<   2014年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

デパおくランチ

d0000135_0552466.jpg

また銀座の教文館でやっていた藤城清治さんの卒寿記念の展覧会が10月15日で終わりだったので、慌てて見に行った。子どもが同じ月の生まれで仲良くしている友達が藤城さんファンだったので、誘い合って一緒に。

で、銀座で、赤子がいても気兼ねなくお昼食べれるとこないかなーと探したら、三越の本館の屋上が素敵なことになっていた。野菜や食材にこだわったテラスレストランとカフェ。子どもメニューがあって、ウェルカムな感じで。

前菜は、ビュッフェボードのお惣菜を一皿に好きなだけ。
d0000135_165543.jpg

一つ子どもメニューを取ってお友達と半分こしようかと思ったけど、まだ三回食になって日も浅く、それほど量も食べないので、大人の定食に付いてくるお惣菜ビュッフェから、取り分けてあげられるようなものを選べばそれで十分だった。

お子様二人は、自分にもちゃんと席を与えられると、割におとなしく座っています。
d0000135_1112527.jpg

私のパスケースをがしがし食べてますけど・・・
最後は飽きて私のかばんからいろんなものを引っ張り出して下に捨てたりしてましたけど。。。



ついつい頼んじゃう揚げ物。私メンチカツに弱いんです。
d0000135_0552650.jpg

友達がとんかつで、半分ずつ取りかえっこ。
d0000135_0552735.jpg

お味噌汁に入っていた大根とにんじんがごく小さな賽の目でやわらかかったので、子どもにあげると二人とも喜んでたくさん食べた。

d0000135_0552758.jpg

外の席もあった。
d0000135_0552884.jpg

こちらは、デパ地下や隣のカフェで買ったものなど、みなさん思い思いに広げて食べているようでした。

いやー、いいとこ見つけました。今後は銀座でも困らない。


お昼を食べさせて、休憩室で授乳してから展覧会に行ったら、向かっている間に二人ともぐっすり。おかげでゆっくりゆったり、展覧会を楽しむことができました。

見終わった後、なんか甘いもの食べたいねー、と・・・
d0000135_1204581.jpg

買い物がてら三越の地下に寄ると、まんまとフローズンヨーグルトのスタンドが!
「そうそう、まさにこういうのを思い描いてたよね」と駆け寄る。
d0000135_1212758.jpg

目が覚めた赤子の視線が痛い。
「やりたい放題ですねー」
[PR]
by brandaffodil | 2014-10-31 00:54 | そとごはん

タイミング

d0000135_0433546.jpg

六本木ヒルズのキッズルームがすごく充実していた。

ご飯が食べれるスペースには幼児が遊べるおもちゃがたくさんあって、2歳までの赤ちゃんが遊べるスペースはちゃんと分かれていて。


・・・・・・・・が、早い時間だったため、誰もお友達がいなかった。
d0000135_0451868.jpg

このヒトはおもちゃよりも何よりも、他のお友達がいることがとにかくうれしい。たまーに、ちらっと誰かが来ると、速攻で寄っていく。が・・・みんなちょこっと寄っただけですぐに行ってしまった。

少し大きい子が遊べるスペースで遊んでいたら、こちらもたまに、ご飯を食べに寄る親子さんがいて、その都度「一緒にあそぼ」熱視線を送っていたが、叶わず。
d0000135_0483758.jpg


が、帰り際にオムツを替えに寄ったら、土地柄か、外人さんの親子もたくさんいて人で溢れかえっていて、空いてるオムツ替え台すらないほどだったのでした。ベビーの遊びスペースにも外国人の赤ちゃんがいっぱいいたので遊ばせたかったけど、あまりの混雑ぶりに断念。こういうところもなかなかちょうどいい時間とかタイミングって難しいのですねえ。
[PR]
by brandaffodil | 2014-10-31 00:50 | 日々のこと

まだまだミルク。

d0000135_0262532.jpg

秋も深まる、ある日。

今日の月はなんだか下の方がもやもやしてて欠け具合が変だなあ・・・


と、思っていたら、皆既月食中だった。
d0000135_02969.jpg


それを知って、お風呂から上がって、欠ける月を眺めていたら、赤子が、サイドテーブルに置いていた哺乳瓶に上からかぶりついて飲もうとしていた。

しかし上からだと吸えないことに気づき、倒して、横にして飲み始めた。

うーんそんなことができるようになったのかあ・・・と思った生後9か月。

友達ママの一人が、『自分で哺乳瓶を持ってミルクを飲むようになった、その間に一仕事できるからちょっとラクだよ~』と言い、もう一人の友達が、最近勝手に私の前を開けて飲むようになったの、と言い。
うちは以前から夜中はセルフ授乳となっている。(開けて勝手に飲んでいくドリンクバー方式、しかも立ち飲み、そして閉めては行ってくれないので朝寒い。実家の母がそれを目撃して、『起きて飲んでまた寄り添って寝始めたので可笑しかった』と・・)

セルフそれぞれ。


アラサー、アラフォー、などという言葉が定着して久しいが、厳密にどの範囲を「アラ」でくくるかという問いに、前後2.5歳、つまり37.5歳から「アラフォー」に入るのだと聞いたことがある。

うちの赤子ももうすぐ10か月、1歳になる日もそう遠くなく見えてきた。
アラワンといっていい範囲だろう。

あと数か月で、ほんとうに授乳は終わるのだろうか。

自然に、円満に終われればいいなと思う。


・・・それ以上に、終わる前から私が太ってしまっているので、終わって激太りとか本当に困る。



[PR]
by brandaffodil | 2014-10-31 00:39 | 日々のこと

ドゥ・ユー・リメンバー、セプテンバー

ってもう10月も終わりそうなんですが・・・・・・・

9月10月はやたらとバタバタして、なかったかのごとく過ぎ去りました。

9月、文字通りアース・ウィンド・アンド・ファイヤーな怒涛のひと月でした。

スイミングに通い始め、
児童館の赤ちゃんクラスが始まり、
離乳食が2回食になり、
夫の夏休みがあって一週間、毎日三食+子どもの離乳食2回で一日じゅう皿あらってる感じ、
その間に3人での初めての旅行があり、
バランスボールの骨盤矯正クラスに初参加、
ベビーサイン体験、
そして幼稚園の申し込みがあった。

まさか幼稚園でも0歳で申し込む必要があるとは。
しかもすでにキャンセル待ち何十人。
もちろん、子どもが1歳になると同時の復職を目指す人は、出産後まもなくから大変な思いで片っ端からあらゆる保育園を当たっても苦戦しているのでその比ではないですが、、、この業界(子どもの教育まわりのこと)ではジョーシキなのかもしれませんが、新規参入者から見るとちょっと異様です。
2歳入園がいいなあと思っていたので、まあ、入園させたい幼稚園が早く決まって良かったんですけど。

願書に、性格とか書く欄があって、性格なんてまだわかんないよ・・・
「喜怒哀楽がはっきりしている」「マイペース」「自由奔放」
まずそんな言葉が浮かんだが、赤ちゃんって全員そうでしょーと即つっこみ。

毎日顔が変わるような激しい成長期の中で、すでに二度、写真付きの申込書を提出しました。「この写真まったくイミないと思うけどな~」とか思いながら。


d0000135_0113325.jpg

そんな中、友達ママが予約してくれて、三組でベビーサイン体験会に参加。
d0000135_012664.jpg

ところはお台場。
気が合って、ちょこちょこ一緒に出掛けている三組での集合だったので、ランチのほうが主の目的となり。
ホテルランチとかいいねー、と、サイト上で見てお子様OKそうな雰囲気のビュッフェレストランを見つけ、予約しておいた。
d0000135_0141777.jpg

月曜日だったこともあり、あまり混んでいなくて、ちらほら着席しているテーブルはお子様の姿もちらほら。私たちの生後8か月の3人は時折誰かしらがむずかりつつも代わり番こにねんねしたり(うちの子は1時間半爆睡)、なんとなく空気を読んでくれたのかいい子にしててくれて、「ホテルランチなんて久しぶり~」と、すっかりのんびりしてしまい。
お料理もおいしかったし、品数も多すぎず食べたいものは一通り制覇できる感じでほどよく、お店の方の配慮もつかず離れずながらとても親切で、最後にはお店の前で記念写真も撮ってもらい、大満足の昼下がりでした。パシフィックホテルのル・ブーケさんです。
[PR]
by brandaffodil | 2014-10-31 00:21 | 日々のこと

かぶりものつながり

iPhone6に変えたので、画像も少し良くなるし動き早いし今までより電源保つので、ちょこちょこアップできたらと思う。

そういいながらいきなりブレブレ画像。
d0000135_16144867.jpg

買い忘れたものがあり、夕方に急遽、買い物に出る。
朝晩冷えてきたからって完全防備。何もフードまでかぶせなくてもよかった。
変な時間にいきなり連れ出されビックリしてブレた。(ブレを被写体のせいにする無茶)

d0000135_16152769.jpg

母が買ってくれたマイメロディちゃんのクリップ。ふだんキャラものを手に取ることはないが、母が「やっぱり子どもの身の回りには可愛いわよー」と。

ほんとだ可愛い。お気に入り。
[PR]
by brandaffodil | 2014-10-22 16:10

遊んでる

d0000135_1559987.jpg

一日一回は、家の外でしっかり遊ばないと疲れません。
ちょっとの雨風なら支援センターや児童館やスイミングやどこかしらに行きますが、台風レベルの時はマンション内のキッズルームへ。

このヒトはおもちゃよりも、誰か他の子どもがいることが何よりのごちそう。
ここは午後に小学生組がちらほら来るくらいであまりお友達がきません。
家にないおもちゃがたくさんあるので一人で遊んでますが、ちらっとでも誰かが来るとそっこーで寄っていく。ずっと遊んでくれる女の子たちもいる一方、袖にされることもあるけど、それでも誰かいることが嬉しいらしく、何度も寄っていく。

なぜかボーネルンドの台の上で車を操る
d0000135_15591017.jpg


健診に行っても
d0000135_15591042.jpg


都会に買い物に行っても
d0000135_15591130.jpg

(六本木ヒルズだけど、たまたま誰もいなかった…不運。)
d0000135_15591262.jpg

キッズスペースさえあれば一人で遊んでくれて、さらにお友達でもいれば永遠に遊んでてくれるので、体が離れてる時間が増え、その点では楽になりました。
[PR]
by brandaffodil | 2014-10-22 15:45