タグ:本 ( 4 ) タグの人気記事

初ぶり大根

d0000135_721661.jpg

ぶり大根。ぶりは切り身を使うと下処理もなくラクですね。食べやすいし。
アラの方が味は出るんだろうけど。
「京味」の西健一郎氏の「日本のおかず」に従ってこういうものを作ると、余計な手順が
ないので、シンプルでおいしいものが出来る。感謝。(西氏のはアラも使います)

ただやっぱり、煮物にはどうしてもある程度の時間とココロの余裕が要りますね。
なんということはない、と思うようになったのは最近だなあ。
以前は、時間がない中でやろうとすると、かえってイライラが募るばかりだった。
無理はしないでその時その時できることをすれば十分なんだよね、と今は思う。


小松菜の炒め物
d0000135_7221831.jpg

炒め物って、ちょっとオイスターソース入れるとぐっとおいしくなりますよねー
炒め始めに鶏がらスープの素少々、味付けは酒・オイスターソース・豆板醤、塩コショウで調整、最後にごま油ひとたらし。それだけでなんとなく中華風になるから不思議です。ご飯に合う。

きゅうりともやしのピリ辛
d0000135_7243079.jpg

きゅうり1本、さっと茹でたもやし(半袋)に対し、
ぽん酢 大さじ2、すり胡麻 大さじ1、ラー油 小さじ1。

水が出るとおいしくないので、調味料は合わせておいて、食べる直前に混ぜる。


先日いただいた沖縄土産の「島とうがらし」使ってみました。ほんのり香りもあって、いい感じ!


2日連続、お昼にサッポロ一番を。みそ、しょうゆの順で。
d0000135_729981.jpg

みその方、ひっさしぶりに食べたー
あんまり「味噌~!」って感じじゃないけど、これはこれで。


けやきも紅葉してきました。
d0000135_730986.jpg

けやき、桜、柿、、、緑→黄色→赤と三色に紅葉する木が好きです。
三色が同時に見られる時、印象画の点描のようで 見とれてしまう。

今年あったかいのに、なんとなく例年より紅葉が早い気がするんですけど、どうでしょう。
着実に、季節は移ろっていくのですね。



・・・・・・・・・読了メモ・・・・・・・・・・・・・

「自分の世界」をしっかり持ちなさい!―「強い自分」に脱皮するために (East Press Business)

渡部 昇一 / イーストプレス


最近読んだ中で、これが非常に面白かった。
自己啓発系に聞こえる軽いタイトルに比べ、内容はかなり哲学的で、古代~現代までの思想史も各所に織り込まれ、意外と難解。少々時間は掛かりますが、読み応えがある一冊です。

特に今の世の中、外の世界(社会)は常に変わっていくので、外の基準は自分自身の物差しには出来ない。自分の中に確固たる物差しを持って、自己実現していくことが生き甲斐につながる、というような内容です。若い方にもお薦めです。
[PR]
by brandaffodil | 2009-11-11 07:36 | 家ごはん

さんまとかハムとか

ごーはんは続く~よ~どーこーまーでーもー
d0000135_961927.jpg

あらっ でもいつもより品数多いんじゃなくって!?

今の季節ならではの、さんまのお刺身。小淵沢で買ってきた清里ハムのボンレス。
d0000135_972996.jpg

お魚に強いスーパーで買ったんですけど、さんまのお刺身、どことなくそこはかとなく生臭みが。。
付いてたレモンと、かぼすも追加で掛けましたが、ちょっと苦手かも。
青魚のお刺身は、鯵とかみたいにごく細く切ってあるのが限度かも・・
やっぱ秋刀魚は焼いたのが一番かなー

で、まだ言うかなんですけど(ちょっと嫌だと思ったこととか本当にすぐ忘れてしまうので、書いて覚えておかないと・・)、ちゃんとしたボンレスハム(=スーパーの安っぽいのじゃない)も私にはちょっと匂いがきついかもって思いました。

どうも、肉でも魚でも、生の匂いには注意が必要みたいです。
ちょっとすると嫌いになりそう。

・・ってネガティブなことばかりですいません。

茄子と青とうの香味煮。
d0000135_9132242.jpg

醤油・酢・砂糖・鷹の爪に、ねぎ・にんにく・しょうがの刻んだのをたっぷり入れて、茄子を煮るものです。今日は甘とう美人も追加。
茄子は揚げてから煮るのがぐっとおいしいですが、時間と手間を省きたい時、いきなり煮てしまって、最後にごま油を少し回し掛ける、というんでも十分おいしいです。


さて、ホームベーカリーで、ぶどうパンを焼いてみました~
d0000135_9171883.jpg

レーズンすくなっ!

だってね、レーズンの量書いてないんですよ。マニュアルに。最大60gまでで、お好みで、とか言っちゃって。で、家に残ってたレーズンを全部入れてみたんですけど少なかった。こんなパラパラにしか入ってないとゴミみたい。

d0000135_9192495.jpg

でもね今は秘密兵器があるのだよ。

小淵沢で買ってきたミルクジャム。これをバターと一緒に・・・
たまりませんわ。


・・・・・・・お薦め本・・・・・・・・

d0000135_9202597.jpg精神科医・香山リカ氏
「しがみつかない生き方」

これ、この7月に出たばかりなのにベストセラー、もう第6版目です。

いつからこんなに生きにくい世の中になっちゃったんだろう?ふつうの幸せを手に入れるって、こんなに難しいことなの?


今だれもが感じているこの疑問に、精神科医としてさまざまな臨床経験を経て香山氏が得た、「人生には最高もなければどうしようもない最悪もない。そこそこふつうにがんばって、しがみつかずにこだわらずに自分のペースで生きていけば、誰でもそれなりに幸せを感じながら人生を送れる。それで十分、というよりそれ以外の何が必要か」という持論を展開する。

会社を辞めてもビジネス書や啓発本のたぐいが好きで、そういう本が行間から発する「上を/前を見てないのは罪悪」という観念が根底にあった私も、これを読んでなんだかすーっと、心が楽になりました。


この本では、「恋愛」「若さ」「自分」「国・制度」「仕事」「子供」「お金」「生まれた意味」にこだわりすぎない・求めすぎない、ということが一章ずつ書かれていますが、笑えるのは、最終章。「<勝間和代>を目指さない」。勝間さんの本を何冊か読んで、面白いので、感心したりヘンにやる気出したりもしていたので、この章は特に面白かったです。何事もほどほどが良いってことですね。



あ、明日は更新をお休みします。

あすたるえご~
[PR]
by brandaffodil | 2009-09-10 09:32 | 家ごはん

飯を作って記録をのこす

豚丼
d0000135_22562025.jpg

あめ色になった玉ねぎととろける卵のコラボが美味。
肉なしでもいけそう。

d0000135_23222392.jpg

にんじんの胡麻だれ和え。
にんじんは刻んでレンジで50秒加熱。
そして、昨日、蒸しなべに付けるのに作ったごまだれを流用して和える。
「たれ」って、作り置きがあると、何かと便利なものですね。


小松菜ともやしの炒め物
d0000135_2259189.jpg

鶏がらスープの素、酒、塩・こしょう・オイスターソース、いずれもほんの少しずつで
かなりあっさり目に。


ああそれにしても。なかなか生活が落ち着きません。


  働けど働けどわが暮らし余裕できず じっとTO DO リストを見る (字あまり)


たぶん、「要領が悪い」「理解力がない」「やることが遅い」の三重苦が原因と思われます。



本日の歩数  ・・・・・  10145歩


d0000135_23222648.jpg小川洋子著「猫を抱いて象と泳ぐ」

私が過去に読んできた中で、間違いなくNo.1の小説です。

これほど、哀しみに満ちて、やさしさに溢れて、人の心のつながりの温かさと胸苦しさを静かに訴えかけてくる作品は今まで読んだことがありません。

そして、心だけでなく、感覚的にも訴えてくる。読んでいると、美しい映像や絵画が目の前に現われ、静かな音楽が流れ、芸術的でありながら、符号や数式に網羅された数学的でもある世界にいつの間にか漂っている自分に気が付く。
すごいテクニックだと思いました。

小川洋子作品の中でも最高傑作だと思います。

[PR]
by brandaffodil | 2009-04-06 23:20 | 家ごはん

一日一作

今日は久々、お弁当。
d0000135_22182944.jpg

わー。昨日の夕飯そのまんま。

お弁当を久々に作っ・・・
d0000135_22365214.jpg

・・たら、夕飯が作れなかった。

どうも、一日一食しか作れないらしい。 (ってお弁当は詰めただけだけど)

万豚記で焼きそば(タコとイカの唐辛子焼きそば)&ラーメン。
ここ、人気あるだけあって、なに頼んでも味付けいいと思う。しかも安いし。
平日の夜は空いてて、狙い目。
d0000135_22214954.jpg

キャベツのにんにくだれ。

今日は家にまっすぐ帰れてたらレタスのガーリックサラダを作ろうと思っていたので
似た感じのこれを頼んだところ、なかなかおいしかった。

でも自分がにんにく臭い。 明日は違う意味でマスクが必要です。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
d0000135_2224269.jpg
遅ればせながら読みました。
本屋に平積みになってる話題書。

読んで大変憂鬱な気分になりましたが、年々、日々、どんどん深まってきているように感じる自分の憂鬱が、この社会にどっぷり浸かって生きている以上、避けられないものだったのだと分かり、なんとなく安心もしました。それは、今ここではない別の場所に行ったら拭い去れるかといえば必ずしもそうではない。逃げたり抗って もがくばかりでなく、意志を持って「あきらめる」必要があるんだなと。

憂鬱になりながらも、読後はどこかすがすがしい、潔い気分になることができます。

[PR]
by brandaffodil | 2009-01-14 22:29 | 日々のこと