<   2008年 11月 ( 24 )   > この月の画像一覧

きぬがわ

まだ、紅葉がきれいに残っていました。
d0000135_22451524.jpg

鬼怒川へ、つかの間の逃避行
d0000135_22492672.jpg

しっとり のんびり 
d0000135_22464136.jpg

晩秋の休日、楽しんできました。
d0000135_2246099.jpg



人気blogランキングへ
[PR]
by brandaffodil | 2008-11-30 22:55 |

また平日ごはんあれこれ

大原のご飯が、私にとって「ハレ」ならば
平日のうちのごはんは「穢」(ケ)、だーね。

で、穢(ケ)な餉(ケ)、数日分。

d0000135_84534100.jpgハイ、ゴルフの素振りで

ラー

パー

ツァイ!


白菜の中華風甘酢漬けですね。


d0000135_8462691.jpgたろちんが白菜のしょうゆ漬けと一緒に作っていたのを見て早速。

昨年どこで見たレシピで作ったのか忘れてしまったので、今回は、ウーマンExciteに出ていた平野由希子さんの簡単バージョンで。
これおいしい!特に、作ってから2~3日目が。

白菜1/6を短冊に切って塩少々しておき、酢大さじ4/砂糖大さじ2/酒大さじ1をさっと煮立てたものを回しかけ、更に、ごま油大さじ1、鷹の爪1本、針に切ったしょうがを少々を合わせたものを火に掛け、それを回しかけ、タッパーに入れて1~3日くらいで食べきる。

ごま油や生姜少々だけで、どうして中華風の味になるんでしょうね。
でもすっきり・さっぱりしていてとてもおいしいです。



d0000135_8524965.jpg大原の家から貰ってきた霜降りの牛カルビで、ブロッコリーとの炒め物。

これが・・・お肉と一緒に自分もとろけてしまいました。

夫が、いつも「うまい」という時と違う顔をしておった。


うう。私の料理技術はまだ「うまい肉」に取って代わることはできていない。



d0000135_8544949.jpgうちの冬のヘビロテおかず。

水菜と豆腐の卵焼き。

小さい土鍋ならばそのまま食卓に出してもいいんだけど去年壊しちゃって・・・
しかし果敢に、行平鍋をそのままドーン。

まずは鍋に豆腐を並べて焼き、そこに溶き卵、水菜、適当に味付けしただしを加えるだけ。
ああ、加える順番は適当です。順番が変わることもしばしば。



d0000135_8574893.jpgこっからはすごいですよ、魔の10分ご飯です。
今週仕事忙しかったもんで。

缶のコーンクリームを、牛乳少々で伸ばし、ツナときのこをちょっと入れて、ゆでてあったブロッコリーに掛けただけ。

シチュー風に見えるけど5分のシロモノ、味もすなわちその程度。



d0000135_8594672.jpg
半丁あったお豆腐、ネギと一緒にさっと湯通しして、湯豆腐。
ぽん酢で。

本日のメインであるこちらは夫に献上し、私はこれの代わりに納豆一パック。



d0000135_911846.jpg
あっ、でもそんな中でお弁当作れた日もあった。

ひっさしぶりー

100均でかわいいお弁当用の紙カップを買ったのでちょっとたのしい。




d0000135_93117.jpg
お弁当のついでの朝ごはん。

イングリッシュマフィンにきのこと卵とベーコンの炒め物を挟む。


※ホワイトバランスが崩れた時の緑の光がキモチワルくてすいません



忙しいといいつつ、ソッコー帰りで友達と会ったりも。
d0000135_951541.jpg

前の会社で、隣の席で一緒に働いていた先輩とスパニッシュ。

d0000135_963677.jpg

先輩とは4年間、隣の席で同じ仕事を一緒にしていたけれども、仕事上で
やり方が合わないとか不満に思った記憶がない。
若かったのか、ただもう忘れてしまったのか。
でもとりあえず、相性がすごく良かったんだろうことは確か。

d0000135_991296.jpg
先輩は双子ちゃんのママだけど、同じ会社で仕事を続けている。

だから、会社のこと、家族のこと、子供のこと、子供の親同士のこと、いろんな話が聞けて面白い。
懐かしい人の話も聞けたり。

この日は気持ち的にとても疲れていたのだけど、いろんな方面の話をしたら、帰りにはすっかり気分が晴れていた。
リフレッシュってこういうことかなと思った。



d0000135_9291877.jpg
んで、次の日はまた10分ごはん。(笑

きしめん
昆布豆
がんもどき


がんもには大根おろしを、とかいちいちやらなければ10分でできることがわかった。
これでいいのだ、いいことにしよう・・




そんなこんなの、連休明けの短い一週間でした。

ちょっとクタクタなのですが、これから、前から予定していた温泉に行ってきます。
また帰宅後に!



人気blogランキングへ
[PR]
by brandaffodil | 2008-11-29 09:32 | 家ごはん

大原番外編

大原でのお昼。この日はかき揚げとひっぱりうどん。
d0000135_7232457.jpg

d0000135_724128.jpg通称「ひっぱり」。これも山形でメジャーな食べ方らしいです。
固めに茹でたうどん(乾麺)を鍋ごと食卓に出し、それをみんなで鍋から「ひっぱり」出しながら食べる方式。
熱々にかつおぶしとお醤油などかけて頂きます。
かき揚げを乗っけても、交互に食べても又よし。
これは昔からたまにうちのお昼ご飯に出ます。
好きな食べ方です。


d0000135_728849.jpg昔と違って朝、そんなに入らなくなったわたくし。
チーズのパンと、果物とにんじん・りんごジュースで。

手絞りのにんじん・りんごジュースは、配合やにんじんの質感で、濃さや甘さが毎回違うのも楽しみの一つです。



d0000135_7325781.jpg
ある日の〆。

例のきのこごはん本家バージョン、里芋とねぎのお味噌汁。



d0000135_734324.jpgそしてある日の朝。

うちの定番、コーンクリームベースの具沢山スープ。
じゃがいもや玉ねぎなど入っていて、シチューに近い。
パンをつけながら食べるのがまたおいしい。


今回も、寒くなってきた季節ならではのおいしいものをたくさんご馳走様でした。


人気blogランキングへ
[PR]
by brandaffodil | 2008-11-28 07:35 | 大原LIFE

鯛鍋の夜

お休みの日の時間の経つのはあっという間。
あくる日の夕方
d0000135_2318862.jpg

賑やかに、弟夫婦と弟嫁の妹夫婦がやってきた。

今夜はみんなでお鍋ですよ~   野菜はぜんぶ今しがた、畑から。
d0000135_23183046.jpg

まずは女性陣の間に置かれた、フルーツの入ったさっぱりサラダ
d0000135_2318484.jpg

水菜と、ピーラーで剥いた大根、りんごと洋酒漬けレーズン。これをわさびドレッシングで。
わさびドレッシングは、マヨネーズに練りわさびを加え、酢で少々伸ばしたもの。
甘みのある具と、ほんのり辛いドレッシングが合います。

もってのほかの酢のもの。
d0000135_2319978.jpg

そして、鯛、ヒラメは釣ってきて3日目、食べごろのお刺身。それと、とろっと甘いヤリイカ。
d0000135_23192554.jpg


d0000135_23202657.jpg

d0000135_23195868.jpg
そして、おっきな土鍋の中身もいい具合に。

釣ってきた鯛と、良いだしが出るので欠かせないほうぼう。
ほうぼうは、大原港に行って父が仕入れてきました。
鍋の味ががぜん違ってきます。
あとカニもベース作りに欠かせない。

庭のかぼすをきゅっと絞って。


d0000135_23205021.jpg
宴もたけなわの頃に出された揚げたてアツアツ春巻!
これがまた絶品なのだ。
中身はカニ、ネギ、椎茸、春雨、たけのこ、炒り卵など。
みんなで、文字どおりサクっと平らげる。



d0000135_23212553.jpg

良いだしの集大成。雑炊をさらりと一杯ずつ。


そして食後はまったりと・・・・ 
一寝入りしたり、姉妹/姉弟同士でしゃべったり、TV見たり・・・


ナニワのしゃちほこ、大原に現る。
d0000135_23214339.jpg

双子のヨメ、左右対称の図。

彼女たちは双子ちゃん。
後から見ていたら左右対称に同じポーズ同じしぐさをしていて
一挙手一動まで似るもんなのかと感心する。
おばあちゃんになってもああやってこたつ入って同じ姿勢でみかんとか
食べんのかなと。ほほえましい。

弟と楽しくしゃべりつつも、私もにわかに双子の姉か妹が欲しくなった。募集します。

d0000135_232219.jpg

そして母の手作りチーズケーキとコーヒーで締めくくり。
大原は冬の入り口、小夜ふけて。

とても楽しい夜でした。



人気blogランキングへ
[PR]
by brandaffodil | 2008-11-26 23:16 | 大原LIFE

青い空と冬ごはん

d0000135_2301278.jpg

Brandyが好きだった小路をぶらぶら歩き、頭上がぽっかり空いた
場所で空を見上げる。うーん、もう冬の空だ。
d0000135_22581261.jpg

空の青さが、張り詰めた空気を感じさせます。

さて、ごはんです。
d0000135_2341623.jpg

野菜いろいろ。
d0000135_2355032.jpg

いい具合に漬かってきた、今年は母が漬けた白菜、ふだん草のお浸し、
ブロッコリーとセロリ、京都のお土産に頂いたゆず風味の千枚漬け。
セロリと千枚漬け以外はすべて家の畑から。

白菜が美味・・・ 
ふだん草もやっぱり好きだなあ。アクがなくて、緑が濃いのにやさしい味。

d0000135_2393248.jpg

父の釣ったヒラメのムニエル。帆立も添えて。
ほろほろした身を香ばしいバター醤油風味で。ああ・・・思い出すだに胸苦しい。

それと、後ろのは、かぶと豚肉の煮物。
これがまた、やわらかく透明に透き通ったかぶに味が沁みてて
むせび泣きたくなるほど旨い。

ごちそうさまでした・・


続く。


人気blogランキングへ


[PR]
by brandaffodil | 2008-11-25 23:21 | 大原LIFE

home sweet home

♪Oh, there's no place like home for the holidays
d0000135_16404587.jpg

for no matter how far away you roam
d0000135_16413589.jpg

if you want to be happy in a million ways
d0000135_16421484.jpg

for the holidays you can't beat home, sweet home
d0000135_16462678.jpg




人気blogランキングへ



お天気のよかった連休前半の、大原です。
木々の影が長ーくなりました。
青く高い空と、おいしい冬ご飯を堪能してきました。
レポはこの後、続きます。
[PR]
by brandaffodil | 2008-11-24 16:46 | 大原LIFE

悠久消化

パンを切らしてしまった今朝。
昨日の残りの豚汁に、焼いた玄米餅を入れて。
d0000135_0261377.jpg

あー私、玄米餅のぷちぷち食感好きだなあ。もさもさした感じがなんともいえない。
でも夫は「あんまり・・」だって。
つくづく、けっこう根本的なところの食の好みが合わないらしい。

d0000135_028413.jpg
普段はパン食です。
食パンに、果物に、汁物の残りとか紅茶とか。

パンは焼くだけだからやっぱり朝はパン食がラクですね。

バターは、買って来た時に全部0.5mm幅×2cm四方くらいに切ってしまってナノシルバーの保存容器に入れています。パンに載せるにも、料理に使う時もすぐ取り出せてラク。


d0000135_0324380.jpg本日は、いつも気に掛けてくださっている方からのお誘いで、お昼に銀座大増でご馳走になってしまいました。
栗の炊き込みご飯など秋の香り満載の、目にも舌にも美味しいお食事でした。
ごちそうさまでした~




新聞の、健康に関する記事欄に、胃のいたわり方について記載されていました。
それによれば、午後8時以降にしっかり普通の食事を取ることは、胃にとっては
ものすごい負担を強いられる、暴力的な行為なんだそうです。
とにかく、消化の良いものを少なめに食べるようにと薦めていました。

うーん。午後8時前に帰っていることの少ない私たちにはかなり厳しい。
食事は9時以降がほとんど。
でもそれならば尚更、軽く消化の良いものを腹八分目に留めておくといいのでしょうね。
今朝の朝食みたいなのを、夜食べたらいいのかも・・
最近、平日は一汁一菜、と決めたのは多少、いいことかも知れません。
と、いいながら、こういうことはすぐ忘れるから、この記事、台所に貼っておこう・・


おっと、書きながら一瞬眠ってしまった。ヘンな文章あったらすいません。
ではおやすみなさい。ZZZ・・・・



人気blogランキングへ


[PR]
by brandaffodil | 2008-11-21 01:18 | 家ごはん

寒い夜のグラタン

ぴんと張り詰めたような空気が冷たかった今日。
でも、空はこの上ない快晴でした。
d0000135_22302387.jpg

ここに引っ越してきて、窓から見た朝の景色が、今日は今までで一番きれいだったかもしれない。この空気の澄み方、紛れもなく、ついに冬が来たんだなあ。


で・・・ひさびさ大きくドーン。
d0000135_22321938.jpg

カメラの調子が今日は比較的よかった。

あつあつポテトグラタン。はるみ巨匠の「ごち聞き」レシピより。
じゃがいもと、細く刻んだねぎがたくさん入ってます。

d0000135_22335363.jpg

きんぴらというより煮物寄りな感じ。
大根の煮物を作るたびに、剥いた皮を刻んで冷凍庫にためておいたものを
ぜいたくにも、賞味期限の切れそうなあごだしがあったのでそれで炊いちゃった。
皮は苦味が強かったのでお砂糖を多めにして汁気を飛ばしながら煮たら、
きれいなあめ色になりました。


d0000135_22371893.jpgあるもの野菜と昨日のしゃぶしゃぶ肉で豚汁。

平日は、一汁一菜でいこう!と決めてから何だかすごく楽になった。
遅くなった時でも、とりあえず帰って簡単に済ませようかなと思うようになった。

そして品数が少ないと、一品を、気持ち、丁寧に作れる。

なーんだ、それでよかったんだ。
・・・って、前から品数 多くはなかったけど。。


人気blogランキングへ



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
d0000135_22485241.jpg京都のお土産に頂いた、生八つ橋。
「塩」と「黒」。
餡にほのかな塩味がついたのと、黒胡麻の香りがする生地に黒胡麻あんの入った「黒」。
とってもおしゃれな箱に入っていました。
こんなおしゃれな生八つ橋があるんですね、今時の京都は。

ごちそうさまでした!

[PR]
by brandaffodil | 2008-11-19 22:54 | 家ごはん

晩秋の粗飯

d0000135_2221034.jpg
きのこご飯の残りと、えのき・お豆腐・わかめのお味噌汁で きのこ×きのこになっちまった。

きのこご飯はやっぱり昨日の炊きたてのおいしさが印象的過ぎて・・・ちょっと今日は色あせてしまった感じ。


d0000135_22233454.jpg少し残ってたさつまいもを甘煮に。
西健一郎さんの「日本のおかず」に出ていた分量で。
おしょうゆは薄口と濃口を半々にします。
薄口の塩分と、濃口の色をどちらも少しずつ付ける必要からのワザ。

薄口的な感じで、私はカツマル醤油さんの「白しょうゆ」を使っています。
割合とまろやかな塩味で、煮物の色がきれいなまま仕上がるのが気に入っています。



d0000135_22305311.jpg常夜鍋の、具をぜんぶ鍋から上げてしまったバージョン。

冬の冷しゃぶ的な感じで。

ほうれん草、ねぎ、しゃぶしゃぶ用豚肉をそれぞれ熱湯にくぐらせてお皿に盛り合わせ、ぽん酢やごまだれで頂こうかと。



d0000135_22324634.jpgしばらくの間 切らしていたうちの必需品、カツマル醤油さんの「練り胡麻仕立てゆずの里」が届いたから~!

特に鍋料理の多い冬には欠かせない、カツマルさんオリジナルの練り胡麻入りぽん酢しょうゆです。(夏は夏で和風サラダのドレッシングなどに大活躍ですが)

これと、ふつうのぽん酢しょうゆ「ゆずの里」と交互に掛けて食べました。

外は寒くなってきても、食卓には冬ならではの幸せもありますねえ。


d0000135_22352115.jpg真っ赤な紅葉が散り始めてきました・・・東京の紅葉もピークを迎えてきたんでしょうか。


アメリカフウの、紅く染まった葉と実を拾いました。

カナダの国旗のマークだ。
メープルとも仲間なのかな。

ケベックのメープル街道もきっと真っ赤に染まって、見事だったのでしょうね。



人気blogランキングへ
[PR]
by brandaffodil | 2008-11-18 22:41 | 家ごはん

きのこご飯とクラムチャウダー

d0000135_0102488.jpg

Wow!

文字どおりの一汁一菜 hey, yo!



・・日曜日の慎ましい夕飯。


d0000135_0135236.jpgでもこのご飯がほんとうにおいしかったのです。母に習ったレシピで、きのこご飯。

きのこを一旦冷凍すると繊維が壊れて旨みと香りが出るんだと料理家の浜内千波さんが言っていたそうで。
しめじとえのきを小房に分けて凍ったままお米1.5合+もち米0.5合と同分量の水を合わせた中に入れ、醤油大さじ1、塩小さじ1を入れ、普通に炊くだけ。だしも何も必要なし。

まあ、本当にいい香り。
なんだかしみじみと、一粒一粒に幸せがこもっているようで、味わって噛み締めました。
こんなに手軽に炊き込みご飯が楽しめるなんて驚き。


d0000135_018101.jpg白菜とにんじんと糸昆布のしょうゆ漬け。

細長く切った白菜とにんじんと糸昆布、すだちの半月切りと鷹の爪を合わせて、醤油大さじ1とみりん小さじ1を加えて一夜漬け容器に入れて2、3時間。

うーん、実際は1時間ちょっとしか漬けなかったから、ちょっと浅かったかな。
サラダ感覚でばりぼり食べるにはいいのかな。



d0000135_020356.jpgずっと作ろうと思っていたクラムチャウダー。きのこご飯との相性は。。。。と言われると献立ミスかもしれん。

ちょうど夫がシチュー系を久しぶりに食べたいといったので、アサリとベーコンを買って来て作ってみました。

あさりは痩せていてあまりだしが出ず、ルウの加減もなんだかサラサラ過ぎたし。。。シチューやスープも奥が深いわい。

これからの季節、もちょっとルウのしっかりしたシチューが恋しくなってきますね。




d0000135_0245891.jpg今日は両親の結婚40周年記念日です。

大原では、聞くと思わずヨダレが出てしまいそうな料理で二人でお祝いしたそうです。

40年かあ・・・母は30年シュートメ(=土曜に三回忌やった祖母)とも暮らしてきて看取ったので大変な道のりでした。

おめでとう、そして、ありがとう。


法事のお土産に頂いた楼蘭の肉まん、おいしかったです。




人気blogランキングへ
[PR]
by brandaffodil | 2008-11-18 00:30 | 家ごはん