<   2007年 05月 ( 33 )   > この月の画像一覧

春の緑の宝石。。。

d0000135_22173382.jpg

グリーンピースも旬!さやの中に、膨らんだ実がぎっしり。

かに玉ならぬ豚玉・・・
d0000135_22234774.jpg

キャベツとグリーンピースと豚を酒・コチュジャン・塩で炒め、卵で綴じたもの。

お好み焼きと卵焼きの中間みたいな感じで、特別おいしくもないが懐かしい感じでした。

即席ホワイトクリームを作って小松菜のシチューにするのに、何かコクのあるものを
入れたいと思って鮭を焼いたら、焼きたてがあまりにもおいしそうで、シチューに入れて
しまうのはもったいなくなったので
d0000135_2228978.jpg

そのままご飯に・・・ やっぱり焼き鮭はこれが一番ですな。


ベーコンが少し残っていたので、シチューのコクだしに使いました。
d0000135_22284871.jpg



グリーンピースと鮭といえば、最近こんなものも作りました。
d0000135_223039.jpg

ファルファッレ、サーモンとグリーンピースのクリームソース。

サーモンもグリーンピースも、クリームソースにぴったり合うんですよね。
生ハムとそら豆なんかも合いますね。
ピンクとグリーンという、いかにも春らしい色の組み合わせも好き。


こってり系のソースにショートパスタ、の組み合わせって好きなんです。

九段下の気軽なフレンチ、「ル・プティ・トノー」のランチでよくショートパスタを食べ、
大好きになりました。昔は、パスタといえば麺、という先入観があって
ショートパスタはなんだかおかずの一品みたいな感じでメインの食事という気がしなくて
選べる場合は必ず麺のパスタを選んでいました。
「ル・プティ・トノー」の選べるランチの中には必ずショートパスタがあって
ラグーソースのフジッリやチーズクリームのペンネなどを食べてみるうちに、そのおいしさに
目覚めた気がします。日本のイタリアンレストランとはまた違う感じの味付けや
素材の組み合わせで、私にとって、とても新鮮なおいしさでした。
デザートも、濃厚なチョコムースやプディングなどいかにもフランスっぽい感じ。
内装もパリのビストロのようで、「オーボワ アビアントー」なんていいながら店を出て
まるでひと時パリにいるような気分になって、好きだったなあ。
九段に行く機会はほとんどないけど、まだあるのかな。



今日は突然の大雨に足止めを食ってしまった方も多いのでは。
お疲れ様でした。
明日は晴れそうで嬉しいですね。
[PR]
by brandaffodil | 2007-05-31 22:51 | 家ごはん

朝タリ!

d0000135_22415187.jpg

Breakfast@タリーズ。

一人暮らし時代にたまにやっていた、朝早起きしてカフェで朝ごはん。
ナチュラルビートであったりエクセルシオールであったり、ドーナツプラネットとかも。

今朝は夫が出張で一人だったため、久々にがんばって早く家を出て・・・
d0000135_2325463.jpg

ベーグルトーストセット。バターかクリームチーズが選べます。
クリームチーズを選んだら、フィラデルフィアが1ピースでした。
あーここにはちみつ掛けたらパーフェクトなのに・・・今度持ち込むか。

フリーペーパー読みながらゆっくりコーヒー飲んで15分で店を出て
そして始業10分前にオープン・ザ・PC!気持ちよか~ (今「バンビ~ノ!」見てたので博多弁)


ちなみに、ここは日本テレビ内にあるタリーズ汐留店。ゆりかもめが走ってるのが見えます。
日テレなだけにジャイアンツの大きなポスターがドドーンと3つ並んでる。
d0000135_2336513.jpg


そら豆の翡翠(ひすい)煮。
d0000135_23371744.jpg


砂糖をかなりたくさん&塩少々入れた煮汁で3~4分煮て、冷やしたもの。
鍋を火から下ろしたらすぐに鍋ごと氷水に漬けるのが、きれいなひすい色に仕上げるコツだそうです。

これはそら豆の独特なクセがなく仕上がり、よく冷やすと、冷たいデザートのような一品です。

d0000135_23402957.jpg

ふかふかのベッドに包まれていたそら豆たち。
起こしてごめんね、といいたくなってしまう。
※つか、その後そこから取り出して茹でて食べちゃうんだけど

メインの夕飯は。
[PR]
by brandaffodil | 2007-05-30 23:47 | 家ごはん

世界最強のインデアン(?)

少し前の食ログですが。

d0000135_23371849.jpg

ハイ。せんば自由軒@新橋の、名物・インデアンカレー。

d0000135_23375474.jpg
ドライカレーに生卵。

そこにウスターソースを好みでかけて


d0000135_23383960.jpgまぜて食します。

うー。
ドライカレーにウスターソースと生卵。

インデアンといいつつ
これぞニッポンの王道B級グルメ。


d0000135_23394454.jpg

スパ版もありまっせー


もはやなんだかわからぬ物体・・・



でもね、両方ともすっごくおいしいんですよ。
まあ、ドライカレー+ウスターソース+生卵、という組み合わせを
考えていただければ、日本人ならゴクリと来るはず。
いや、万国ウケする味だと思います。

なぜかここに行く時は胃腸の調子が悪いことが多いのですが(そんな時に行くなよ)
不思議と、つるっと入っちゃうんですよねー。

最近カレーに目覚めた古くからの友達と、カレー店めぐりしてるんです。
ひそかなる次のターゲットはカフェ・ハイチ。ドライ系つながりで。
※Sちゃん、どお?(ここで提案)


d0000135_23442132.jpg
古めかしさをウリにしたせんば自由軒の外には
こんな看板代わり?のインデアンカレーがお出迎え。




生卵のてっぺんの塗りがハゲてるのが、せつな可笑しい。



さて、本日は夫が出張で不在。

d0000135_23465352.jpg

夫が苦手なたらこでスパ。

私は大好物・・・

おいしかった。。。


紫蘇がなかったので。

ハイ。夫が大事に水栽培している三つ葉を少々拝借。。。ヒヒヒ


サラダは、にんじんとセロリ。2枚ほど余ってた餃子の皮を揚げたものをトッピング。
最近はじめて買ってみたキューピー「バジル&オリーブドレッシング」で。
これ、イマイチ寝ぼけた味ですな。
塩味なんだか甘いんだか微妙な線引き、バジルとオリーブも、入ってるようないないような。。


d0000135_235303.jpg


朝食はサンドイッチ。




d0000135_23531964.jpg

それがそのまま
おべんとに・・・





オチもなにもなくてすいません。(いつもないけど)

明日は早起き予定なんで、もう寝ます。


おやすみなさい。
[PR]
by brandaffodil | 2007-05-29 23:45 | そとごはん

夏もち~かづく・・・

今日はさわやかなお天気でしたね!快晴なのに暑くなくてさらっとしてて。
d0000135_22135994.jpg

これ、近くの空き地から。
すごいでしょ、どこの大原かと思うでしょ。23区ですよ、端っこだけど。
d0000135_2216538.jpg


朝食にはお初アメリカンチェリーを。あ、ジャムは苺です。これで最後・・
d0000135_2217406.jpg

アメリカンチェリーなのにあんまり甘くない・・・

昨日、結婚してから初めて家でハヤシライスを作りました。
d0000135_22191020.jpg

初夏の陽気に合わせて「完熟トマトのハヤシライス」ルーで。
火を止める直前にフレッシュトマトも投入。

うーむ。やっぱり私、大好きじゃないです、ハヤシライス。バターの風味が強いのと甘いのが。
でも夫は喜んでたので良かった。

冷奴と、塩もみしてさっと茹でたゴーヤと水に晒したスライス玉ねぎを合わせて
鰹節を載せただけのサラダ。
さっぱりしてて、こってりメインの時の付け合せには良いと思いました。
ゴーヤが苦いので少し甘めの深炒りゴマドレッシングが合いました。
もっとさっぱり食べるならポン酢でしょうか。

d0000135_22311439.jpg

そして今日はなんちゃってゴーヤチャンプルーと、蒸し茄子の南蛮漬け。

すっかり気分は夏だー

d0000135_22351856.jpg

新茶もおいしい。

というのはですね。

d0000135_22361423.jpg

こんな素敵なもので淹れているので、尚、気分が盛り上がるのです。

結婚式の引き出物のカタログギフトで選んだ、盛岡・岩鋳(いわちゅう)の南部鉄瓶。
これでお湯を沸かすとなんだかまろやかな口当たりになります。

昨年、やはり引き出物のカタログギフトで選んだ深鍋で南部鉄の良さを覚えて
岩鋳のオーソドックスな南部鉄瓶の急須が欲しいと思っていたら、最近いただいたカタログ
ギフトにあったのです!これは運命の出会い。
特に、結婚式のお祝いの引き出物の場合、ずっと使えて記念になるものだと
いいかなと思って。

ありがたく、大事に使わせていただきます。
[PR]
by brandaffodil | 2007-05-28 22:45 | 家ごはん

素麺&旬の掻き揚げ

ここのところ、お天気がいいと必ず30℃近い夏日になりますね。
d0000135_17151314.jpg

素麺食べたいねってことになり、するとやっぱり油物も添えたくなる。

ハンパに残っていたそら豆とグリーンピースを桜海老と合わせて掻き揚げに。

d0000135_17161783.jpg

やっぱり冷たい麺類には掻き揚げ、合いますね。同じく少し残ってたさつまいもも天ぷらに。
さっぱりだけじゃやっぱりちょっと寂しくて。まだ若いな私。(・・・そうか?)

揚げ物の油って、1回使ったら次は使いたくない派なので
あまり高価でない揚げ物用油を少なめに使って、一度にたくさん揚げちゃいます。

少し残ってた鶏モモ肉も、掻き揚げを揚げ終わった後にから揚げにしちゃった。
d0000135_1719488.jpg


ハンパな残り物たちで、夕飯が済んでしまった。揚げ物って便利ですね。

そしてやっぱり素麺のおいしさ・・・にっぽんの夏、すぐそこまで来ています。
[PR]
by brandaffodil | 2007-05-27 16:00 | 家ごはん

朝起きたら、どうしてもおいしいパンが食べたかった

d0000135_11505684.jpg

金曜に、あの素晴らしいパークハイアット接待 → 同僚の行きつけのカラオケバーで店の人の誕生日会をやっていたのに潜り込みお寿司やらケーキやらさんざんご相伴に預かり終電で帰って夜中に眠って朝起きてみると。


ものすごくお腹が減っていた。


パークハイアットでおいしいパンを食べた余韻に縛られていたのか、
小じゃれたおいしいパンが食べたかった。でもパンを買うのを忘れてしまっていた。

風邪っぽかったので、この日は外に出ずゆっくりしていようと思っていたのに、
せっせと身支度してパン屋さんへ。※そういう目的のある時だけは行動が早い

★で・・・ 買ってきたパンの数々はこちら★
[PR]
by brandaffodil | 2007-05-27 12:08 | 週末ごはん&ブランチ

逆接待@パークハイアット

d0000135_2156233.jpg

ゆかりのある会社を訪問したら、なぜかセレブな接待を受けてしまった。

そもそもその訪問自体、「なんで私も?」って不思議だったのだけど
のこのこ付いていったら、懐かしい人にも会えて嬉しかったし
しかも素敵な場所でおいしいものをゴチになってしまって棚ぼたラッキー。


連れて行ってもらったのは、ホテル・パークハイアットのレストラン「ジランドール」。

★素敵なお料理の続きはこちら★
[PR]
by brandaffodil | 2007-05-26 22:21 | そとごはん

ムーンリバーの夜更け

d0000135_17352550.jpg

パークハイアットでの接待の後、新宿駅で同僚と二人になり
「眠いから」「疲れたから」「今日はそういう気分じゃないから」「夫が疲れて先に帰ってるから」
とありとあらゆるお断りの辞を述べたにも関わらず、強引に連れて行かれた
彼が家族ぐるみで常連になってる店。

同僚Nは人格の半分がアメリカ人のため、根拠のない自信と変に不屈の精神を
持ち合わせたやっかいな頼もしいキャラ。(それが良いところでもあるけど)

中途入社同士で同い年ということもあり、時々険悪になりながらもまあ仲良くやってきた仲間。


連れて行かれた店が、見た目は怪しい店なのだが、これがめっちゃ楽しくてハマってしまった。

要はバンドのセッティングもあるカラオケバーみたいな感じで、この日は
身内っぽい常連の客だけが10人くらいいて、お店の看板ボーイ?フミヤさんのお誕生日
パーティがこじんまりと地味に、でもとっても楽しそうに行われていた。
d0000135_17414431.jpg

みんなの歌を聞いたり自分も歌ったりしているうちにすっかり常連客とも打ち解け
誕生日祝いのケーキやお寿司も上等のシャンパンもご相伴に預かってしまった。
パークハイアットのお上品コースでは既にお腹空いてしまっていたのでラッキー。



途中から、半分プロみたいな人たちが、お誕生日祝いの弾き語りを始めて、一同それに酔った。
d0000135_17423025.jpg

アンニュイな女性が、アコースティックギターを弾きながら、オードリーよろしく
ムーンリバーを。お誕生日のお祝いには素晴らしい選曲だと思った。

彼女は、私がフミヤさんのギターで歌った「Time After Time」を褒めてくれて
「そういう風に何気なく歌いたいけど、私できないのよ」と言ってくれてなんだか嬉しかった。

d0000135_1745665.jpg

マスターの歌がまたすごくよかった。
ギター2本とドラムと、半プロの人のピアノ伴奏も入って。
思わぬところで生バンドが聞けて、私は興奮してしまった。


普段の生活ではぜったいに交わらないような、住んでる場所も働いてる場所も異なる
人間が集まって、普段の肩書きは一切関係なく、音楽を一緒にやったり
たわいのない話で盛り上がって、なんだか久しぶりに、
渇いた心に肥料を与えられたような気がした。

そして、やっぱり音楽っていいな、と心から思った。
誰にでも楽しめて、誰とでもつながれる。

そしてまた思った。
こういう場所にエレクトーンはないので、ピアノで弾き語りができるようになりたいと。
晩年までの目標にして、年取ってからの楽しみにしたいとまた強く思った。


ありがとう、ムーンリバーの夜。   あ、ありがとうNくん。(←つけたし)
[PR]
by brandaffodil | 2007-05-26 22:00 | 東京 - My Home Town

キミに薔薇薔薇 ハ~トは赤い薔薇♪

この日の記事の、バラの画像はさすがに家の庭のではなく、
今、春バラが見頃を迎えている、京成バラ園というところのものです。

広い園内に、びっくりするほどたくさんの種類、色、形、大きさのバラがまっさかり。
d0000135_23215544.jpg

そろそろ見頃を迎えた先週末、温室でのブラスバンドの演奏などイベントも始まり
園内も、その外の販売所もたくさんの人で賑わっていました。

園内に入り、さてどっちから見て行きますか!

といいつつ
d0000135_2323293.jpg

真っ先に芝生に陣取り、お弁当を広げる。(かーさん作)
外で食べる時は大きく切る糠漬けがおいしい。
おにぎり、手作りカニクリームコロッケ&エビフライ、玉子焼き、の定番の他に
ぶりの照り焼きやチーチクもおいしかった。

★そして美しいバラの数々はこちら!★
[PR]
by brandaffodil | 2007-05-24 23:55 | 大原LIFE

コメを味わう

新潟に旅行にいったといって、友達が、南魚沼産コシヒカリをお土産にくれました。

南魚沼産コシヒカリといったらスーパーでもぐんとお高い押しも押されぬ日本のトップ米!

もう、今日は、お米を味わうための食事にしようと。
ご飯を引き立てるおかずを並べました。

大原の豆三昧。そら豆、絹さや、グリーンピース。
d0000135_22575636.jpg

そら豆とグリーンピースはさっと塩茹で。柔らかくてキラキラで、若いので癖もない。
口に入れると、じーんと幸せが広がる。この季節ならではのおいしさです。

今日のお米は、水加減もかなり慎重に。
一定量より少し少なめ、が土鍋で炊く時のコツのようです。
中火で火に掛け、沸騰してから1分ほど強火に。
その後弱火で3分炊き、火を止めて15分蒸らして。

このわたくしが、かつてないほどパンクチュアルにシステマチックに、手順を踏んだ!
d0000135_233016.jpg

じゃ~ん!
ふっくら、つやつやに炊けましたーーーキャハ☆

ちゃんと水蒸気を飛ばし、その後はふきんを内蓋に挟んで、出た水蒸気がお米に
戻らないようにしましたとも。

d0000135_23556.jpg

少しだけ残っていたカルビ肉を野菜と炒めてサラダ仕立てにしたもの、
冷奴、塩茹でそら豆・グリーンピース、たらこ、納豆、さやのお味噌汁。
d0000135_2365036.jpg

たらこに完全に火が通ってしまったのがちょっと残念だけど、やっぱりたらこ最高!
(外は香ばしく、中は少し半生、が何と言っても鉄則ですよね~)
だは~。 ♪た~らこ~た~らこ~~♪

お米、コシがあるのにふっくら。一粒一粒がしっかり感じられる。
d0000135_2311451.jpg

これでもか、のおいしいご飯の引き立て役。
やっぱ米には納豆ですなあ・・・ ♪な~っと~な~っと~~♪(「たらこ」の替え歌)

夫は2杯目を玉子かけで堪能しておりました。


今朝の朝食。
d0000135_23131496.jpg

今週食べてる食パン、なんとなく粉っぽくてイマイチおいしくないので
急に思い立ってフレンチトーストにしました。おいしく食べられた。
フレンチトーストに苺ジャム、も合いました。
いい匂いがしていたので買ったキンショーメロンはまだ堅くて、
噛むとコリコリ行ってました。たくあんじゃないんだから・・・
[PR]
by brandaffodil | 2007-05-23 23:15 | 家ごはん