人気ブログランキング |

長野惨敗物語

GW初めの長野旅行
ダイジェスト版の記事の画像、気に入っているのでわざとらしく何度もリンク

たったの1泊だったのでめいっぱい充実させたかったんだけど、実はかなり
イタ~イ感じの流れでした。
d0000135_1157936.jpg

最高のお天気に恵まれ、長い休みはこれから!という期待感いっぱいの中
朝10時過ぎの新幹線に乗り込みいざ出発。

14時過ぎから夫は学生時代の友人の結婚式に出るので、長野に昼前に着いて
まず会場確認。それからその日に泊まるホテルで軽くお昼、と首尾は上々。

しかしその頃から夫の体調に異変が。(まあこれはよくあることなので私はあまり気にしない)
昼もあまり食べたくないというのでジュースを飲む夫の前で私一人が普通に食べた。

で、夫と分かれ、私は一人でのんびり長野をぶらつくことにした。
熱いくらいの陽気の中、善光寺参道の老舗カフェでケーキ食べたりして。
(カメラは夫に貸していたため画像なし)

国内でも海外でも、慣れない町を一人でぶらぶらするのが心から楽しい私はもうルンルン。
長野駅前の東急は東京のデパート顔負けの充実ぶりだし、ゆく道にはスタバもタリーズもなんでもある。
駅から善光寺までは100円で乗れるぐるりん号というバスが巡回していて回りやすいし
(駅から善光寺大門までバスで10分程度)、その区間がおもな繁華街になっていて
昔ながらのお土産屋さんやお味噌や唐辛子の老舗、はたまたActusの家具を扱う
おしゃれなセレクトショップやカフェなど新しいお店もちらほらあり、とっても楽しい。

しかしこの日、急激に気温が高くなったためか、頭痛もちの私はひどい頭痛に見舞われ
夕方にはギブアップ、ホテルに帰って寝ることに。

すると夫が、結婚式でものすごい飲まされちゃってベロンベロンになって帰ってきた。
まったく飲めない夫が、ビール→赤・白ワイン→大吟醸酒をコップで一気飲み、という
コースを経てよくホテルまで歩いて帰ってこれた、と関心。

ホテルのレストランでは「信濃牛・ポーク・チキン食べ放題!!」というフェアをやっていたのに
結局、お互い夕飯も食べずに夕方から寝ることになってしまった・・・
たった1泊だというのに、なんじゃこの旅行は!

夜、新郎がわざわざホテルまで来てくれて居酒屋に誘ってくれたのだけど
居酒屋でも夫はテーブルとお手洗いとを往復し、私は初対面の新郎と
ぐわんぐわんいってる頭を動かさないようにぎこちなくトーク。いい人だった~新郎。
で、早々に解散・・・ まあ新郎は相当疲れてただろうからちょうど良かったかと。

で、翌朝、案の定起き上がれない夫を部屋に残し、寝れば復活、の私は一人
朝食ビュッフェへ。(常に時間差があるのでお互い一人の時間を持ちやすいのが
うちの夫婦円満の秘訣。シフト制っていうのかしら)
d0000135_12234587.jpg

和洋そろった朝食ビュッフェだ~い好き。
でも私は必ず和食をセレクト。白いご飯と、ご飯に合うおかず、っていう組み合わせを
朝摂れるのが嬉しくてたまらない。地元名産のとろろとわさび漬けがおいしかった!

・・・というのは一部ウソで、
d0000135_12273019.jpg

その後かならず洋も食べます。順番が和→洋なだけ。
この日はすぐ後におそばを食べることにしていたので、おかずはあんまり取らず。

d0000135_12373957.jpg

チェックアウト時刻2分前(!)にホテルを出て
またまた善光寺へ。


d0000135_1236506.jpg

例の亀の池で、同じく甲羅干しする二日酔いの人。


※甲羅干しというよりコーラ欲しい?

実際この日はコーラ持参で歩いておった。
(コーラ大好きっ子)



十割そばがあまり得意でない私たちは二八そばメインのお店を探した。

d0000135_12431122.jpg

そば団子にそば茶がウマい・・・



d0000135_12434712.jpg
もちろん蕎麦もウマい・・・d0000135_12581576.jpg



天ぷらもウマい・・・
d0000135_12444789.jpg

こごみや、しそに似た葉など、地の山菜がおいしかった。塩が合いますね。

その、山菜。

d0000135_12454171.jpg

レジにいた女性が採っているらしい。 ※店の表に貼ってあった

「私」の下に赤い波線で強調。

こういうの大好き。



そして私たちに残された時間は既に半日。

ここからエンヤコラ軽井沢へ移動、珍道中は続きます。気が向いたらまた別途。
by brandaffodil | 2007-05-12 10:42 |


<< GWボケ・最終 圧力鍋でポークビーンズ >>