タグ:ご飯もの ( 42 ) タグの人気記事

飯を作って記録をのこす

豚丼
d0000135_22562025.jpg

あめ色になった玉ねぎととろける卵のコラボが美味。
肉なしでもいけそう。

d0000135_23222392.jpg

にんじんの胡麻だれ和え。
にんじんは刻んでレンジで50秒加熱。
そして、昨日、蒸しなべに付けるのに作ったごまだれを流用して和える。
「たれ」って、作り置きがあると、何かと便利なものですね。


小松菜ともやしの炒め物
d0000135_2259189.jpg

鶏がらスープの素、酒、塩・こしょう・オイスターソース、いずれもほんの少しずつで
かなりあっさり目に。


ああそれにしても。なかなか生活が落ち着きません。


  働けど働けどわが暮らし余裕できず じっとTO DO リストを見る (字あまり)


たぶん、「要領が悪い」「理解力がない」「やることが遅い」の三重苦が原因と思われます。



本日の歩数  ・・・・・  10145歩


d0000135_23222648.jpg小川洋子著「猫を抱いて象と泳ぐ」

私が過去に読んできた中で、間違いなくNo.1の小説です。

これほど、哀しみに満ちて、やさしさに溢れて、人の心のつながりの温かさと胸苦しさを静かに訴えかけてくる作品は今まで読んだことがありません。

そして、心だけでなく、感覚的にも訴えてくる。読んでいると、美しい映像や絵画が目の前に現われ、静かな音楽が流れ、芸術的でありながら、符号や数式に網羅された数学的でもある世界にいつの間にか漂っている自分に気が付く。
すごいテクニックだと思いました。

小川洋子作品の中でも最高傑作だと思います。

[PR]
by brandaffodil | 2009-04-06 23:20 | 家ごはん

夜半の鮭ちらし

d0000135_734645.jpg

昨晩も微妙に遅かったので、簡単に。鮭ちらし。
ずっと冷凍していた鮭をそろそろ使わねば・・と焼いてほぐして、酢飯にまぶし。

d0000135_735282.jpg

そして数日前に買って忘れていた京がんもで小松菜とあっさり煮。
しっかりめのだしに、濃縮タイプの麺つゆ少々。
小松菜は下茹でしないので、京がんもの油抜きを含めても5分くらいだけど
仕上がりの味、かなり大好きな感じでした。

d0000135_7382464.jpg

先日煮ておいたかぼちゃ。実は今が旬なんですよね。
冬至に食べるのは、夏から半年たっても食べられるかぼちゃを食べることで、
「持ちの良い」体になることを願う縁起だとか。

d0000135_7402157.jpg

しかし毎日ムシムシしますねえ。
どうしてもさっぱり系に流れてしまう今日この頃。

・・さっぱりと、「食べない」、という方向には行かないのが不思議です。



人気blogランキングへ
[PR]
by brandaffodil | 2008-07-09 07:41 | 家ごはん

夫バースデイ:平日ディナー

先週、夫の誕生日がありました。
d0000135_22131774.jpg

その日は会社を早めに出て、プレゼントを買い、ケーキ屋さんに閉店前に滑り込みセーフ。
家に帰って、鍋でカレーピラフを炊きました。
しかし夫は普通の時間に帰れないことがわかっていたので、わたくし先に失礼をば。(えーっ!)
d0000135_22154589.jpg

ちょっと水分が多かったか、お米がべちゃっとなりました・・・が
えびも野菜もたくさん入れたので、味はまあまあ。夫のいとこからもらったイタリア土産の
ドライトマト入りの雑穀を少し混ぜ込んだのが、いい食感のアクセントになった。

夫は深夜に帰ってきたので、あまり盛大に食べないほうがいいのはわかっているのですが
昼も食べていないし、まあ今日は特別だし、と・・・ステーキ乗っけのスペシャル版。
d0000135_2217205.jpg

・・・・大きく出過ぎました。ステーキと呼んでいい厚さではございませんね。失礼しました。

そして、引越し後 初の誕生日ケーキは絶対これ、と決めていました。
d0000135_2219599.jpg

町の名がついたロールケーキ。引っ越す前から、これを食べるのを楽しみにしていた夫。
なんとしてもこれをこの日に買いたくて、19:58に滑り込み。(聞いたら、やはり20時閉店でした)
d0000135_22214543.jpg

卵の味が濃厚な、素朴なロールケーキでした。

プレゼントですか?
ボーナス後初めての買い物だったもので、つい大盤振る舞いを・・・

Sharp製、ワンセグ対応の電子辞書です。


私はインターネット検索のセンスがないので、仕事でもプライベートでも常に
電子辞書のお世話になっています。辞書を持ち歩くことはできないけど、
あの薄いフォルムの中に、7、8冊分の辞書が入っていると思うと、すごい。
使い慣れると、なしで生活することが考えられません。
でも考えてみたら夫はインターネットの人なので、使ってくれるかどうか。。
あげた時は喜んでたけど、ワンセグでちょこっと遊んだ後、それ以来 箱から出してるのを
一度も見ていない・・・・・・・・・

最高のプレゼントあげたーと思ったけど。
自分が嬉しいものが人も嬉しいかっていったらそんなことないしねえ。
ま、いいか。何はともあれ、お誕生日おめでとう。

人気blogランキングへ
[PR]
by brandaffodil | 2008-07-06 22:32 | 家ごはん

気持ちだけ雛祭り

今日は雛祭りですね。
一日早く、昨日、気分だけそれっぽいご飯に。
d0000135_22593443.jpg

蛤はないけどお吸い物(ほうれん草&かまぼこ)、間に合わせのちらし寿司。

むつの西京漬けを焼いたのと、おひたし。むつ、激うま!!
d0000135_2311148.jpg


ちらしは、焼いた鮭とごまを酢飯に混ぜ込んで、たまたまあったでんぶを載せ、
錦糸卵とセリの葉をちらしたもの。鮭一尾を焼いて取っておいたのがちょうど使えてラッキー。
d0000135_2333242.jpg


お雛菓子代わりにと、母が焼き菓子をくれました。嬉しい。小さい頃に戻った気分。
d0000135_235271.jpg


この食事の残りをそのまま詰めて、今日のお弁当に。
d0000135_2355614.jpg

後ろのかわいいお雛様は、一人暮らしをしていた頃の部屋に、母が買ってくれたもの。
今でも、お雛様が近づくと、食器棚の奥から取り出して、飾ります。

そういえば、大人になってからも、離れて暮らすようになってからもずっと、
雛まつりの前にはお菓子を買っておいてくれたり
季節の行事には何かしらの心づくしをしてもらってきたなあと今、気づく。
行事にまつわる思い出は、大事にしてもらってきたことの記憶。

小さい頃のことを思い出して、こんなこと覚えてたんだ、と自分でびっくりしたり。
なんだかいろんなことが無性に懐かしい、お雛様の日です。




▽気に入っていただけたら、クリックお願いします。
人気blogランキングへ


にほんブログ村 料理ブログへ

d0000135_1757842.gif
[PR]
by brandaffodil | 2008-03-03 23:14 | 家ごはん

節分ごはん

雪の節分でした。
d0000135_21453094.jpg

関東には恵方巻の風習はないのですが
今朝、パソコンの電源入れたら、仕事中らしい関西支社のお姉さんから
メッセンジャ(チャット)入ってきて、

「今日は節分やね。こっちはどの家も、晩ご飯は巻き寿司と鰯の焼いたんなんよ」
と言うのを聞いて、太巻が大好きなわたくし


巻き寿司と鰯の焼いたん・・・ええやないの!!


つーことで。
d0000135_21491560.jpg

鰯の丸干し焼いたんと、(あつあつ鰯、うまかったーーー!)

例によって成型モノにはめっぽう自信がないので、手巻き寿司スタイルで、
各自で巻く、巻き寿司。
一応風習にならって、窓を開けて今年の恵方・南南東を向いてかぶりつきましたとも。


それから、、いつもおいしそうな料理を鮮やかな画像に収めていらっしゃる
こちらの方の記事で、良いものを習ったので早速まねさせていただきました。
d0000135_2215284.jpg

春菊、ほうれん草、絹さや、菜の花が少しずつあったので、これを順に茹でて
水に取り、やさしく絞って 刻んで合わせて、おひたしに。
d0000135_22152221.jpg

いつも、少しずつ中途半端にある菜っ葉をどうしようか、これだけじゃおひたしには
少ないし・・・と持て余していたけど、刻んで混ぜていいんだ!と目からウロコ。

すり胡麻と、しょうゆに鰹節と砂糖とで麺つゆ風に作っただし醤油を掛けて。
なんともいえない複雑な緑の味がして、おいしい!うん、、、なるほど、はんなり、です。


菜の花はこちらにも。お吸い物。あれっ、菜の花使うのはひな祭りでしたっけ。1ヶ月早かった。
d0000135_21574624.jpg


d0000135_2158396.jpg
せっかく干瓢を煮ておいたのに、

まんまと忘れてた・・・


激太&特大の巻き寿司を
食べ終わった後に気づいた。

しばらくは、、、no more 巻き寿司。


d0000135_2202231.jpg
鬼は外

福は内。

子供の頃、年の数だけじゃ足りなくて
大豆をたくさん食べ過ぎて
病院の救急に掛かったことがあるので
大好きだけど、今それで病院に
掛かるのは恥ずかしいので
ちょっと控えめに。
今はもう、年の分食べたら、食べ過ぎ?

明日、うちのベランダに小鳥が集まるかも。


d0000135_2235683.jpg
母がメールで教えてくれて
今日作ってみたデザート・・

一人用土鍋 DE プリン。

卵と牛乳と砂糖とで作る
カンタン蒸しプリン。

20分くらいで出来てしまう
お手軽デザートですが
なかなかおいしかったです。



▽よろしければ、こちらクリックしていただけると嬉しいです。
人気blogランキングへ


にほんブログ村 料理ブログへ

d0000135_1757842.gif
[PR]
by brandaffodil | 2008-02-03 22:10 | 家ごはん

二草がゆと、お供たち

今日は七草ですね。
ということで、朝はお粥を。
d0000135_222478.jpg

七草は揃わなかったんで、二草がゆです。
家にあった、大根の葉と蕪の葉だけ。

辰巳芳子先生の談によると、わざわざ育てたのでもない、冬の野に自生した
精の強い菜を、お粥と炊いて摂り込むことで、お正月の冬篭り明けの体に必要な
栄養を摂れるのだ、というようなことだった。

でも今のこんな町の中で七草が自生しているはずもない(せいぜい、はこべくらい?)
ので、まああえて揃えなくても、あるもので作ればいいのかなと。

d0000135_22291893.jpg

昆布と塩少々の味付けだったので、柚子と胡麻岩塩を少々トッピング。

あはーあったまる。だけどすぐお腹すきそう。。。


お供には、金柑の甘煮。
d0000135_22303658.jpg

夫の実家のお庭から、いち早く色づいたものを頂いてきたので煮てみました。
d0000135_22311095.jpg

まあなんてかわいらしい。味も、甘みの中にきりっとした苦味が残り、おいしかった。
関西のほうが早いのか、大原のほうが気温は高いのに、大原のはまだ青かったんです。
土地によって、そんな違いも面白い。

d0000135_22334015.jpg

2日間冬の陽にさらして、大原・神戸に出かける前に二杯酢に漬けていった大根。
これ、大好きです。別冊クロワッサン「昔の人の暮らしの知恵」からのアイデア。
大根やにんじんなどの野菜を二杯酢に漬けておけばいくらでも持つし、おいしい。
ご飯にもおやつにも。お茶にもお酒にも。

これは今朝、一夜漬け容器に仕込んでいった、白菜・にんじん・昆布・柚子のしょうゆ漬け。
帰ったらおいしくできてました。
d0000135_22372893.jpg

1cm幅くらいに切った白菜、にんじん・昆布の細切り、柚子のいちょう切りを
しょうゆ:みりんを3:1の割合で混ぜたものと混ぜて、重石をしておくだけ。

お正月に、だしを取った昆布がたくさん出たので、こんな漬物とか、昆布自体を食べる
レシピをいろいろ探しているところです。


6日の夜は鍋のあとに雑炊、7日の朝はお粥。
これで、お腹の膨れ具合は平常に戻りつつある・・・かな・・・ぁ???




▽気に入っていただけたら、クリックよろしくお願いいたします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 料理ブログへ

d0000135_1757842.gif
[PR]
by brandaffodil | 2008-01-07 22:22 | 日々のこと

ふっくらごぼうの玉子とじ丼

定時を回った頃はまだ雨は降っていなかったけど、夫と二人でかなり早い時間に
会社を出たので嬉しくて、本屋で立ち読みとかしてたらモロ暴風雨に当たってしまった・・・
アホですか。
d0000135_22515337.jpg

ずぶぬれになった夫を無理やりお風呂に入らせ、ゆっくりご飯の支度を。

共働きで同時に家に帰っても「アナタ~ 先にお風呂になさいます?それともお食事?」
という選択肢がある状況があり得るということを学んだ。早い時間の場合限定だけど。

※そこで「ご飯」と答えが返ってきた場合は
「ああそうかい。だがロクなものは出んぞ」というしかない。


d0000135_22563348.jpg
レタスと大根と大葉を細く切って、
そこにツナを混ぜ込んだサラダ。

ドレッシングは、
カツマルさんのポン酢しょうゆ「ゆずの里」+
グレープシードオイル+すり胡麻、の
和風で。

すべてが思いつきでしたがこれ ナ~イス。
気に入った。


d0000135_22573248.jpg

中途半端に残ってた鶏肉とかぼちゃを炒り煮に。

かぼちゃがほくほくで、ほとんど甘みをつけてないのに甘くて、おいしかったな。

d0000135_2259726.jpg

その、本屋での立ち読みで「男の料理 幸せのどんぶり飯」みたいなタイトルの本を
ぱらぱらとめくってきたら丼物が食べたくなっちゃって。

鶏は煮物に使うし、何も動物性のものがなかったので、奥の手。

牛なし牛柳川丼。(なんのこっちゃ)

これねえ、調理方法でごぼうが主役になれる一品なんです。
しっかりコクだし出来て、すき焼き丼的な旨みも出せる。

作家の宇野千代のお惣菜本に出ていたコツなんですが
ごぼうはささがきしたら、長い時間 酢水につけてアク抜きなどせず
さっと素揚げするんです。

それから、昆布と鰹節でしっかり取っただしで長めに煮含める。その時アク取りを丁寧に。

すると、ごぼうが旨みをその身に閉じ込めて、ふっくらと炊き上がってくれる。
これに、葱としめじやえのきなどのきのこ類を合わせて、卵で綴じて。

ごぼうのいい香りがして、炊きたてご飯に掛けたらもう立派なご馳走なんです。





気に入っていただけたら↓クリックお願いします。
人気blogランキングへ



▽この2つにも参加してます
にほんブログ村 料理ブログへ

d0000135_1757842.gif
[PR]
by brandaffodil | 2007-09-06 23:06

秋ごはん

爽やかな風がうれしくってたまらん週末ですね~

d0000135_1351299.jpg

さて出揃いましたるはこの面々。

d0000135_1355390.jpg

早速、の秋色炊き込みご飯にしちゃいました。これに細く刻んだ海苔をかけて。

d0000135_1363190.jpg
土鍋ごと食卓へ。

具は、

ごぼう
椎茸
こんにゃく
にんじん

こんにゃく
油揚げ
しめじ
鶏肉  、、、です。

土鍋ごと食卓に出すと、品数が少ないのをごまかせるのだ。


d0000135_1381253.jpg

里芋と厚揚げの味噌煮。

これは「粗食のすすめ」幕内先生の「旬のレシピ・秋」より。

塩もみして一度ゆでこぼしてぬめりを取った里芋と、さっと油抜きした厚揚げを
だし カップ1・1/2に入れて火に掛け沸騰したら、弱火にし、だし汁を少し取って
味噌大さじ3+みりん大さじ2を溶かし、鍋に入れて、汁が少なくなるまで煮るだけ。

里芋のとろっとした表面に味噌の味がやさしく沁み込んで、秋を味わうには
いい一品でした。


里芋の煮物の後ろに写ってるのは、大根葉の炒め物。


d0000135_1312942.jpg
こんな可愛い大根の赤ちゃんです。

大原で、父が大根を育てる過程で
間引きしたもの。

生まれたての大根の葉は柔らかくて
ほんの少し火を通しただけでしんなり。
苦味もありません。

さっといためてしょうゆ味をつけ、
七味を振ってご飯にかけていただくのが
大好きです。



結婚前、一人暮らしをしていた家は築年数がだいぶ経った物件で
通気性が悪かったため(冬は通気性がかなり良い)、夏は外より暑かった。
冷蔵庫に入れてても物がすぐ腐ったり、バジルがやたらめったら繁殖したり。
(南イタリアの気候に近かったのか)

だから朝起きて、家を出るまでに、もう会社に行くのが嫌になるくらいの汗を掻いた。

秋になっても9月~10月のはじめくらいまではまだ暑く、家を出て
キンモクセイの香りがすると、ようやく、「ああ・・・今年も生き延びられた」と
思ったものでした。

夏になる前は、意味もなく「なんだかいいことありそう!」とワクワクするのですが
何ヶ月も暑い日が続いた後は、夏の終わりをさびしく思いつつも、やっぱり
涼しくなって秋の風が吹いてくるのは嬉しく感じますね。

食べ物もおいしい季節ですしね。



気に入っていただけたら↓クリックお願いします。
人気blogランキングへ



▽この2つにも参加してます
にほんブログ村 料理ブログへ

d0000135_1757842.gif
[PR]
by brandaffodil | 2007-09-02 13:19 | 家ごはん

Shall we カーボnight?

もう、何も言うまい・・・・
d0000135_23445665.jpg


今日に至っては、もはや説明のつけようがございませぬ。

d0000135_23583939.jpg

本日は夫が激遅(行動のことではございませぬ。。)らしいと聞いていたので
安心してゆっくり(?)仕事をしていたら、帰宅時間はわたくしが5分あと着。


二つのフライパン同時進行にて10分で作った
焼きそば&チャーハン。。。

そして申し訳程度のわかめサラダ。


炭水化物たっぷりでエネルギー満タン。
これからフルマラソンでも走るつもりなんでしょうか。



梅雨が明けないまま8月に入っちゃいましたね・・

しかし朝の通勤時、頭上で春の光景が繰り広げられております。


あの連続雷雨が過ぎた翌朝から、やたらとツバメが飛び回ってませんか?

どうも、雛にやる餌を探して飛び回ってるのとは様子が違う。
ピーチクパーチク、はしゃぎながら狭い範囲の同じところをぐるんぐるんと飛び回ったり
電線にとまっては並んでペチャクチャ鳴いている。

あれは・・・
見た目はもはやすっかり大人になった、今年の雛が飛んでいるんですね。

親鳥が子供のために餌を探して飛んでいたのとは違う、ただ生きる喜びに満ち溢れた、
生活のためではなく、今の瞬間を楽しむためだけに存在しているかのような振る舞い。

人間で言うと、ハイティーンから20代前半って感じですかね。
(これがほんとの若いツバメ)


そんな「この世の春」みたいなまぶしい光景を、毎朝見上げています。


よく、年長者が若者に言う「今が一番いい時だよ」という言葉が
なんだか身に沁みて理解できたのでした。
[PR]
by brandaffodil | 2007-08-01 23:57 | 家ごはん

渋い炊き合わせ

今日の夕飯はなんとこれだけ。

d0000135_23152642.jpg

ふきと揚げと根曲がり竹の炊き合わせふう。

大好物の根曲がり竹は、煮たのではなく、オーブンで焼いたのを盛り合わせただけ。
小皿にとって、おしょうゆ少々で食べました。

フキも根曲がり竹も、ほのかな渋みがたまらないです。どっちも大好きなんですよ。
d0000135_23351117.jpg

でも連続で食べてたら口の中が渋渋になって歯がキシキシ言い始めた。
歯みがきしてこよう。。。


もとい。


その後帰ってきたダンナさんにはチャーハンを。ぱっと作れるおかずが思いつかなくて。。
d0000135_23202733.jpg




ここのところ、あまり体調が良くないのでちょっと食事の量を節制してます。

お昼前に、バイブの振動を感じたので携帯をぱっと見ると着信してない。
自分のお腹が鳴った振動だったらしい。って、どんだけ~!

慣れないことをしているもんだからお腹が空くんですかねえ。。


そんな中、兼ねてより同僚の間で「おいしい」と評判になっていたイタリア料理店に
ランチに行きました。

なんとなく、口当たりが良さそうなのでニョッキを選んでみました。ズワイガニのクリームソース。
d0000135_2326485.jpg

クリームがけっこうさっぱりしてて、でもカニの旨みがよく出ていて
とてもおいしかった。ニョッキも、粉が多くないのか、さらっと軽くて食べやすい。

こんなおいしいソース、一体どうやって作るんだろう・・・



そうこうしてるうちにもうこんな時間だ。お風呂にはいって寝ます。おやすみなさい。
[PR]
by brandaffodil | 2007-06-05 23:33 | 家ごはん