新橋でおやじを囲む

昨日も遅くなってしまってまたご飯が作れなかった・・・

ので、何週間か前の話。
昔上司だった人が定年退職するので、数人で飲むという話を聞きつけ、
ちゃっかり混ぜてもらいました。
d0000135_7212241.jpg

新橋の居酒屋、と聞いていたので、まあおやじ系かな、と思っていたら
いい感じのお店で、賑やか度もほどよく、ダークな色調の内装にスポットライト、と
店内の雰囲気も和風でおしゃれ。

特筆すべきは、料理の盛り付け。大振りで無骨な感じの器や盛りが超好み。
d0000135_724322.jpg

お刺身の、三色のきれいなツマは真似したいと思いました。
お通しだって、鶏手羽に煮こごりみたいなゼリー状のが掛かってて、そこからおしゃれ。

一番、いいなーと思ったのは、この、ドデカ深鉢に盛られた、まるごとじゃがいもと
豚バラ塊と菜の花の、肉じゃが風の煮物。
d0000135_7251726.jpg

ほくほくのじゃがいもを丸ごと食べるとなんかめちゃめちゃ幸せ。
よく本屋さんで立ち読みしている、男の人向けの「大衆食堂メニュー」みたいな
料理本があるんですが、まさにそれに出ていそう。
多くの日本人はやっぱりこういう感じのものにこころをギュッと摑まれるのでは。
角煮は苦手なんですが、煮てあって脂が割りと抜けているこういう肉は食べやすいと
思いました。

d0000135_7312915.jpg

卵雑炊もいい感じー ふつうだと写真に撮ったときに黄色一色になりそうだけど
やっぱり器や薬味や盛り方で違うんだなあ、と改めて。

食べても最後まで何が入ってるかわからなかったアイス。でもおいしかったなー
d0000135_7315879.jpg


二軒目ではしっぽりチマチマゆったりと。ここの料理も全体的によかった。
d0000135_7334021.jpg


退職した元上司は、ちょっと頑固おやじ風なところもあったけど
熱くて、おちゃめなところもあり、根っこのところですごく優しい人だったと今思う。
昔は、機嫌が悪い時になんかガーっと言われて「もう嫌い!」と思ったこともあったけど。
頑固でほんとはやさしい、大事なことを教えてくれる日本のおやじがまた一人、
会社から去ったことは、なんだかとても大きいことに思い、切ない夜でもあったのでした。

いやいや、そんなおやじの背中を見てきた下の世代ががんばっていかねば、ですね。




▽気に入っていただけたら、クリックお願いします。
人気blogランキングへ


にほんブログ村 料理ブログへ

d0000135_1757842.gif
[PR]
by brandaffodil | 2008-03-27 07:40 | 汐留LIFE


<< 春キャベツの簡単蒸し煮 スイートな日 >>