「ほっ」と。キャンペーン

タグ:冬野菜 ( 51 ) タグの人気記事

買い物なしで何日いけるか?

あー寒い寒い、って毎日お耳苦しいですよね、すいません だって寒いんだもん
d0000135_0152684.jpg

こうやって景色だけ見るとまるで春みたいなのにね
d0000135_0161887.jpg



d0000135_0164235.jpg今週ぜんぜんスーパーに行ってないので、コンビニで間に合わせに1個買ったりんご105円。

まあこんなに蜜が!スケスケですわよ。
「コンビニりんご」とバカには出来ない。

林望氏の「節約の王道」を少し前に読んで、食費管理のところが面白かったので真似して、食材が全部きれいになくなるまで買いに行かないというのを最近実践してみてるんです。今日こそはもう買い物しないと無理!って思っても、案外、何品か出来たりするのが楽しい。


用事を済ませて時計を見たら13時半だったので、外でランチを取ることに。
d0000135_0221837.jpg

ゼッポレって知ってます?サラダの横っちょに付いてる丸いやつ。最近このお店で初めて食べて知ったんですけど、ちくわの入ってない磯辺揚げ。ナポリのフリットらしいです。海藻が入ってて香りは磯辺揚げそのもの。私は好きです。
d0000135_0243134.jpg

最近ずっと食べたかったたらこスパ。
しかしこの直前に突然、気の重い真面目な用事(?)が明日に入り、気の浮かぬまま食す。

・・・・・・・

夕飯も、残り少なくなった食材を組み合わせてできる献立を朝からウキウキと考えていたのだが
d0000135_0271613.jpg

明日の予定のことに気を取られ、なんだかパッとしない出来栄え・・
d0000135_029186.jpg

冷凍していたお肉をタレに絡めて焼肉に。
d0000135_0293265.jpg

白菜のピリ辛。茹でた白菜を細切りにして、豆板醤とからしとごま油で和えるレシピなんですが、味見してみたらちょっと甘みと酸味も欲しいなあと思ったので、加えてみたらラーパーツァイになってしまった。
レタスとと玉ねぎにツナを散らしたサラダと。


明日も寒そうですが、良い週末を!
[PR]
by brandaffodil | 2010-01-16 00:43 | 家ごはん

寒いさむ~い、二日分

寒いですね!東京は今日初雪を観測したとか・・
ずっと外を歩き回っていたのに気付かなかった。。。
d0000135_22261714.jpg

そんな枕詞はもう要らんですか、鍋画像の前に。えへへ、照れ隠しですよぉン

d0000135_22281375.jpg

でもこの日は鍋なのに他におかずがあるのがすごいのである。いつも鍋の時は鍋だけだったけど、それも途中で飽きるのでねえ。

これ、おいっすぃ~です!にんじんと葱の和え物。ウー・ウェンさんの体を温める一品です。にんじんを千切りしてさっと茹でたのと、同じく千切りのねぎをじっくり油で炒めたのを和え、塩で調味。それだけなのにすごくおいしい。ねぎの香りが移った油でモリモリ食べられちゃう。

ほうれん草の胡麻和えと。

鍋は昆布だしにいろんな具材を入れただけの寄せ鍋。普通のぽん酢ももちろん合うけど、カツマル醤油さんのゴマぽん酢、「練り胡麻仕立てゆずの里」がとにかく合うのだ。私はこれなしで冬を過ごせない
d0000135_22333094.jpg


揚げを半分に切ってお餅を詰め込んで楊枝で綴じただけの餅巾着もウマーイ
d0000135_22342142.jpg


〆は、だしに麺つゆを合わせたので煮た、卵とじうどん
d0000135_22345330.jpg


・・・・・・・・
休日おやつ
d0000135_22353180.jpg

久しぶりに食べたア・ラ・ポテトのうすしお。厚焼きカットはやはりウマイ。

・・・・・・・・
d0000135_22363125.jpg

神戸に行くと買ってくる、神戸北野ホテルプロデュース・イグレックプリュスのミルクジャム
これはバニラ味 一番人気は紅茶ミルク、二番目は苺バナナだそうです。
(神戸北野ホテルに宿泊した時のレポ記事はこちら

・・・・・・・・
d0000135_22375475.jpg

残り物寄せ集め系の夕飯

これは新作
d0000135_22473420.jpg

ほうれん草(半束分)にもやし(半袋分)、賽の目に切った豆腐(半丁) 
それぞれをさっと茹でておいて、豆板醤小さじ1+酢大さじ1+ごま油小さじ2+塩小さじ1/3を合わせたのと和える。

さっぱりしててピリッと辛くて、イケますよー



いやしかしとにかく寒いので、あったかくしてお休みください。
[PR]
by brandaffodil | 2010-01-12 22:43 | 家ごはん

おせち小籠包

冬の朝日が、いよかんに透ける
d0000135_22161816.jpg

お天気はずっと良いけど、とにかく寒くなった
d0000135_22163910.jpg


炭水化物ランチ
d0000135_22174432.jpg

ちらしの残りと、はんぱな残りご飯と、なぜかパンまで・・・ブルーベリーヨーグルトと

d0000135_22182823.jpg
にんじんとじゃこのサラダもまだあったの忘れてて食事中に追加。

大根葉を茹でたのも混ぜてしまう。



冬至を過ぎて2週間、心なしか、日が長くなったような・・・午後5時の空
d0000135_2217174.jpg


さて、これでようやく冷蔵庫の中もほぼきれいに。
d0000135_22194270.jpg

主食はまたそうめん。すっかり気に入ってしまったカツマルさんの。
揚げ玉をのっけて食べたらさらにウマー!

これ、初挑戦。母が教えてくれた。
d0000135_22202628.jpg

お餅をレンジに30秒かけて柔らかくしたのを、打ち粉(片栗粉で!)をした麺棒で伸ばして、おせちの残り系のお煮しめを刻んだのを包み、フライパンにバターを落として両面焼くという、お正月消費の小籠包。(もとの出典はこちらの1月5日分

中身は、お正月の煮豚とキャベツとセロリを細かく刻んでごま油で炒めたのにしました。
お醤油を垂らして・・・バター醤油風味のカリっと焼けた表面と、もちもち食感の皮がたまらーん!
これイイ!!

残ってた根菜類を一緒くたに煮る。鶏ハムの残りも入れてしまう。炒り鶏ふうになった!
d0000135_22233689.jpg

普通のにんじんと金時人参とが混在・・・
たっぷり煮たけど、薄味にしたら全部食べ切ってしまった。


さて、冷蔵庫の食材もほぼカラになったところで、出かけてきます。
2日間、更新お休みしますね。良い週末を。
[PR]
by brandaffodil | 2010-01-08 22:29 | 家ごはん

今年最後のブランチ&ふつうご飯

今年最後のブランチ
d0000135_23105962.jpg

チーズ入りオムレツと春菊のポタージュ 食パンには、はちみつとくるみ
例の「こんがり焼けるチーズ」は賽の目になっているので料理に使うのにも便利。

ウォーキングの新しいルート
d0000135_23143453.jpg

たまに違う道をいくと、気分が変わって楽しい

d0000135_23162968.jpg
橋の下を見ると、サギが突っ立ってる。

群をなして行動してるカモの中で
ただ一羽、ぼーっと、立ち尽くしてる

何やってんだろう?




昼寝(まだ朝だけど・・)してるカモたちをガン見してた
d0000135_23182796.jpg

見過ぎだから。(笑) なんでそんなに見てるんだ。

d0000135_23221519.jpg

好きな音楽聞きながらノリノリで歩く冬の舗道


大掃除の合間のお昼は焼きそば
d0000135_2323727.jpg


d0000135_23234135.jpg自分ひとりの日の、年末仕事の合間の「まかないランチ」はこんな・・
ひどいもんだけど。

ごはんジップロックコンテナに入ったまま。

カップスープのコーンポタージュに、半端な残り食パンを焼いてブチ込んだ・・




明日は年越しそばだから、普通の夕飯はこれが最後。
d0000135_23262553.jpg

ラーパーツァイ
d0000135_23255937.jpg

先日の帆立とスナップエンドウの炒め物、もともとのレシピはこれ
d0000135_23271161.jpg

豚肉とスナップエンドウとしいたけを炒めて、醤油大さじ1+酢大さじ1+からし小さじ1を混ぜたのを加えて出来上がり。酢が入るのでさっぱりしてます!

湯豆腐  豆腐+タラ+水菜+ねぎ
d0000135_23281672.jpg

小さい鍋でやったらぎっしりぎゅうぎゅう・・


今年も、うちの毎日連続地味ご飯を見に来てくださって、ありがとうございました~!
[PR]
by brandaffodil | 2009-12-30 23:30 | 家ごはん

早い時間ならまだ・・のクリーム系

d0000135_23294153.jpg

ブランチ。
トーストは、チーズ半分、コンビーフとキャベツの半分。

ポタージュは、カリフラワー。甘くておいしいです。
d0000135_2330397.jpg


朝が遅かったので、昼を食べなかった。
早めに夕飯にしようと思って用意して、時計を見てみると・・・
d0000135_23312184.jpg

なんと、1時間間違えてて、6時だった。いくら日が短いからって・・・

でもまあ、夕飯は、早い分には体にもいいんだし。

白菜と肉団子スープの残り、コールスローは引き続き。

d0000135_2333150.jpg

かぶと海老そぼろ 白味噌仕立て

サーモンとほうれん草のマカロニグラタン
d0000135_23333394.jpg

そうそう、ホワイトソースは別立てで作らずに、具を炒めたところへ
粉を入れ、そこへ牛乳を足していく・・というやり方をぶんぶんさんに教えていただき
実践するようになってから、ホワイトソースものへの取り組みが気軽になりました。


しかし、、こんなバターたっぷりクリームたっぷりチーズたっぷりのもの、
早い時間に食べといて、まだよかった・・・・・・・・


d0000135_23364750.jpg

私自身は休日関係ない生活送ってるんだけど、土日はやっぱりあっという間です・・


一日一回、応援クリックお願いします。早くもTOP20入りが見えてきました!あざーッス!
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
[PR]
by brandaffodil | 2009-12-13 23:37 | 家ごはん

つれづれな一日

晴れた!あったかい一日。
d0000135_944253.jpg



気持ちいーい
d0000135_94766.jpg
・・・と言って、朝ごはんはマックだ。

もうもうわたくし、このマックグリドルを愛しているといっても過言ではないくらい好きです。
エッグなし。
エッグなしのを頼む人はあまりいないのか、いつも聞き返され、時には間違ってエッグ付が出てきます。



そして腹ごなしに散歩。普段通らない道を行ってみる。
d0000135_965368.jpg

師走の空は澄んで、青が濃い。

入ったことないスーパーを冷やかして、いつものスーパーで買い物をする。

d0000135_98375.jpg
いつものお菓子屋さんで。

ヨーグレットのミックスフルーツ版!

こんなの知ってました?
フルーツ20%も使用ですって・・そして食物繊維とBCAAってアミノ酸が入ってるとか。
こんなお菓子が「体の元気を応援する・・・」なんて謳ってるとは知りませんでしたわ。


d0000135_9102877.jpg
たまに買うパン屋さんで。
ここは、若干リーズナブルな価格設定である。

しかし・・途中まで食べて、私のコロッケパンではなくメンチのほうだったことが判明。謝りつつ残り半分を返し、自分のコロッケを食べる。 エエ!?



d0000135_9125433.jpg

夕飯は、なつかしの、ほうれん草とさつま揚げの炒め物。
実家ではよく出る。でもさつま揚げ、たてじゃなくて横に切るべきだった・・長い。

ほうれん草って、今が旬って知ってました!?(大先輩主婦の皆様には基本的な話ですみません)
恥ずかしながら、私は最近知りました。
栄養価も違い、春のほうれん草にくらべ、カロテンが3倍、ビタミンCは6倍もあるとか。
たしかに、緑が黒々と(?)立派に育った株がわさわさと売り場に積んである。
早速お買い上げ!で、たっぷりスタンバイさせました。

d0000135_9172613.jpg

冬に必ず作る、白菜と肉団子のスープ。
d0000135_9181880.jpg

肉団子は一度素揚げ、白菜も炒め、、、と、ちょっと手間がかかるんですけど、間違いなくおいしいので冬のおもてなしにも出します。あ、作り方、ここに書いてました。→この記事

ちょっとタネがゆるくて、まん丸のはずがハンバーグ型になってしまった・・

野菜も。コールスローがあると、一品できているのでラク!
d0000135_9202584.jpg

カリフラワーもセロリもおいしい。


クリックで応援お願いします。早くもTOP25入り!ありがとうございま~す
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
[PR]
by brandaffodil | 2009-12-13 09:26 | 家ごはん

白菜と乾燥帆立貝柱のクリーム煮

また本日も白菜。  先日母が東京に来た時、大原のをなんと丸のまま1個持ってきてくれたので・・
d0000135_21504674.jpg

白菜と帆立貝柱のクリーム煮。

今回はコチラのレシピを参考にしました。→リンク
このレシピのベーコンを、乾燥帆立貝柱の戻したのに代えて。
水の分量の一部に、この戻し汁を使うといいだし出ます!

しかしSHIORIちゃん可愛い。若い子が憧れてレシピ本買っちゃうの分かるなー
私も本屋さんで必ず立ち読みするもん 「作ってあげたい彼ごはん」シリーズ。
(買うまでいかないけど・・) ブログでばんばんレシピ公開してるのが太っ腹!

d0000135_21535893.jpg

これにもやはりしょうがを使うので、そして水溶き片栗粉でとろみもつけるので、ほんと体の中からあったまる感じ。

白菜、とろみ、クリーム煮のシチューっぽい感じ。
冬に嬉しいものづくし。

作ってあげたい夫ごはん。

しかし何。左上にチラ出してるぱっけーじ。



d0000135_2158331.jpg

わっ、ざーんねん。 ほか弁だってー

なんか今日、肉!脂!な気分だったので、帰宅が早そうだった夫に依頼。
カルビ弁当か豚のしょうが焼き弁当!と・・・

でも想像してたのとちょっと違う。あの、哀川翔がCMしてるもっと肉々しいやつ・・・
店が違ったか。

でもしょうが焼きの下に油まみれのスパゲッティが忍ばせてあって、「ザ・定食」みたいな男っぽい感じが気に入った!

「作ってあげたい夫ごはん」どころか、、、「夫にたのんで買わせたほか弁」・・・

d0000135_2241985.jpg

せめても、といっちゃあなんですが

温野菜よせ集めもお付け致します。




あたくしの一人ランチ。こちらもまた残り物よせ集め。
d0000135_2252277.jpg

先日の、銀だらとじゃがいも・大根の煮物が、冷蔵庫から出したら
煮こごりで激しく固まっていた!
タラってそんな脂分があるように見えないんで意外でしたが、皮の下にけっこうな
ゼラチン質があるんですね。

コラーゲン見るとテンション上がりますよね。歳を重ねるごとに・・・・・・


d0000135_2273566.jpg雪だるまたんはここに落ち着きました。

キッチンの、食器棚の取っ手の下。
カワイーイ


さて・・・また久々に復活してみました。
人気ブログランキング。
お気に召しましたら、一日1回、クリックをお願いします。
人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ


More : 昼下がりのリスニング
[PR]
by brandaffodil | 2009-12-09 22:27 | 家ごはん

ふわふわな日

毎冬の、いつものヘビロテメニュー。
d0000135_034362.jpg


d0000135_035721.jpg白菜と豚バラ肉の蒸し鍋。
鍋にサラダ油としょうが、豚バラ肉をいためて、豚に火が通ったら、白菜をどっさり入れて、塩と酒少々を振り入れて、フタをして10分~15分。
ぽん酢と黄身おろしでいただきます。
これは手間要らずで、白菜がいくらでも食べられちゃいます。

白菜は信じられないくらいカサが減るので、ぎゅうぎゅうに入れてぎちぎち状態でフタをする感じです。

出来上がりは、豚が見えずに白菜だけに見えるので、ふたを開けた瞬間、家族のテンションは下がるかも・・


d0000135_039512.jpg
人生初の事件・・・
お汁をよそったと同時にお椀を真横に傾けてしまい、汁が全部流れ出てしまった。

お椀の外側に、惨事のあとが見られます。

キムチ汁だったのに!!
具沢山だったのがせめてもの救い。

なんかこの日は水難の相出てたっぽい。


相変わらず、日中はなんだか春みたい。
d0000135_043275.jpg


気球に次ぐ浮遊物体 第2弾
d0000135_0432915.jpg

運河に、くらげ。

おーい、もうこの辺から川になりますよーーー海へ引き返しなさい!
d0000135_0441640.jpg

聞いているのか。(怒) 大発生すな。


しかし彼ら、なかなかあなどれない。

ふわふわしながらちゃんと生きてる。
いざって時は電気も出せる。
食べるとウマイ。

理想かもしれない。   ※電気出すのと食べれるのは別の種類?



今日はジョンの日ですね。(もう昨日か)
「レノン・レジェンド」聞きながら寝るとします。



また参加するっつったら怒ります・・?
気が向いたら押してやってください。
人気ブログランキングへ
[PR]
by brandaffodil | 2009-12-09 00:47 | 家ごはん

黄金煮、ごま炊き、みそ焼き

クノールのコーンスープで朝ごはん。
d0000135_0102476.jpg

バターについてよく聞かれるのですが、うちはいつも雪印のバターを買って来てすぐにこの大きさに切ってタッパーに入れて保存しています。料理に使う時もラクだし、冷蔵庫に入れててカチコチでも、この薄さならトーストに載せればすぐに柔らかくなるので便利なんです。

なつかしいような、そうでもないような、東京の風景。
d0000135_012851.jpg

紅葉も終盤かな。
d0000135_0122343.jpg


お味噌汁は、好きな具の組み合わせの一つ、さつまいもとキャベツ。
d0000135_0124983.jpg

夫は甘いもの星人のくせに、甘い料理を嫌う。特にみその甘辛系を。
なのに甘い具の味噌汁は喜ぶ。(玉ねぎ、かぼちゃ、さつまいも、キャベツ)
基準がわからん。

そして、料理が出来て運んでいる忙しい時に必ず、おやつやおもちゃや今要らないようなものとか、夫用の量の多いほうのお皿を私の席に置く。何のボケだか知らんが、毎回どかすのも面倒。

これは会社の方からいただいて来た中国出張土産のライチチョコ。Sアニキ~、おいしく頂きましたよ(半分こしました)

鯛とごぼうの黄金煮。NHKきょうの料理で10月にやってたの。
d0000135_0164491.jpg

早い話、柳川鍋の鯛バージョン。ただの卵とじなんですが、この季節だけは色合いにちなんで黄金煮というんだそうで。ごぼうと鯛もよく合います。柳川鍋とまた一味違ってあっさりとおいしい。(青物は水菜を使うんですが、なかったので小松菜で)
TVで見て、おいしそうと思いつつ、鯛を入手できたらお刺身で食べちゃうからやる機会ないだろうな~と思ってたんですけど、しゃぶしゃぶ用でお徳用パックになってる鯛を見つけたので!

大根の辛い部分をごまでまろやかに。ちょっと残ってた牛こま肉も加えて、ごま炊き。
d0000135_0193211.jpg

辛い部分・・といいながら結局、大根半分使って、食べ切ってしまった・・!


これは別の日ですが・・・
秋鮭のホイル焼き、ちょっとだけ除けておいたまつやの「とり野菜みそ」で味付けしてみた!
d0000135_085133.jpg

想像通り、よく合いました。とり野菜みそと秋鮭。


・・・・・・・・・・・・

<文字だけ”人生ごはん” Vol.2>

パリ一人旅。うんと若い頃の話。
郊外のクリニャンクールというところに、大きな蚤の市がある。
張り切って朝早くに宿を出て行ってみた。地下鉄を終点で降りてその町へ出ると、パリ中心部とは何となく雰囲気の違う、うらぶれた雰囲気だった。開いている店はまばらで、営業時間外のアメ横のような感じ。そう、早朝に来たのは、「蚤の市」を「朝市」と間違えていたのだった。
閑散としていてどことなく怖い雰囲気の中、広大な蚤の市の周りをぐるっと一回りしている間に、ようやく店がぱらぱらと開き始めた。
不思議なものを売っている店が多い。電話の受話器だけとか、ボールペンのキャップとか、やかんのふたとか。
そんな中にも、ヨーロッパの蚤の市のイメージそのままの、豪奢なアンティークの骨董屋さんや家具屋さんももちろんあり、恐る恐る覗いてみると、なんだかアンデルセンの童話の中に引きずり込まれていくような、タイムスリップしたような気分になる。
うなぎの寝床のように細長い古本屋さんで「世界のメニュー」という図鑑のような一冊だけを買った。

「なるほどなるほど」と満足して、蚤の市の隅っこにあるクレープスタンドで、砂糖だけのクレープをオーダー。「シュクレ(砂糖)」という。具がないからバターの香りだけがする。
おじさんは、子供にするようにニコニコとクレープを私に手渡した。マドモアゼル、とまだ呼んでもらえた頃のこと。世界の、見てみたいところの一つを制覇した甘美の味だった。
[PR]
by brandaffodil | 2009-11-26 00:21 | 家ごはん

また煮物

d0000135_7241031.jpg

里芋と大根と鶏の煮物

里芋も大根もおいしい季節ですね!
ちょっと甘め・濃い目の味付けが嬉しい感じです。

夫が遅かったので別々に。夫バージョン
d0000135_7232355.jpg

しかしカレーに味噌汁に・・・と、なんだかコッテリ・たぷたぷな感じ。。。

大原の蜜柑
d0000135_7253585.jpg

曇天続きの暗い室内で、異質な明るさを放ってくれています。
(蜜柑、と漢字で書きたくなったの、わかっていただけるでしょうか!)

ハウスのみたいに うんと甘くはないけど、味が濃くて、素朴で自然なおいしさ。


<文字だけ”人生ごはん”>
ネタが少ないときの新コーナー。デジカメがなかった頃だったとか、たまたま写真が撮れなかったなどで、画像はないけれど心に残っている食の話を綴ります。

もうだいぶ前の話。デジカメなんて持ってなかった頃。
母と私はヴェネチアに着いた。人の家の内廊下みたいな小路をくねくね進んでいくと運河に当たる、の繰り返しが面白くて、調子に乗ってぐるぐる回って歩いた。気がついたら、いつの間にか中心部から外れ、空き地の向こうに工場が見える 荒涼とした雰囲気のところに出てしまった。人っこ一人いない。アワワ、私たち完全にこの空気の中で浮いてるよ、と慌ててきびすを返そうとするも、まったく方向がわからない。ものすごい長身でハンサムな人が橋を渡ってやってきたが、キレイ過ぎてポーっと見とれてしまい道を聞けず。
とっぷり日が暮れる頃には、どうにかこうにか中心部に戻れた。歩き続けてお昼もちゃんと食べていないことに気付き、急にお腹が空いた。その時に食べたトマトソースのスパゲッティのおいしかったこと。母はまったく飲めないのに、二人でスプマンテのボトルを注文し、がんがん飲んでしまった。すると魚介のフリットが出た頃に母は撃沈。翌朝はさっぱりして「私飲めるんじゃない、って思っちゃったわー」と。違います。でも私たち二人にとって、あの食事のおいしさは思い出に残っている。料理の最大の調味料には空腹と、焦った後の「安心感」もあると知ったのだった。
[PR]
by brandaffodil | 2009-11-13 07:39 | 家ごはん