブランチだけど、今日は一つ新しいものが。


d0000135_2213214.jpg
d0000135_2215116.jpg


可愛い瓶に入った小さなジャム3つ。
ブルーベリーときいちごとつるこけもも。

この夏まで一緒に仕事をしていた先輩から頂いたものですが
あんまり可愛いので、もったいなくて開けられずにいました。
お菓子作りに使うとか、何か特別なときに開けようと・・

でも「つるこけもも」が食べてみたくなって、つい、なんでもないブランチに
下ろしてしまった・・・

フレッシュな甘酸っぱさがバターと絡んで、トーストがおいしくなりました。
ご馳走様です!

人気blogランキングへ
[PR]
by brandaffodil | 2006-10-29 21:59 | 週末ごはん&ブランチ

Purple in 2006

ランチタイムにM氏が、今年は「紫」と「緑」がはやっていると言っていた。

そういえば、今年わたしも紫のアクセサリーを仕入れたな、と思い出した。
といっても、もう何年も使いまわしている紫のパーティドレス、また今年も活用するのに
アクセサリーくらい変えようかな、と購入したものですが。

で、今回は、今年仕入れたお気に入りのもの特集です。
旅のお土産以外の、持ち物披露は初!です。

d0000135_21132497.jpg

ピンクゴールドの小さなわっかに、紫がかった雫型パールとパヴェダイヤが連なっている
ピアス。
私はあまり大ぶりのピアスはしないので、ふだんはなかなか使えないけど
ときどき眺めて可愛がっているお気に入りです。

d0000135_21174399.jpg

これも、この秋口に、同じ服に合わせて買ったものです。

今年に限らず秋になると紫に心惹かれます。
店頭にも紫のニットやキャミソールが出ますよね。
それに合わせてこのネックレスがディスプレイに飾ってあって、思わず購入。
これは、割りに押さえた色味・デザインなので、ジャケットやシャツの中から少し見せて
普段も使えます。

そういえば、今秋初めての仕入れも、紫のスカートでした。
紫の秋、しばし楽しみたいと思います。 人気blogランキングへ

ついでに他のものもお披露目
[PR]
by brandaffodil | 2006-10-28 21:58 | 日々のこと

キャベツとウィンナのアーリオ・オーリオ・エ・ペペロンチーノ

土曜のランチ。

キャベツとウィンナソーセージのアーリオ・オーリオ・エ・ペペロンチーノ(にんにく油と唐辛子のソース)です。

d0000135_17432916.jpg

有名イタリアン「ラ・ベットラ・ダ・オチアイ」の落合務シェフの
文庫サイズのレシピ本「落合務の美味パスタ」を読んで、
まずアーリオ・オーリオ・エ・ペペロンチーノだけは習得できた!と思う。

イタリアでは、これはもっともシンプルなパスタの食べ方なので、家でちゃちゃっと
食べる時用という感じで、お店のメニューに出ていることはないんだそう。

もっともシンプルなソースなだけに、基本に忠実に作ると、やはりとてもおいしいのです。

一番大事なのは、

☆オリーブオイルとにんにくを同時にフライパンに入れ、弱火でじっくり
にんにくを揚げるようにゆっくりと熱し、香りを十分に移すこと。

そして、

☆唐辛子は、フライパンを火から下ろしてから入れること。

☆適量の塩の入ったパスタの茹で汁(適量の塩はけっこう多くて、スープとして飲んだらちょっとしょっぱく感じる程度の濃さ)をソースに合わせて乳化させること。

☆パスタをソースに入れてからは絶対に火にかけないこと。


これを守ると、唸るようなおいしさ、お店のようにこなれた味になります。
やっぱし超人気店シェフの教えは聞くべし、なのです。

この本は文庫本サイズで価格も文庫価格。
なのにカラー写真満載で、レシピも、基本のソースから「ラ・ベットラ」の人気メニュー、
アレンジ系パスタまで、垂涎のラインナップ。
また少しずつ、新しいものにも挑戦していきたいです。

あ、言い忘れたけど、「ラ・ベットラ」には行ったことありません、私。
誰か今度いこー。早くから予約を取って。



そしてこれ↓も押そー。
人気blogランキングへ
毎度あり~
[PR]
by brandaffodil | 2006-10-28 17:58 | 週末ごはん&ブランチ

中華丼 初挑戦

今週もお疲れ様でした!

今日もダンナさん遅いってわかってたので、自分は先に済ませた後、新たに用意。
初めて中華丼を作ってみました。
d0000135_23274564.jpg

COOKPADでいくつかレシピを見て参考にし、適当に。

豚肉とエビ。
白菜や青菜がなかったので残っていたキャベツの切れ端で代用。
あとは、にんじん、たまねぎ、もやし、干し椎茸、舞茸など。
味付けは、たっぷりのしょうが、中華スープの素としょうゆ、オイスターソース少々。
水の代わりに干し椎茸の戻し汁を使い、水溶き片栗粉でとろみを付けて。

ちょっと味が濃くなっちゃった気もするけど、まあまあおいしそうでした。

ちなみに私のご飯。
d0000135_23342928.jpg

ちょっとダイエット風じゃないですか?
毎日夕飯こんな感じなのに、なんで痩せないんだろ・・・



風邪がオフィスでも大流行。お休みする人が増えています。
私はだいぶ早いころに引いてそろそろ完治・・と思ったらひどい咳が残ってしまいました。

ちょっと日常生活に支障をきたすようになってきたので、咳止めを貰いに
お医者さんに滑り込もうと慌てて会社を出たら、オフィスのすぐ外のデッキで
20代半ばくらいの女の子に「すみません」と呼び止められました。
彼女の横には心細そうな顔をした背の小さなお母さんらしき方が。

「『オペラ座の怪人』を見に行きたいんですけど・・・」と言う。
ああ、カレッタ汐留の中に中にある四季劇場に行くのですね。
「ここの遊歩道から直接入れる入口がありますよ」と行き方を説明したら
嬉しそうにお礼を言ってくれて、二人でそっちへ歩いていきました。

パーカーにジーンズ、とさっぱりした格好で背の高い女の子と、
いかにも東京に不慣れといった感じで不安そうな顔をした小さいお母さん。

地元を離れて東京の学校か職場に来ている女の子と、それを訪ねて上京してきた
お母さんなのかな、そして久しぶりに会って、お母さんをミュージカルに連れて行くのかな、
なんて余計な想像をしてみる。ほんとは全然違うかもしれないけど。
なんか、いい感じの母子だったんです。

楽しい夜を過ごせますように。
ライトの光に溢れた遊歩道を遠ざかっていく大小二つの影をみながら思いました。


そして皆様もよい週末を。



そしてついでに一票を・・・
人気blogランキングへ
いつもありがとうございま~す
[PR]
by brandaffodil | 2006-10-28 00:00 | 家ごはん

ベルン-中世の顔と、現代と-

今日は、スイスの首都ベルンの趣ある風景を。

駅前にある教会。まだ空が少し明るいように見えるけど、もう夜8時ごろ。
d0000135_23362412.jpg



d0000135_23371876.jpgホテルの窓から見下ろした中央駅前のロータリー。
日中はバスやトラムが一斉に集まってくるこの場所も、だいぶ往来が少なくなってきた時間。
この街は、夜になるとぼんやりと穏やかな白熱灯でライトアップされ、中世の町が一層雰囲気を増して浮かび上がります。


d0000135_23574144.jpg
反対側を見ると、オフィスビルが立ち並ぶエリア。
こちらは一転、さまざまな色にきらめく現代の姿。


d0000135_2338733.jpgこちらは夜が明けて空が白んできたころ。

どんな時間に見ても、駅前広場から灯りや人の往来が消えることはついにありませんでした。
さすが、首都。


完全に明るくなって、真下で駅前の教会を見るとこのような迫力。
d0000135_23424919.jpg


行き交うトラム。中世の風景をバックに現代の顔を見せ始める街。
d0000135_23434520.jpg

トラムはいくつかのデザインがあるけれど、色はすべて鮮やかな真っ赤。
d0000135_23461116.jpg

あ、これこれ、ガンダムふうトラム! ※どう?sh氏・・・赤じゃガンダムって言わない??
d0000135_2347665.jpg

このモダンなデザインとフォルムに、ダンナさんはしきりに「かっこいい~」を連発し、
惚れ惚れと見とれていました・・
d0000135_2347378.jpg

中世の世界に迷い込んだような錯覚を覚える町並みの中、目に鮮やかなモダンなトラムが行き交う。
ベルンには、そんな微妙なバランスの面白さがありました。



今日のあなたのそのクリックで
今週も生き延びられそう・・・そんな気がするので
よろしく↓!!
人気blogランキングへ
[PR]
by brandaffodil | 2006-10-26 23:49 |

黒豚しゃぶしゃぶ in 麺つゆ!

今日は、同じビルの中で働いている、グループ会社の友達とお食事してきました。
そうそう、三つ子の花瓶をくれた友達です。

カレッタ汐留の中にある鹿児島の黒豚しゃぶしゃぶのお店です。

d0000135_23122212.jpg

黒豚もとてもおいしいんですが、なんといってもここの特徴は、
つけダレがポン酢でもゴマダレでもなく、そばつゆなんです。
もともとはお蕎麦屋さんだったことから、とのこと。

塩味は上品でだしが効いたつゆ。
ここにネギや地元九州の柚子コショウを好みで入れて。
おいしい黒豚がさらにまろやかに、ぐっと味わい深くなるのです。

本場鹿児島のさつま揚げ盛り合わせ。
それに豚しゃぶコースについてきた黒豚の野菜巻きカツは絶品。
周りはサクっ、なかはジュワッとジュ~スィ~。  (ピンボケ失礼・・・)
d0000135_2317977.jpg


彼女とは会社絡みでもう何年も前に知り合い、すぐに意気投合したものの
会社の動向に翻弄されて、職場がくっついたり離れたり、またくっついたり。
でも不思議な縁があるようで、しばらく会ってなくてもまた自然に会う機会が訪れ、
会えばすぐにいつも通りの間合いで楽しい話が絶え間なく続きます。

しょっちゅう会わなくても、会えばすぐに楽しい時間を共有できる友達。

そういう存在は、心のどこかで、私を支えてくれているような気がします。



そして、そのクリック↓も心の支え~ 
人気blogランキングへ
[PR]
by brandaffodil | 2006-10-26 23:29 | 汐留LIFE