タグ:東京の風景 ( 109 ) タグの人気記事

気球にのって

本日のナニコレ珍百景
d0000135_22224479.jpg

いきなり!町の空に熱気球!!
d0000135_22232088.jpg

飛んで飛んで飛んで飛んで飛んで飛んで飛んで飛んで飛んで♪

12月とは思えないあったかい日曜日。
浮いたり沈んだり、ふわふわした気球を見ていたら、ちょっとシアワセな気分に。
d0000135_22261512.jpg

いやーしかし、びっくりした~

つい最近、私がファンしてるブログに熱気球大会の画像が出ていて
気球、近くで見てみたいな~って思ってたんです。そのタイムリーさにもびっくり!

※あ、私は乗ってません・・

d0000135_22243919.jpg

シアワセ気分ついでに、タリーズでお昼 



朝に戻って・・・今朝のミニグラタン皿はベーコン&ミックス野菜グリル。
d0000135_22255397.jpg


どんなに日中あったかくても、夕暮れ時はやっぱり冬を感じます。
d0000135_22265020.jpg


・・・さあこのフリ!もうお分かりですね。

d0000135_2228266.jpg

・・・鍋!

今日は、今日はですね、このフツーな醤油味の肉団子入り寄せ鍋に・・
d0000135_22294446.jpg

大根おろしをたっぷりのせる。
金沢の加越屋徳兵衛さんがコメントで教えてくださった、みぞれ鍋!

雪が降ったような見た目と、さっぱりした口当たり、柔らかいとろみが付いたスープ。

この後、うどんで〆ました。おいしかったです!!
[PR]
by brandaffodil | 2009-12-06 22:36 | 週末ごはん&ブランチ

SATC東京版

町はすっかりクリスマス!銀座ミキモト前のツリーは赤×白でした。
d0000135_16583630.jpg

もう12月なんて、もうすぐ2009年も終わってしまうなんて、ほんと実感ないなあ~

ちょっと前の話だけど、若い頃の友達に会った。実に4年ぶり。
d0000135_17303369.jpg

リーズナブルなアジアンダイニングにて。
こういうお店って、最近あまり来る機会がないので、今よりもっと食欲旺盛だった社会人になりたての頃を思い出す。その頃の友達と、となれば尚テンション上がる!

生春巻、いろいろプレート。
海老トーストや豚のピリ辛サラダがおいしい。

d0000135_1648317.jpgトムヤンクンに、
ナシゴレン。
久々の、アジアンの王道に満足。

この友達は今ハッピーシーズン真っ只中!
クリスマスムードに彩られた町よりもキラキラしてた。
まさにAll dressed up in love~♪だね。
末永くお幸せに!




さて世間は早くも忘年会シーズン。
d0000135_16591836.jpg

早々に、ゆかいな仲間たちと。
リアル女子のみでSATC in TOKYO、ぶちゃバナ全開! ※ぶっちゃけ話、のことです

今回はわたくしのセレクト。イベリコ豚ベジョータをワインと味わうお店。
その名もズバリ「銀座イベリコ」(笑)
d0000135_1735686.jpg

ハモンイベリコ(値段が1g単位の表示でびっくり!実際は思いのほかリーズナブル)
イベリコソーセージ、スペアリブなど

ワインは赤が合うんだろうけど、みんな「飲めればなんでもいい」というので(笑)
私でも飲みやすい白にしてもらった。
ウィスキーっぽい芳醇な香りがする、わりに重めの白だった。
とてもおいしかった。

d0000135_1773022.jpgここのメインはイベリコしゃぶしゃぶ。〆的に軽く、ロースを一人前と野菜、うどんを豆乳だしと昆布だしでいただきました。

夜更けまでしゃべり倒し。
やっぱ女子会はめちゃ楽し!


もう「年忘れ」だなんて信じられないけど、この挨拶にも躊躇があるけど。

来年もよろしく!今年もお疲れさまでした。
[PR]
by brandaffodil | 2009-12-05 17:11 | そとごはん

銀だらと大根・じゃがいものべっこう煮

またまた・・お先に失礼。
d0000135_7563861.jpg

銀だらと大根とじゃがいものべっこう煮
キャベツの鶏そぼろ餡かけ
春菊の白和え (作った初日、てんこもりで食べたら気持ち悪くなった。こういうものは、ほんの一口がいいのだと悟った)

栗原はるみさんの季刊誌「haru-mi」の冬号が出ていたので立ち読みしたらおいしそうだったので真似してみた
d0000135_7592222.jpg

ギンダラ大根じゃがいも~♪ (ギンギラギンにさりげなく~のフシで)

これうまい!

はるみさんのは銀だらと大根だけ。作ろうと冷蔵庫を開けたら大根が十分なくて大誤算。里芋もなく、あわててじゃがいもを追加してみた。

大根とじゃがいもを一口大に切ってレンジで少し火を通し、鍋に入れてひたひたの水で茹でて、煮立ったら銀だらを加え、甘辛に味付け、アクが出たら取り、落し蓋をして煮て、ある程度経ったらフタを取って、煮汁が半分くらいになるまで煮詰める。じゃがいもを途中で取り出しておくと煮崩れが気になりません。


これだけ毎日お目に掛けといてなんなんですけど、自分の作ったものを本当においしい!と思えたことってあんまりないんです。(レシピまで載せて、作ってみて下さる方もいるのにすいません・・作る人の作り方によってきっとおいしく出来る!と思うものだけ作り方書いてます)
でもこれは、クセのない銀だらがいい仕事してくれたのか、すごくおいしかったなー


d0000135_85473.jpg

キャベツとひき肉の餡かけ、は、若干洋風なので、味の足りない分はケチャップで。

これ、育ち盛りの三姉妹がいてお母さんは働いている、というお家の方から習ったもの。
簡単で、ボリュームのある一品です。

深めの鍋でひき肉(100gくらい)を炒め、十分に炒まったら、丸ごとをくし型に切ったキャベツ(1/2個分)を鍋に詰め、水・酒か白ワインを合わせてカップ2くらいと塩ひとつまみにブイヨンのキューブ1個を入れて、無理にでも蓋をして、10分くらい蒸し煮にする。

そのまま食卓にドン!もいいし、冬は、先にキャベツをお皿に盛り、キャベツを取り出した鍋のスープに水溶き片栗粉でとろみをつけてから掛けるとおいしい!

あるお昼。セブンプレミアムの98円カップ麺、何気に好き。
d0000135_826343.jpg

ちょっと軽すぎるのが難点といえば難点か・・


さて先日。祖母の命日だったので、母とお墓参りに行ってきました。

久しぶりに町に出てみたら、山手線がこんなことに・・
d0000135_816664.jpg

阪急電車みたい。

これこれ、これがホンモノのスパゲッティグラタンです。
d0000135_81637100.jpg

見た目ふつうだけど、中がスパゲッティ。すこし、ケチャップも入ってるっぽい。
d0000135_8165867.jpg

コーヒーもなんだか久しぶりにすごいおいしかったな・・
私はシアトル系より断然ドトールの豆使ってる喫茶店のが好きです。
スタバ入るならまだアートコーヒーの方がいいってくらい、軽めのが好み。

昔、家族で誕生日の食事などに行っていたホテルが来年なくなってしまう。
d0000135_8205024.jpg

ここの最後のクリスマスイルミネーションを見てきました。

懐かしい一日でした。
d0000135_8233938.jpg

[PR]
by brandaffodil | 2009-12-04 08:24 | 家ごはん

スパゲッティグラタン

昼のラジオ体操が終わって、さて、お昼だ。
・・もし今、なんでもある場所にいて、お昼に何を選んでもいいってことになったら何を選ぶかな・・と考えてみた。
d0000135_7284640.jpg

喫茶コロラドのスパゲッティグラタン、ってことになった。(結論に至るまで3秒)

で・・・溶けるチーズとか何もないけど作ってみた。

半分に折ったスパゲッティを硬めにゆでて、即席ホワイトソースにケチャップをところどころに落として、粉チーズ掛けてオーブンで12、3分。
d0000135_7303311.jpg

ワインの効いたグラタンがとてもおいしいということを知ったので、ホワイトソースに白ワインをたっぷり目に入れたら、うーん、こういう、なつかし系B級グルメには、ゲリラ的な無粋さだったかも。でも、まあ、満足でした。

すっかりクリスマスな町。
d0000135_7333124.jpg

丸ビル

コンランショップをちらっと覗いてみたら、クリスマスのテーブルコーディネートのディスプレイや、ツリーのオーナメントとか、キラキラ満載で萌え萌え~~~ 今度ゆっくり見に行きたい。


新丸ビル
d0000135_7335114.jpg

新丸ビルの1階のショッピングゾーンを「パサージュ」というそうですが、確かに、パリのパサージュを思い起こさせる造りになっているような。でもパリのはこんなに小奇麗ではなくて、もっと・・・・なんていうんだろう、時間が止まったような、不思議な風情がありますね。
Richelieu Drouot駅近くのパサージュの中にある宿を何度か利用したけど、今もあるんだろうか。中身は変わったとしても、昔からあるものはこれからもずっとあるんだろうな。簡単に建物がなくならない町が、うらやましくなることがあります。
[PR]
by brandaffodil | 2009-11-27 07:39 | 家ごはん

はたして

d0000135_22465129.jpg

台風一過で快晴の朝
d0000135_22472115.jpg

ウォーキングには行きました
d0000135_22474511.jpg

やっぱり気持ちよかったー!


続けよう。。いつかまた自然に忘れない限り・・・
[PR]
by brandaffodil | 2009-10-29 22:48 | 日々のこと

東京迷路

この夏、最後かな
d0000135_2274331.jpg

冷やし中華!
大好きです・・・食べ終わった後、なんかすきっとします。酸味と醤油のきりっとした味でかな。

夕飯
d0000135_2295269.jpg

先日、昼に一人で食べたハンバーグ、今日は夕飯に。
大根おろしとポン酢で、和風に。

うーん じゅ~すぃ~
d0000135_2211339.jpg


最近、最寄のコンビニが野菜の品揃えをがんばってて、105円均一でたくさんの種類の野菜を置いてくれるようになったので、冷蔵庫にちょっと野菜が足りないって時に買い足せて、ありがたい。
d0000135_22124730.jpg

今日、急遽 買い足したほうれん草。
後ろにはなぜか焼きそばが・・
昨日たくさん作ってよけておいたんです。おかず焼きそば、なかなかいい。


・・・・・・・

さて、昨日、延々歩いた話です(東京bran散歩)
d0000135_2215161.jpg

用事が一つ終わって、次の目的地は地下鉄で4駅くらいだから、ま、行けるところまで歩いてみよう、時間制限はないし・・・と歩き始めたのが運のつき。

方向は合ってるんだろう、と思い延々と歩いていくと、歩けど歩けど、知らない地名ばかり。
d0000135_2217269.jpg

しかし・・・この辺ってほんとに運河に囲まれてて、橋ばっかり。
(この辺で自転車買うと、必ずギア付を勧められるんですよ)

おお、でも、一つ橋を渡るたびに、ちょっと懐かしい風景に会えたりする
d0000135_22182323.jpg

この辺は、隅田川や東京湾に出て行く屋形船も停泊してる
d0000135_2219728.jpg

あっ、メトロの駅。たぶん○○駅だよね、と思ったら、ぜんぜん違う駅だったりして。
どうも、橋を渡るたびに、少しずつ進行の角度がぶれていっていたらしい。。
d0000135_22203260.jpg

ようやく広い川!たぶんこれ隅田川だよね。やっと江東区から脱出できる!(清洲橋、でした)

江東区ってほんと広い。北は亀戸の辺りから南は有明まで江東区ですからね~
d0000135_22225496.jpg

やっぱ中央区と江東区はなんとなく見た目が違う。↑中央区、↓江東区
d0000135_22233586.jpg

なんと!後方、わりと近くに、押上に建設中の新東京タワーのクレーンが見えてる。(白枠内) あれがこれから600mの高さになると考えるとすごいです。
d0000135_22244590.jpg

押上があんなに近くに見えてて、橋渡ってもまだ箱崎か・・・・・目的地、東京駅なんだけど。。。。。遠い

この橋を渡った後、TCAT(東京シティエアターミナル)があって、更に歩くと水天宮が見えてきて、人形焼の香りが漂ってきて(人形町)、更に歩いていくと証券会社がたくさん出てきて蛎殻町→東京証券取引所(兜町)→ジャスダック(茅場町)→新川→八丁堀→ようやく日本橋→東京(ゴ~ル)

と、まあ、ものすごい長旅になっちゃいました。

途中、新川でまた橋があり、これを渡るとまた危うく江東区(月島)に戻るところでした。
あぶないあぶない。恐るべし、江東区の呪縛。


でも東京ってほんとに、雑然としている。古いものも新しいものも、ごちゃごちゃしたところも整然としたところもあるけど、その全部が隣り合わせで、ごちゃまぜ。それが私の、東京の好きなところかな。

日本橋の一本裏通りがこんな風景だったり・・・(新亀島橋)
d0000135_22332958.jpg

そして東京は何気に広い。
こんなに長く東京に住んでいるのに、今日歩いたところは知らない場所が多かった。
こことここがこんな風につながってたんだ、って、地図と感覚がようやく一致した。

かなり疲れたけど、こんなことも、時間がなければできない。

東京bran散歩の貴重な1ページになりました。


この日の歩数:18135歩 (ようやく万歩計の電池入れ替えて、復活)
[PR]
by brandaffodil | 2009-09-03 22:37 | 家ごはん

夏の終わりの町歩き

またマフィン
d0000135_10122241.jpg

今日はデラックス、バナナとブルーベリー両方入りっ

さて毎年恒例、同じ8月生まれ同士の友達と二人誕生会。
昨年は二人ともリッチだったのでミシュランの店へ行ったが、今年は・・・

あの万世から、ゆるキャラのバースデーカードが来て、特典があるというのでランチに行ってきた。
d0000135_10201719.jpg

おめでと、モー。だよ。。かわいい。万世は今年(うし年)、60歳になるそうです。

d0000135_1015408.jpg

♪わたしの胸の鍵を 壊して逃げていーった♪

、と、注ぎ合い。
「じゃあ飲むときもお互いで飲ませあわないといけないんじゃないの」という話になったが、キリがないんでこの辺で。

久しぶりの肉ざんまい。(そうでもない?) うちではケチケチ使っているからのう。っていうか牛肉めったに買わない・・
d0000135_10192584.jpg

お味噌汁も豚汁ですから。すべてが肉だ。

会員バースデー特典でドリンク1杯と、写真を撮ってもらえます。
窓際の席で、ちょうどアキバの電気街をバックのど真ん中に据え、二人分の記念写真。
ゆるキャラの写真入れに入れて、おめでとうメッセージとともに。

友達からは、今なにかと話題のあのメーカーの可愛いインナーウェアを。
d0000135_10251920.jpg

いつも素敵なものをありがとー
私は70円のコップでごめん。。でもあれ可愛いよね!記念になるからいいよねっ


そしてこの日は、かっぱ橋へ行くことになっていた。
アキバ・万世橋から、かっぱ橋のある田原町まで、歩くこと30分くらい。
d0000135_10303262.jpg

ひさしぶりー!ニイミのおじさん
かっぱ橋の入り口の目印、「世界のニイミ」(ナベアツではない)

かっぱ橋って土日はお休みの店が多いんですよね。で、初めて、平日にやってきました。これずっと、在職中の夢でした。

業務用調理器具とか、格安の食器とか、芸術的な食品サンプルとか、もう楽しくってしょうがない。普通のメーカーものでも安く売ってるものが多くて、「あっこれ欲しかったやつ!あのお店より1枚500円も安い!」とか。

料理が好きな同士で来るのも楽しいが、料理うんぬんではなく、変なフェチ目線を持つ同士で来るのもめちゃくちゃ楽しい。基本、ほとんど冷やかしで周ったが、私は目的だった24cm四方の天板が買えたので満足。


そして、二人とも大好きな感じの、近代的(=中途半端に古い)喫茶店にてお茶。
食品サンプル(特にピラフ系)を見ていたら、急激にのどが渇いたのだ。
ここは前にも入ったことがあって、こだわりの珈琲がおいしい。

「魔性の味 珈琲オンリー」

しかしもちろん我々のオーダーはコーヒーオンリーではない。
d0000135_10442241.jpg

ハニートーストと、アイスミルクコーヒー。

ここら辺の喫茶店では、パンは田原町駅ちかくの「パンのペリカン」のを使っている。
ミルクの味がして、ふかふかで、素朴。
帰りに食パンを買おうと思ってペリカンへ寄ってみたが、売り切れですでに閉店してた。

友人はホットケーキ。バターがハート。湯気でレンズが曇った。
d0000135_10475697.jpg

コシがなくふにゃふにゃの、ある意味 正統派の昔懐かしいホットケーキでした。

いろんなお店を冷やかしまくって、気づいたらニイミのおじさんの背中に日は暮れた。
d0000135_10492221.jpg

ここの通りは仏壇屋さんが数多く並んでいるのだけど、異国の観光客の方々が多く店から出てくるのが面白い。むしろかっぱ橋より、外国人率が高い。

ここからまた上野まで歩き、足は棒になった。2万歩くらい歩いたんじゃないかな。

ゆるい文化がまだ生きている下町が好きな同士でもあり、町歩きはほんとうに楽しい。だらだら歩かないと見えないこともいっぱいある。


夏の終わりの、良い一日でした。




 
[PR]
by brandaffodil | 2009-08-28 10:58 | 東京 - My Home Town

汐留の灯

一ヶ月ぶりの汐留です  
d0000135_922761.jpg

仕事帰りのなつかしいメンバーと待ち合わせて、お食事会。

@カレッタ汐留の最上階、上海老飯店
d0000135_927816.jpg

来る日も来る日も顔を突き合わせていたメンバーと、1ヶ月ぶりに会う。
最初はちょっと照れくさかったけど、毎日いっしょに過ごしていたメンバーだから、ものの数分で、なんだかいつもどおりな感じ。

そして、おいしいものをいっしょにたべる。
「汐留OLのおしゃれお食事会」がテーマだから、ちょっと背伸びしたお店で、どきどきしながら。

d0000135_913375.jpg

ショウロンポウ、エビと黄ニラの春巻
d0000135_9133013.jpg

エビチリ、黒酢の酢豚、麻辣豆腐
d0000135_914297.jpg

d0000135_9144362.jpg

d0000135_9154680.jpg

ごはんもの系
五目炒飯、季節野菜の塩味汁そば、五目やきそば(撮り忘れ)。
d0000135_9165444.jpg

d0000135_9171234.jpg

うわ!どれもこれも、今まで食べたことないようなおいしさ!
たぶん、コクのある料理には良い紹興酒が使ってあったと思うし、一つ一つの味がものすごく深い。ショウロンポウの皮さえも、すごくおいしいと思っていたディンタイフォンのとぜんぜん違って、「これが・・・これがショウロンポウというものか!」と、雷が落ちたような感じ。手作り感があるのに、芸術的なおいしさ。

酢豚とか、麻辣豆腐とか、あんなものを作れるようになってみたい。


一品一品のお値段がけっこう張るので、社会人暦もうだいぶ長い面々すら、ドキドキしながら料理を選び、けっこうな人数いたのに、一皿ずつ頼んだりしてたもんだから、エビチリなんて一人1尾。(笑
d0000135_9224314.jpg

取り分けのサーバーを一緒に写すと対比がわかりますね(笑

計算したら、エビ1個300円強の計算・・・これが一番燃費悪かったかな。w
でもすごくおいしかったから、みんなこれは「よし」とした。

そんなドキドキ感も、うんと若い頃みたいでたのしかった。

夜景をバックに、なつかしい仲間の並ぶ光景はほんものの絶景だ。
d0000135_9265027.jpg

しかし・・・OLってリッチだ。少し離れてみて、かつての自分を思う。
もちろんいつもじゃないけど、ランチとかで、「今日どうする?上のぼっちゃう?」なんていって、こういう場所で時折お昼を食べたりしていた。昼はどこで食べてもそんなに値段が違わなかったりするからだけど、相対的に汐留は単価が高い。

楽しい時間はあっという間で、デザートを食べて〆る。
d0000135_9295295.jpg

黒胡麻の揚げだんご。黒胡麻の香り、皮のもちもち感、からっとした揚がり具合。
小さなデザートでさえも、芸術品のようだった。

「ゴチバトル」のような緊張感を味わいながら注文をした結果、一人あたまの金額は思ったよりだいぶ安かった。最後には、ちゃんとお腹いっぱいにもなった。パーフェクトなお食事会!

ありがとう。
息を飲むような夜景と、おいしい料理と、懐かしい面々、会話、この間合い。
うれしくて楽しいひと時でした。

続きを読む 
[PR]
by brandaffodil | 2009-08-25 10:01 | 汐留LIFE

a Perfect Crime

どん。2連発UP。
d0000135_9154385.jpg

有閑マダム、ホテルでアフタヌーンティーをしてきました。
ハイ、チョコプレートにシグネチャーが入ってます、シャングリ・ラ ホテル東京です。
(あ、写真撮影は許可を得ました)

前の前の会社の先輩と。 ※わたくし過去2回転職しております

28Fの窓際席から東京を一望しながら3段のティースタンドを、片っぱしからやっつける(笑
d0000135_845899.jpg

これ二人分。意外とボリュームない感じ。あれっ楽勝かなと思いました。

一番上がスコーン3種、2段目にサンドウィッチ、一番下にデザート系スイーツ。

たぶん食べ方まちがってるのですが、2段目のサンドウィッチ系を先に全部食べてしまった。
二人ともお昼を食べずに来たので。
d0000135_8475658.jpg

サーモンとキャベツのサンドウィッチがおいしかった!
アフタヌーンティーのサンドウィッチでは一部、胚芽パンも使うのがメジャーみたいですね。
キッシュと、カレー風味のロールサンドと。

さて、甘いものだけがあとに残った。
ちょっとからいものも残しておけばよかったと気づいたが時すでに遅し。
d0000135_8504631.jpg

本物のスコーン。

これが、きめ細やかで上品で、甘すぎず、一つ一つがほんとうにおいしかった。
「3つ連続食べ」しても飽きない。パイナップル入りが特にGoo。
私、自分の作ったものをスコーンなどと呼んでごめんなさい、間違えました、という感じ。

d0000135_8541282.jpg

スコーンに合わせる4種のスプレッド。

・はちみつ
・クロテッドクリーム
・カスタード
・イチゴジャム

このクロテッドクリームが、飽きない鍵かも。
バターほど強くはない塩気が少しあり、コクがありながらも意外とあっさりしてる。
ちゃんと意味があるんだなあと思いました。



第三のお皿は、夏限定の季節のお菓子。
d0000135_8555582.jpg

ミントのマカロン(私はミント味のものにヨワイ!) 3種のベリー入り
ホワイトチョコの器に入ったピーチジュレ(ホワイトチョコにヨワイ!)
フレッシュラズベリーのエクレア
シグネチャープレートの乗ったふわふわマドレーヌ

一つ一つが、びっくりするくらいちゃんとおいしかったです。いい仕事してますね。(なぜ上から)
なので甘いものだけが続いても、ぜんぜんオッケーでした。


d0000135_8593956.jpg

紅茶も、カップに残りが少なくなると、注ぎに来てくれます。
おいしい紅茶も、おかわりは限定種類の中から選べば料金内でOK。
3段のティースタンドを食べ終わった後、お茶請けとして小さな2段プレート(ミニガレットとチョコ掛けオレンジピール)も出てきた!



ひっさしぶりに、下駄履きでない高級ホテルに足を踏み入れましたが、どこで接するホテルスタッフもほんとうにホスピタリティにあふれていた。で、決して気取ってないんです。お手洗いに案内してくれながらちょっとした話をしてくれたり、最初待ち合わせでロビーで待っていたら冷たいレモングラスのお茶を出してくれたり。

たぶん、こういう対応って、もちろんマニュアルもあるのでしょうが、「心」の部分を教育していないと徹底されないはず。その点、今って、外資系高級ホテルの方がレベルが高い印象があります。


やっぱり、たまに、こういう場所に来て、一流のサービスを見る、ということも貴重な体験だと思いました。

続きを読む
[PR]
by brandaffodil | 2009-08-21 09:13 | そとごはん

炎天下のスーツ

土曜のブランチはサンドウィッチ
d0000135_10572717.jpg

ハムとたまご、キャベツと焼豚、きゅうりだけの。

きゅうりだけのは、「きょうの料理」で有元さんが、おいしく仕上げるポイントはとにかく、塩もみしたきゅうりの水分を絞りきることと言ってました。有元さんのはイギリスのアフタヌーンティーのきゅうりサンド流で、マヨネーズは混ぜてませんでしたが、うちのは、塩もみしたきゅうりにマヨネーズを少し和えます。

マヨネーズがあまり得意でなかった私は、子供の頃、もっとも愛するきゅうりのサンドイッチに、マヨネーズが入らなければもっとおいしいのではないか、と母に提案したら、母は、「入れないとおいしくないと思うよ」といいつつ、マヨネーズを入れないのを作ってくれたんです。それを食べてみたら、やっぱり入れているほうがおいしかったので、へえーと思った記憶があります。

有元さんは手のあとはペーパーで絞り、その後 更にさらしでも絞っていました。サンドイッチはとにかく具の水分がパンに移らないことがおいしさの秘訣だそうです。


さて、カラリと晴れたこの日、ついにアレを見に行きました。
d0000135_1133730.jpg

スーツはスーツでも、このスーツ。就職活動の話ではありませ~ん


続きはこちら↓ ↓ ↓

続きを見る : 炎天下の戦士
[PR]
by brandaffodil | 2009-08-16 11:27 | 東京 - My Home Town